ZAPAnet総合情報局 > ZAPAブログ2.0 > 音楽 > LogitecのiPhone用スピーカー「LDS-Si1000」レビュー

LogitecのiPhone用スピーカー「LDS-Si1000」レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年07月12日 カテゴリ:音楽


Apple公式ライセンスのiPhone/iPad用スピーカー「Logitec LDS-SI1000BK」。去年このスピーカーを、とある理由で買いました。ブログへの投稿が延び延びになっているうちに、また新しいスピーカーを手に入れてしまいましたので、今更ながらLDS-Si1000BKのレビュー記事でも投稿しておきます。




LDS-Si1000の購入理由は、「iPhone用に買った」のではありません。iPhone用には、iPhone用スピーカー「JBL on station TM III P」を買った-海外から直輸入-で書いたように、JBLのスピーカーを使っています。JBLのスピーカーは、重低音がしっかりしていて、気持ちの良い満足いく音を鳴らしてくれます。

ではなぜLogitecのiPhone用スピーカーを買ったかというと…

テレビ鑑賞に使っている液晶ディスプレイ用のスピーカーとしてです。デザインと価格が決め手でLDS-Si1000を購入しました。



去年の途中まで、アナログブラウン管を使ってテレビ番組を見ていました。テレビは基本的に録画してから見ています。ケーブルテレビの放送を、東芝のレコーダーで録画しているので、動画さえ映せればディスプレイは何でも良かったのです。地デジに対応していないアナログブラウン管でも全然問題なかったのです。

ところが、去年「Wii」の「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」を始めてみたら、文字が滲んで最悪の映りで、これではドラクエが楽しめない、とテレビ(ディスプレイ)を買い換えることにしました。

地デジテレビでも良かったのですが、何となく三菱のPC用モニターを購入しました。「RDT272WX」です。このディスプレイは、27型のIPS液晶で、国内最速の応答速度を達成しつつ、省エネ性能が高いというナイスなディスプレイです。縁も狭く、27インチと自分の部屋にはちょうど良いサイズで、テレビとゲームの2画面表示もできます。テレビ向けのディスプレイよりも、調整範囲が広く輝度も落とせて、目も疲れにくいです。買ってからわかりましたが、ブラウン管よりも目が全然疲れないです。発色もなかなか良くて(しかも鮮やかすぎない)、入力方式もD-Sub、DVI、HDMI、D5端子と備わっています。テレビ番組を映してみたところ、地デジ番組が驚くほどきれいに映るようになりました。



これでさぞドラクエ10の映りも良くなるだろうと期待したのですが…結果は、「Wii最悪」という結論に至りました。WiiはイマドキD端子でしか接続できないゲーム機だったのだと、この時初めて気付きました。せっかく元のドラクエ10のグラフィックは良いのに、アナログのD端子でつなぐしかないので、結局思っていたほどキレイにはなりませんでした。その後「Wii U」が発売されて、これも納得でした。Wiiの接続形式が古すぎて、画質が汚すぎるのですね。

あっ、話がそれました。

で、RDT272WXの方は、映りは良かったのですが(Wiiは除く)、一つ重大な弱点があって、それは「サウンドがショボい」というものでした。PC用のモニターなので、サウンド機能がとてつもなく貧弱でした。せめて前向きにスピーカーが付いていればそれでOKだったのですが、下向きに付いているので、どうしようもない音でした。これではすぎやまこういち先生の新曲を楽しめない…!

ということで買ったのが、LDS-Si1000です。

ちゃんと前方に音が出て欲しい…!という思いで、このデザインに惹かれて購入しました。ディスプレイの前にスピーカーを設置する予定で、高さのあるスピーカーも避けたかったので、ベストデザインでした。


買ってみてわかったのは、前方ではなく、斜め上方向に音が出る仕組みだったことです。まぁ、下向きでなければそれでOKです。

LDS-Si1000の内容物はというと、オーディオケーブル、アダプター、リモコンです。リモコン大好きなので、リモコン付きなのはありがたいです(スピーカーの仕様上、小さい音で細かくは調整できません)。しかも在庫処分だったのか(iPhone5で接続端子が変わったせいかもしれません)、ものすごい安く購入することができました。



iPhone用スピーカーなので、Dock端子が付いています。アップル公式ライセンス商品なので安心です。



スピーカー購入当時、まだiPhone5は持っていなくて、iPhone4で使っていました。その後iPhone5を購入して、直接は使えなくなってしまったので、「Apple Lightning - 30ピンアダプタを買った」でも書いたように、アダプタを買って接続しました。問題なく使えています。




肝心のLDS-Si1000の音質はというと…

これがまた、普通!

高音はきれいに澄んだ音が出たりはしないし、重低音が響いたりもしません。でも中域の音はしっかりしていて、テレビ番組の音声を聞くには最適です。テレビの場合、重低音が響いていると逆にウザかったりしますから。

iPhone用スピーカーとしてはごく普通で、7.5W+7.5Wの高出力のステレオスピーカー(左右から音が出ます)であるところと、リモコンで操作できるのがいい感じです。それとDockコネクタ付きなので、家に帰ってきたらiPhoneをここに挿しておくと充電できて便利です。充電台としても活躍しています。

スピーカーとしての音質がごく普通だったので、AUX端子で液晶ディスプレイとつなぐという、音質的に良くないつなぎ方で使っています。元々高音質なスピーカーではないので、細かいことは気にしません。特筆すべき点もないごく普通の音が、テレビ用にはピッタリです。RDT272WXから直接音を出すよりは、ずっと良い音になるのでそれで問題なしです。

平均売価の5000〜6000円程度で買っていたとしても満足いくできなのに、もっと安く買えたので、お買い得な製品でした。テレビを見るときやゲームをするときは、いつもこのスピーカーを使っています。iPhone用には…ごくまれに使う程度です。



関連リンク