なぜだか最近、Windows 10でTwitterのURLをクリックすると、WebブラウザではなくTwitterアプリ(Windowsストアアプリ)が立ち上がってしまうようになってしまいました。

Webブラウザ(Vivaldi)で開いてほしいのに、Twitterアプリで開かれてしまうと本当に面倒です。

Windowsの設定から、「ファイルの種類とプロトコルの関連付け」を見つけました。「URL:twitter」がTwitterアプリで開かれるように設定されていました。

ツイッターアプリ

これを「解除」あるいは「削除」すれば完了だなと思ったら、「アプリを選ぶ」しか選択肢がありません。今まで通り、Webブラウザで開いてほしいのに、選択肢がありません。

さて…
2018年09月30日 雑記
前回の「2018年版 SDカードのスピードチェック!」からの続きです。ソニーα7III用に、大容量かつ書き込み速度の速いSandisk製のSDカードを購入しました。
並行輸入品は偽物が混じっている可能性があることと保証が効かなくなることから最近は避けていたのですが、ついつい久しぶりに購入してしまいました。

前回のテスト結果はこの通り。
sandisk 128gb

読み込み速度93.9MB/s、書き込み速度84.4MB/sという高速な結果が得られました。「これは本物だ」と確信して、α7IIIのスロット1に挿入してみたわけですが…

α7III メモリーカード エラー

なぜかα7IIIでメモリーカードが認識しません!「メモリーカードが正しく読めません メモリーカードを入れ直してください スロット1」と表示されてしまいます。しかも、メモリーカードのスロットへの抜き差しも固いです。
2018年09月28日 カメラ・写真
SDカードで気になることと言えば、書き込み速度、読み出し速度、信頼性、ブランド、本物、保証、防水、耐温度、耐磁、耐X線などです。写真や動画を高解像度で撮る上で特に大事になってくるのは、書き込み速度です。

ソニーα7IIIでは、α7IIよりもAF速度も連写速度も上がり、バッファも大量に積み込まれたため、気軽に連写撮影ができるようになりました。その反動として、「SDカードへの書き込み速度が遅いと、バッファの開放が間に合わず、連写が詰まる」「SDカードの容量が少ないと、連写で容量の限界まで達してしまう」という問題が出てきました。

α7IIIは高速なUHS-IIのSDカードに対応しているため、UHS-IIカードを持っていると最高です。ただ、すごく高いです。例えば、Sony SDXC 128GB UHS-II R:300MB/s W:299MB/s 4K対応 U3 Class10 SF-G128は、書き込み速度299MB/sを誇る高速なSDカードですが、25,560円もします(執筆時)。

現在は、UHS-IIのLexarのこちらのカードを使っています。Lexar Professional 1000x SDXC UHS-IIカード 64GB LSD64GCRBNA1000。以前安売りされているときに、「150MB/s」という文字に惹かれて買っておきました。実はこのカード、読み込みは150MB/sでも、書き込みは75MB/sでした。UHS-IIなのに、α7IIIで使っても全然速くありません。

それからデュアルスロットのバックアップ用には、トランセンドのSDカードを使っています。【Amazon.co.jp限定】 Transcend SDXCカード 64GB UHS-I U3対応 (最大読込速度95MB/s,最大書込速度60MB/s) U3シリーズ 4K動画撮影 TS64GSDU3E (FFP)。書込速度は60MB/sなので、たいしたことはないです。

今回、128GBのSDカードが欲しくなったので、高価すぎるUHS-IIカードは見送って、UHS-Iで一番速いSandiskのSDカードを買ってみました(α7IIIのUHS-II対応カードスロットは一つだけなので、高速なUHS-Iカードは必ず1枚必要になります)。Sandisk SDXC カード Extreme PRO 128GB UHS-I U3 V30 Class10 対応 最大読込速度 95MB/s 書込速度90MB/s SDSDXXG-128G サンディスク [並行輸入品]。サンディスクの並行輸入品は偽物が紛れていることが多いので、本当は避けた方が良いのですが、久しぶりに買ってみました。楽天で。【128GB】サンディスク SanDisk Extreme Pro SDXC UHS-I V30 U3 Class10 SDSDXXG-128G-GN4IN 海外パッケージ品。このグリーンハウスストア 楽天市場店は、送料無料でした。


それぞれのSDカードがどれくらい性能差があるのかチェックしてみました。以下、参考にどうぞ。

Sandisk SDXC カード Extreme PRO 128GB UHS-I U3 V30 Class10


Sony SDXC 128GB UHS-II R:300MB/s W:299MB/s 4K対応 U3 Class10 SF-G128

さぁ、まずはUHS-I最速を誇るSandisk のExtreme PRO 128GBから。最近は「UHS-I」「U3」という表記だけでなく、「V30」というビデオスピードクラスの表記も増えました。V30なら、最低30MB/秒を保証してくれるため、この速度までの4K動画なら安心して撮れますという意味です。さてテスト結果は…

sandisk 128gb

読み込み速度93.9MB/s、書き込み速度84.4MB/s!

