ZAPAnet総合情報局 > [Z]ZAPAブロ〜グ2.0 > プログラミングTIPS > iPhoneの加速度センサー、ジャイロセンサーテスト

iPhoneの加速度センサー、ジャイロセンサーテスト

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年10月01日 カテゴリ:プログラミングTIPS
細かすぎてすぐには気づかなかったiOS6の標準ミュージックアプリの光沢」で、iPhone本体を傾けると金属の光沢具合が変わることを紹介しました。これは、iPhone内部に組み込まれている、「3軸ジャイロ」「加速度センサー」のおかげでもあります。この2つのセンサーの情報を利用して、角度によって画像を切り替えたり、画像を生成したりすれば、iPhone本体の傾きによって光沢具合を表現できるわけです。

実はこのセンサーの情報は、iOSに標準搭載されているmobile Safariでも利用可能(読み取り可能)です。前回、「まだまだあるぞ、iOS6のSafariの新機能」では、iOS6の新機能を紹介しました。加速度センサー、ジャイロセンサーのAPIについては、iOS4.2で追加されています。

試しに、Javascriptを使って、iPhoneの加速度センサー、ジャイロセンサーの情報をSafariで表示してみましょう(iPhone4以降は加速度センサーとジャイロセンサーが入っていますが、iPhone3GSは加速度センサーのみのため、一部機能が使えません)。

作ってみたスクリプトは、以下になります。下記ページにiPhoneでアクセスすると、センサーの情報が表示されます。

このように表示されます。iPhone本体を傾けると値が変わります。


ソースコードは以下の通りです。

ac.html(文字コードはUTF-8)
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
<html lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">
<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">
<meta name="viewport" content="width=480, user-scalable=yes">
<title>iPhoneの加速度センサー、ジャイロセンサーテスト</title>
<style type="text/css">
<!--
h1{font-size: 100%;}
--> 
</style>
</head>
<body>
<h1>iPhoneの加速度センサー、ジャイロセンサーテスト</h1>
<p>iOS4.2で追加されたmobile Safariの加速度センサー、ジャイロセンサーのAPIテスト。<br>
iPhone4以降は、加速度センサーとジャイロセンサー入り。iPhone3GSは加速度センサーのみのため、一部機能が使えません。<br></p>
<hr>
<div id="ac"></div>
<hr>
&copy; <a href="http://zapanet.info/">ZAPAnet総合情報局</a>
<script language="javascript">
<!--
window.addEventListener('devicemotion', function(evt) {
  //加速度
  var ac = evt.acceleration;
  var temp = "ac_x:" + ac.x +"<br>"; //x方向の加速度
  temp += "ac_y:" + ac.y +"<br>";    //y方向の加速度
  temp += "ac_z:" + ac.z +"<br>";    //z方向の加速度
  
  //傾き
  var acg = evt.accelerationIncludingGravity;
  temp += "acg_x:" + acg.x +"<br>"; //x方向の傾き
  temp += "acg_y:" + acg.y +"<br>"; //y方向の傾き
  temp += "acg_z:" + acg.z +"<br>"; //z方向の傾き
  
  //回転加速度
  var rr = evt.rotationRate;
  temp += "rr_a:" + rr.alpha +"<br>"; //z軸の回転加速度
  temp += "rr_b:" + rr.beta +"<br>";  //x軸の回転加速度
  temp += "rr_g:" + rr.gamma +"<br>"; //y軸の回転加速度
  
  document.getElementById("ac").innerHTML = temp;
});
-->
</script>
</body>
</html>

「window.addEventListener('devicemotion', function(evt) {…});」で、devicemotionのイベントリスナーを登録するだけです。これで、各種加速度などの情報が得られるようになります。傾きは360度単位で表示されるわけではありませんので、必要であれば変換します。

このように、Safariから簡単にiPhoneの傾きや加速度などの情報を得ることができます。iPhoneの傾きを利用したゲーム…例えば、塊魂やリッジレーサーのようなゲームを、Safariで動くWebアプリとして作ることも可能だということです。iOS6では、HTML5で使える機能も増えていますし、インストール型のアプリだけでなく、Webブラウザで実行できるゲーム作りも楽しいかもしれません。

関連リンク