ZAPAnet総合情報局 > ZAPAブログ2.0 > 音楽 > 【PR】AukeyポータブルBluetoothスピーカーBT023レビュー

【PR】AukeyポータブルBluetoothスピーカーBT023レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年11月14日 カテゴリ:音楽
Aukey ポータブル Bluetooth スピーカー BT023


Aukeyさんから、レビュー用にサンプル品をいろいろいただいたシリーズ第4弾。Aukey 小型4ポートUSBシガーソケットチャージャーレビューAukey Qi充電パッド LC-M1 レビューAukey Mini Lock 小型 3000mAhモバイルバッテリー G013 レビューに続き、最終の今回はポータブルBluetoothスピーカーのレビューです。

これがAukey BT023の箱です。横長です。
Aukey ポータブル Bluetooth スピーカー BT023


箱を開けてみました。新しい家電製品のような良い匂いがしました。
Aukey ポータブル Bluetooth スピーカー BT023


Aukey BT023本体。黒と銀色のみで構成されているデザインです。安っぽさも感じさせず、なかなか良い質感とデザインです。
Aukey ポータブル Bluetooth スピーカー BT023


大きさがわかりにくいので、iPhone5を手前に置いてみました。この本体サイズに、2つの高出力5Wスピーカーユニットと、充電可能なリチウムバッテリーが内蔵されています。
Aukey ポータブル Bluetooth スピーカー BT023


重さを量ってみました。実測で321グラムでした。「ポータブル」というだけあって、十分持ち運べる重さです。
Aukey ポータブル Bluetooth スピーカー BT023


ミュージックプレイヤーとの接続は、Bluetooth、あるいはAUXです。付属のmicroUSBケーブルを使って、DC5Vで充電します。OFF/ON切り替えスイッチも付いています。
Aukey ポータブル Bluetooth スピーカー BT023


裏側は、タブレットなど大きい端末を載せたときに安定させるためのスタンドが引き出せるようになっています。
Aukey ポータブル Bluetooth スピーカー BT023


付属品は、microUSBケーブル、AUXケーブル、説明書。残念ながら、説明書に日本語表記はありませんでした。
Aukey ポータブル Bluetooth スピーカー BT023


microUSBケーブルをつないで、充電開始させてみました。本体中央ボタンの下に、充電マークが表示されました。
Aukey ポータブル Bluetooth スピーカー BT023


次に、オーディオプレイヤー側のBluetooth設定。iPhoneから接続するには、設定>Bluetoothに進み、デバイスのBT023を接続します。ペアリングに成功すると、BT023につながっている表示(下画像右の右下)になり、BT023のスピーカーから音が流れます。
Aukey ポータブル Bluetooth スピーカー BT023 Aukey ポータブル Bluetooth スピーカー BT023


操作は基本的に、オーディオプレイヤー側で。音量調整や早送り、一時停止などは、無線接続のデバイスから操作できます。BT023の上部には切り込みがあり、そこにスマホやタブレットなどを置くこともできます。動画を見るときに、置きっ放しでも使えます。
Aukey ポータブル Bluetooth スピーカー BT023

音質レビュー

BT023の音については、それほど大きくないポータブルスピーカーだし、安っぽい音でもするのかな、と思っていたら、良い意味で裏切られました。けっこうイイ音です。横長タイプで左右に5Wのスピーカーが付いているのがポイントです。音質も、意外とクリアで、ボーカル域も良く聞こえて、高音もそれなりに分離しています。低音はちょっと弱めです。特に重低音のズンと響くような音は一切ありません。重い音が好きな人にはオススメできませんが、サイズの割にはクリアでバランスの良い音です。聴き疲れもしません。

と、最初は至近距離から音小さめで聴いて感じました。次に、ボリュームを大きくして、少し遠目で聴くと、また少し違った聞こえ方に感じました。音を大きくしていくと、低音も頑張り始めます。逆に、高音側は少しシャリ付く感じで、高級感のある音には遠い感じです。でも、ボーカル音も良く聞こえて、高音低音が意外と分離していて、価格とサイズからは考えられないまとまりを見せてくれます。

他のiPhone用スピーカーと比べてみると、同じBluetooth対応のSP-1(バッテリー内蔵380gのBluetoothスピーカー「SP-1」レビュー参照)よりも、クリアで明るい音に聞こえます。同じBluetooth対応のRBX-500(ONKYO iLunar RBX-500(W/B) レビュー)と比べてしまうと、さすがにこれは次元が違います。ポータブルでない数万円のONKYOのスピーカーにはさすがに劣ります。

Bluetoothに対応していないiPhone対応スピーカーと比較すると、LDS-Si1000(LogitecのiPhone用スピーカー「LDS-Si1000」レビュー参照)よりも、サイズは小柄なのに、音は少し良いくらいです。JBL on station TM III P(iPhone用スピーカー「JBL on station TM III P」を買った-海外から直輸入-参照)と比較すると、JBLの方が低音が強くて味のある音がします。

というわけで、1万円を超えるようなもっと上の価格帯と比べてしまうとさすがに負ける音質ですが、同価格帯なら負けていません。高級感のある音というわけにはいきませんが、バランスが良くてコスパが高いです。

Bluetooth接続だと、「Bluetoothスピーカーで音ゲーは楽しめるのか」に書いたように、遅延が発生して音ゲーは楽しめません。そういう時用に、付属のAUXケーブルがあります。ケーブルを使って接続すれば、遅延もなくスピーカーから音を出して楽しめます。ゲームをプレイしたり、動画を見て音の遅延が気になるようなら、Bluetoothではなく、付属のAUXケーブルにつなぎ替えた方が良いです。

難点をあげるとすれば、起動したときの音です。起動したときとBluetoothにつないだときに、いちいち大きな音が鳴ります。これはSP-1もそういう仕様だったため、Bluetoothスピーカーは大きな起動音を鳴らさないといけない決まりでもあるのかもしれません。この起動音は消したいところです。あとは、バッテリーの持ち時間はそれほど長くありません。でも、microUSBで充電できるため、モバイルバッテリーを一緒に持っていれば、特に問題にはならないと思います。

ということで、Aukey ポータブルBluetoothスピーカー BT023は、価格とサイズからは考えられないほどのコスパを持ったポータブルBluetoothスピーカーでした。このサイズで、ここまでこもり感が少なくクリアな音を追求できるとは、驚きでした。この音に満足できないとなると、次はきっと1万円を余裕で超えるクラスのスピーカーに手を出さないといけないと思います。ポータブルBluetoothスピーカーの入門用としても、普段使いにも、オススメできるスピーカーです。




追記【PR】スマホより縦横のサイズが小さい、Aukey Bluetoothスピーカー BT013 レビュー

スピーカー関連リンク