グリーンハウスストア 楽天市場店、どうやら本物のサンディスク製を送ってきてくれたようです。速いです。

Lexar Professional 1000x SDXC UHS-IIカード 64GB


Lexar Professional 1000x SDXC UHS-IIカード 64GB

続いて、UHS-IIのLexar Professional 64GB。

lexar ush-ii 64gb

読み込み速度89.9MB/s、書き込み速度69.5MB/s!

読み込み速度については、SDカードリーダーがUHS-IIに対応していないため、参考値です。書き込み速度は、69.5MB/sという数値でした。UHS-IIですが、UHS-IのサンディスクのSDカードの方がずっと速いです。

Transcend SDXCカード 64GB UHS-I


Transcend SDXCカード 64GB UHS-I

そこそこの価格とそこそこの信頼性が得られるTranscendのSDカード。

transcend 64gb

読み込み速度91.0MB/s、書き込み速度60.4MB/s!

「最大読込速度95MB/s,最大書込速度60MB/s」というほぼ商品名通りの結果が出ました。このSDカードはAmazon限定のトランセンド製品のため、確実に本物です。偽物が送られてくる心配がないところは信頼性が高いです。トランセンドの中の人風に言うなら、ありがとらんせんどです。

Samsung microSDカード 64GB EVOPlus


Samsung microSDカード64GB EVOPlus Class10 UHS-I

そしてここでMicroSDカードの登場。最近、サムスン製のマイクロSDカードが好きで、アクションカメラにはSamsungのmicrosdカードを使っています。付属のSDカードアダプタをはめてテストしてみました。

samsung microsd 64gb

読み込み速度93.6MB/s、書き込み速度67.4MB/s!

マイクロSDカードなのに、トランセンドのSDカードを上回るスピード!ランダム書き込みも速いです。しかも日本サムスン純正品なので、10年保証、防水、耐温度、耐磁、耐X線が備わっています。カード自体も安く、SD変換アダプタも付いていてマイクロSDカードとしてもSDカードとしても使えて、速度もそれなりに速くて、コスパは最強です。例えば、上のトランセンドの64GBは4380円ですが、このサムスン64GBは2480円です(執筆時時点)。サムスン製強いです。128GB版は、書き込み速度90MB/sらしいので、より速いモデルの購入も可能です。なおAmazonには、日本サムスン正規代理店保証品とそれ以外の製品が売られていますので、購入の際は気をつけてください。
2018年09月27日 カメラ・写真
Besinpo M770 IP68 完全防水Bluetooth 片耳イヤホン


amazonレビュー募集さんからの依頼で、Besinpo M770 IP68 完全防水Bluetooth 片耳イヤホンを購入しました。

シンプルな箱をオープン!
Besinpo M770 IP68 完全防水Bluetooth 片耳イヤホン


丸いミニケースと説明書が出てきました。運動防水ミニブルートゥースイヤホンM770 取扱説明書。日本語です。
Besinpo M770 IP68 完全防水Bluetooth 片耳イヤホン


黒いケースをオープン!
Besinpo M770 IP68 完全防水Bluetooth 片耳イヤホン


片耳イヤフォンなので、中身はシンプルかと思いきや、いろいろ出てきました。片耳 イヤホン本体、マイクロUSB充電ケーブル、イヤーチップ*3、防水ジャケット、カラビナ。
Besinpo M770 IP68 完全防水Bluetooth 片耳イヤホン
2018年09月18日 音楽
【PR】世界中で4G通信可能!GlocalMe G3 レビュー1」「【PR】GlocalMe G3 レビュー2 - アプリインストール、初期設定」「【PR】GlocalMe G3 レビュー3 - 通信料金チェック」「【PR】GlocalMe G3 レビュー4 - 通信速度チェック」からの続きです。セカイで使えるモバイルWi-Fiルーター「GlocalMe G3」のレビュー第5回目です。
今回は、どのような状況でGlocalMe G3を活用できるのかについて解説します。

1. 海外で使えるクラウドSIM Wi-Fiルーターとして利用

GlocalMe G3をもっとも活用できるのは、クラウドSIMを利用したモバイルWi-Fiルーターとしての使い方です。

GlocalMe G3には、クラウドSIMという機能が備わっています。各国のSIMを挿入することなく、クラウドSIMでインターネット通信できます。通信可能な地域は、100カ国以上になります。
アジア:日本、シンガポール、タイ、中国(香港、台湾、マカオ)、韓国、ベトナム、マレーシア、インドネシア、フィリピン、カンボジアなど
ヨーロッパ:イギリス、ドイツ、イタリア、フランス、スイス、スペインなど
アメリカ:アメリカ(ハワイ、アラスカ)、グアム、サイバン、カナダ、メキシコ、ブラジルなど
オセアニア:オーストラリア、ニュージーランドなど
中東:アラブ首長国連邦、サウジアラビア、カタールなど
アフリカ:モロッコ、南アフリカ、アルジェリア、タンザニアなど
Wi-Fiルーターをレンタルする必要もなく、本体は買い切りでずっと使えます。現地でSIMカードの契約も必要なく、GlocalMe G3一台あれば、世界中でインターネットができるというわけです。

【PR】GlocalMe G3 レビュー3 - 通信料金チェックに載せたように、各国のデータパッケージ、複数地域のデータパッケージ、世界で使えるデータパッケージ、従量課金など、プランはいろいろ選べます。

国外の行き先が決まっているのなら、その国のデータパッケージを事前に日本で購入しておくのが良いと思います。
GlocalMe G3 モバイルWiFiルーター


外国に着いたら、GlocalMe G3本体の電源を入れて、事前購入しておいたパッケージを選択し、スマホでWi-Fi接続すれば、インターネット接続できます。仲間がいる場合、IDとパスワードを教えてあげれば、最大5人まで接続可能です。
GlocalMe G3 モバイルWiFiルーター


現地に着いてから空港のフリーWi-Fi等を使ってパッケージも購入できると思いますが、事前に日本で買っておいた方がいいでしょう。
GlocalMe G3 モバイルWiFiルーター


クラウドSIMはSIM契約の必要がなく、飛行機を降りて着いたときからすぐに通信できます。
GlocalMe G3 モバイルWiFiルーター


「SIM契約やモバイルWi-Fiルーターレンタルの手続きが必要ない」というのは、圧倒的な魅力です。空港で時間が取れなかったり、お店がやっていなかったりすると、現地SIMの契約ができません。GlocalMe G3のクラウドSIMなら、契約もなくいきなり使えます。料金や速度については、【PR】GlocalMe G3 レビュー3 - 通信料金チェック【PR】GlocalMe G3 レビュー4 - 通信速度チェックでチェックしたように、特に問題ないのレベルです。
2018年09月05日 iPhone・iPad・Android
デジタルスケール KC-001


Reginaさんより、デジタルスケールを提供していただきました。

METAZY デジタルクッキングスケール KC-001。パッケージには日本語で書かれています。
デジタルスケール KC-001


スペックは、最大計量5000gまでで最小表示が1gです。単四電池3本で動きます。
デジタルスケール KC-001


箱を持ったときは、とても軽く感じました。では、オープン!
デジタルスケール KC-001


スケール本体、単四電池3本、説明書類が出てきました。
デジタルスケール KC-001


お試し用の乾電池です。
デジタルスケール KC-001


スケールは、表面の青い保護フィルムを剥がすと、銀色の天板(ステンレス)が出てきました。
デジタルスケール KC-001


スケールはかなり軽いです。フラットスタイルなので、お手入れも簡単です。
デジタルスケール KC-001


100%満足保証と取扱説明書。
デジタルスケール KC-001


説明書も日本語なので、問題ありません。
デジタルスケール KC-001


重さを量ってみたところ、286gでした。大きさの割に、薄くて軽いです。
デジタルスケール KC-001
2018年08月30日 iPhone・iPad・Android
【PR】世界中で4G通信可能!GlocalMe G3 レビュー1」「【PR】GlocalMe G3 レビュー2 - アプリインストール、初期設定」「【PR】GlocalMe G3 レビュー3 - 通信料金チェック」からの続きです。セカイで使えるモバイルWi-Fiルーター「GlocalMe G3」のレビュー第4回目です。
前回の「【PR】GlocalMe G3 レビュー3 - 通信料金チェック」で、世界で使えるモバイルWi-Fiルーターでありながら、通信料金も安価なことがわかりました。今回は気になる通信速度をチェックしてみます。「安いから低速」なのか、実際に通信して確かめてみます。

iPhoneからGlocalMeに接続

まずはiPhoneからGlocalMe G3に接続します。すでにGlocalMeアカウントは作ってあるので、1.10GBの初期バンドルワールドワイドデータパッケージが入っています。「SIM管理」と「ホットスポット」の設定を確認してみます。
GlocalMe G3 モバイルWiFiルーター


SIM管理。SIMカードは一切入れていないので、クラウドSIMが選択されています。
GlocalMe G3 モバイルWiFiルーター


ホットスポットを選択し、Wi-Fi名とパスワードを確認して、スマホからWi-Fi接続します。GlocalMe_37493に接続できました(SSIDとパスワードは変更可能です)。
GlocalMe G3 モバイルWiFiルーター


スマホアプリのGlocalMeにも1.10GBのクーポンがセットされました。
GlocalMe G3 モバイルWiFiルーター


GlocalMe G3本体側でも、「接続端末1」と表示されました。最大5台まで接続できます。クラウドSIMでの接続は、4Gです。
GlocalMe G3 モバイルWiFiルーター

GlocalMe G3(クラウドSIM)の通信速度チェック!

通信料金が安いので、4G LTEとは言っても、通信速度は1Mbpsくらいかなぁなんて思っていたら…!
GlocalMe G3 モバイルWiFiルーター

通信速度はなんと、10.4Mbps

予想の10倍速かったです。「安いから低速」なんてことはないんですね。安くて速いです。
2018年08月29日 iPhone・iPad・Android
GlocalMe G3 モバイルWiFiルーター


【PR】世界中で4G通信可能!GlocalMe G3 レビュー1」、「【PR】GlocalMe G3 レビュー2 - アプリインストール、初期設定」からの続きです。セカイで使えるモバイルWi-Fiルーター「GlocalMe G3」のレビュー第3回目です。
今回は、気になるGlocalMe G3 の通信料金をチェックしてみます。高いのでしょうか?

GlocalMe G3 のクラウドSIMで通信できる国

GlocalMe G3には、クラウドSIMという機能が備わっています。各国のSIMを挿入することなく、クラウドSIMでインターネット通信できます。通信可能な地域は、100カ国以上になります。
アジア:日本、シンガポール、タイ、中国(香港、台湾、マカオ)、韓国、ベトナム、マレーシア、インドネシア、フィリピン、カンボジアなど
ヨーロッパ:イギリス、ドイツ、イタリア、フランス、スイス、スペインなど
アメリカ:アメリカ(ハワイ、アラスカ)、グアム、サイバン、カナダ、メキシコ、ブラジルなど
オセアニア:オーストラリア、ニュージーランドなど
中東:アラブ首長国連邦、サウジアラビア、カタールなど
アフリカ:モロッコ、南アフリカ、アルジェリア、タンザニアなど
Wi-Fiルーターをレンタルする必要もなく、本体は買い切りでずっと使えます。現地でSIMカードの契約も必要なく、GlocalMe G3一台あれば、世界中でインターネットができるというわけです。

GlocalMe G3 の料金支払い方法

GlocalMe G3 の通信利用には、従量課金のチャージタイプと、リーズナブルなパッケージタイプの二種類があります。
GlocalMe G3 モバイルWiFiルーター

チャージは1ドルからで、Paypalで支払いができます。
GlocalMe G3 モバイルWiFiルーター

Paypalは日本のクレジットカードが使えますので、もしまだPaypalアカウントを持っていない人がいれば、アカウントを作っておきましょう。WeChat、Alipay、銀聯カードも使えるようです(アカウントを持っていないので詳しくは知りません)。
GlocalMe G3 モバイルWiFiルーター

パッケージ購入は、人気の目的地が最初に表示されていますし、なければ「目的地を探す」から検索できます。
GlocalMe G3 モバイルWiFiルーター

GlocalMe G3 の初期バンドルクーポン

GlocalMe G3 に初期バンドルされているのは、ワールドワイドタイプの1.1GB365日バージョンです。
GlocalMe G3 モバイルWiFiルーター

GlocalMe G3 の通信料金チェック(日本)

さて、初期バンドルされているワールドワイドデータパッケージ以外にはどのようなタイプがあるでしょうか。購入方法をチェックしてみます。GlocalMe G3 の通信料金は、スマホアプリGlocalMe内でチェックできます。

まずは日本の価格をチェック。1日300MBで1.5ドルです。けっこう安いです。7日間使える1GBデータパッケージは4ドル。あれ、普通に安いですね。30日間使える3GBパックは10ドル。契約もなしに使えるのに、かなり安く感じます。
GlocalMe G3 モバイルWiFiルーター GlocalMe G3 モバイルWiFiルーター
日本 日本


便利に使えるクラウドSIMなので、割高な料金設定なのかと思ったら、結構安いです。さすがに現地で一番安い格安SIMにはかないませんが、契約なしにこの料金でインターネットが使えるのはありがたいです。かなりいいですね。高いかと心配していたので、これは驚きでした。

それでは、日本以外の料金も見てみます(価格は全て2018年8月の料金です)。
2018年08月26日 iPhone・iPad・Android
GlocalMe G3 モバイルWiFiルーター


前記事「【PR】世界中で4G通信可能!GlocalMe G3 レビュー1」からの続きです。セカイで使えるモバイルWi-Fiルーター「GlocalMe G3」のレビュー第2回目です。

GlocalMe アプリ インストール

GlocalMe G3の電源を入れると、QRコードが表示されます。iPhoneでそこにアクセスすると、GlocalMeというアプリのページに飛びました。これをインストールします。
GlocalMe G3 モバイルWiFiルーター

アプリを立ち上げると、このような画面が表示されます。
GlocalMe G3 モバイルWiFiルーター

GlocalMeのユーザー登録画面が出てきました。まだアカウントは持っていないので、「新規ユーザー」を選択。メール、パスワードを入力し、Place of residenceは日本を選択しました。
GlocalMe G3 モバイルWiFiルーター GlocalMe G3 モバイルWiFiルーター

メールが送られてきて、アクセスすると認証完了です。これでアカウントが作成できました。
GlocalMe G3 モバイルWiFiルーター
2018年08月25日 iPhone・iPad・Android
GlocalMe G3 モバイルWiFiルーター


前回の【PR】初めてのドローン DROCON UdiR/C NAVIGATOR U31W レビューに続き、今回は世界中で使える4G LTE Wi-Fiルーター GlocalMe G3を提供していただきました。

世界中で使える4G LTE Wi-Fiルーターなんてあるの!?」とまず最初に驚きました。あるんです!しかもSIMカード不要のため、現地で通信契約する必要もありません。レンタルする必要もありません。日本から飛行機で外国に飛んでいって、いきなり4G通信できます。すごい!画期的すぎて驚きました。ということで、今回はGlocalMe G3の外観をチェックしていきます。


GlocalMe G3の箱をオープン!
GlocalMe G3 モバイルWiFiルーター


SIMカードスロットを引き出すためのピン、取扱説明書、GlocalMe G3本体。
GlocalMe G3 モバイルWiFiルーター


説明書は英語と…
GlocalMe G3 モバイルWiFiルーター


日本語があります。英語が苦手な人でも安心です。
GlocalMe G3 モバイルWiFiルーター


気になる通信帯域等のスペックは以下の通り。幅広く対応しています。
LTE FDD:Band 1/2/3/4/5/7/8/9/17/19/20
LTE TDD:Band 38/39/40/41
WCDMA:Band 1/2/4/5/6/8/9/19
CDMA/EVDO:BC0 BC1
GSM:1900/1800/900/850 MHz
上り最大速度:50Mbps
下り最大速度:150Mbps
Wi-Fiプロトコル:IEEE802.11b/g/n
GlocalMe G3 モバイルWiFiルーター

GlocalMe G3は、クラウドSIMという機能が備わっていて、通信可能な地域は、100カ国以上です!
アジア:日本、シンガポール、タイ、中国(香港、台湾、マカオ)、韓国、ベトナム、マレーシア、インドネシア、フィリピン、カンボジアなど
ヨーロッパ:イギリス、ドイツ、イタリア、フランス、スイス、スペインなど
アメリカ:アメリカ(ハワイ、アラスカ)、グアム、サイバン、カナダ、メキシコ、ブラジルなど
オセアニア:オーストラリア、ニュージーランドなど
中東:アラブ首長国連邦、サウジアラビア、カタールなど
アフリカ:モロッコ、南アフリカ、アルジェリア、タンザニアなど
Wi-Fiルーターをレンタルする必要もなく、本体は買い切りでずっと使えます。現地でSIMカードの契約も必要なく、GlocalMe G3一台あれば、世界中でインターネットができるというわけです。


そしてこれがGlocalMe G3!上から見たときは、「iPhone SEと似てる!」と思いました。
GlocalMe G3 モバイルWiFiルーター
2018年08月24日 iPhone・iPad・Android