GlocalMe G3 モバイルWiFiルーター


前回の【PR】初めてのドローン DROCON UdiR/C NAVIGATOR U31W レビューに続き、今回は世界中で使える4G LTE Wi-Fiルーター GlocalMe G3を提供していただきました。

世界中で使える4G LTE Wi-Fiルーターなんてあるの!?」とまず最初に驚きました。あるんです!しかもSIMカード不要のため、現地で通信契約する必要もありません。レンタルする必要もありません。日本から飛行機で外国に飛んでいって、いきなり4G通信できます。すごい!画期的すぎて驚きました。ということで、今回はGlocalMe G3の外観をチェックしていきます。


GlocalMe G3の箱をオープン!
GlocalMe G3 モバイルWiFiルーター


SIMカードスロットを引き出すためのピン、取扱説明書、GlocalMe G3本体。
GlocalMe G3 モバイルWiFiルーター


説明書は英語と…
GlocalMe G3 モバイルWiFiルーター


日本語があります。英語が苦手な人でも安心です。
GlocalMe G3 モバイルWiFiルーター


気になる通信帯域等のスペックは以下の通り。幅広く対応しています。
LTE FDD:Band 1/2/3/4/5/7/8/9/17/19/20
LTE TDD:Band 38/39/40/41
WCDMA:Band 1/2/4/5/6/8/9/19
CDMA/EVDO:BC0 BC1
GSM:1900/1800/900/850 MHz
上り最大速度:50Mbps
下り最大速度:150Mbps
Wi-Fiプロトコル:IEEE802.11b/g/n
GlocalMe G3 モバイルWiFiルーター

GlocalMe G3は、クラウドSIMという機能が備わっていて、通信可能な地域は、100カ国以上です!
アジア:日本、シンガポール、タイ、中国(香港、台湾、マカオ)、韓国、ベトナム、マレーシア、インドネシア、フィリピン、カンボジアなど
ヨーロッパ:イギリス、ドイツ、イタリア、フランス、スイス、スペインなど
アメリカ:アメリカ(ハワイ、アラスカ)、グアム、サイバン、カナダ、メキシコ、ブラジルなど
オセアニア:オーストラリア、ニュージーランドなど
中東:アラブ首長国連邦、サウジアラビア、カタールなど
アフリカ:モロッコ、南アフリカ、アルジェリア、タンザニアなど
Wi-Fiルーターをレンタルする必要もなく、本体は買い切りでずっと使えます。現地でSIMカードの契約も必要なく、GlocalMe G3一台あれば、世界中でインターネットができるというわけです。


そしてこれがGlocalMe G3!上から見たときは、「iPhone SEと似てる!」と思いました。
GlocalMe G3 モバイルWiFiルーター
2018年08月24日 iPhone・iPad・Android
DROCON UdiR/C NAVIGATOR U31W


前回の【PR】初めてのドローン DROCON UdiR/C NAVIGATOR U31W レビューからの続きです。1万円以下で買えるミニドローンで、安定して飛ばせると高評価のドローンUdiR/C U31Wを実際に飛ばしてみることにしました。

ドローンを飛ばす前のイメージとしては、「ワンタッチ離陸ボタンもあるし、ドローンの操作なんて簡単でしょ?」と思っていたのですが、実際にやってみたら違いました。

Wi-Fiアプリと連携

U31Wにはスマホと連携して、ライブビューやドローン操作や録画が行える専用のアプリがあります。まずはそのアプリをインストールします。説明書のQRコードから飛ぶと「Flyingsee」というアプリが見つかるので、それをインストールします。
DROCON UdiR/C NAVIGATOR U31W

アプリを立ち上げると、このような画面になります。「Remote control interface」がドローンを遠隔操作できるモードになります。
DROCON UdiR/C NAVIGATOR U31W

これが「Remote control interface」の画面です。操作モード切替、録画ボタン、設定ボタンなどがあります。仮想パッドとしてドローンをコントロールすることもできますし、付属のトランスミッターからドローンを操作することもできます。
DROCON UdiR/C NAVIGATOR U31W

ドローン本体の電源を入れると、ドローンにWi-Fiで接続できます。「udirc-FPV-43373C」というアクセススポットが見つかります。これに接続すれば準備完了です。
DROCON UdiR/C NAVIGATOR U31W

さぁ、ドローンを飛ばしてみましょう!
2018年07月29日 カメラ・写真
DROCON UdiR/C NAVIGATOR U31W


5月にレビューして好評だったTENKER EX7000 PRO アクションカメラレビューに続き、今回はドローンを提供していただけることになりました。
ドローンは、大きく分けると2種類あります。200グラム以上の無人航空機に分類されるドローンと、200グラム未満の模型航空機に分類される小さなドローンです。詳しくは、国土交通省のページを読んでください。
無人航空機(ドローン、ラジコン機等)の安全な飛行のためのガイドライン
無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール

この200グラム未満の小さなドローンは、ホビードローン、トイドローン、ミニドローン、おもちゃドローンなどと呼ばれ、航空法における無人航空機の制限を受けずに飛ばすことができます(航空法以外の制限は当然受けます)。

今回提供いただいたのは、DROCON UdiR/C NAVIGATOR U31Wという200グラム未満のミニドローンです。国内電波法認証済みの安心ドローンとなります。
DROCON UdiR/C NAVIGATOR U31W


ということで、早速オープン!
DROCON UdiR/C NAVIGATOR U31W


ナビゲーター U31W 操作ガイド。日本語の説明書です。
DROCON UdiR/C NAVIGATOR U31W


ドローンの説明も日本語で書かれています。初めてのドローンなので、日本語説明書は助かります。
DROCON UdiR/C NAVIGATOR U31W


そしてこれがドローン本体です。
DROCON UdiR/C NAVIGATOR U31W


手前にはバッテリーが入っていました。容量は350mAh。驚くほど容量が少ないです。アクションカメラでさえ1000mAh前後の容量があるのに、ドローンは350mAhでいいんですね。
DROCON UdiR/C NAVIGATOR U31W
2018年07月25日 カメラ・写真
Dudios Zeus Plus Bluetooth イヤホン


無線イヤフォンと有線イヤフォン、どちらが好きですか?

今までこのブログでも何度も無線イヤフォンのレビューをしてきました。実を言うと、今年1月にレビューした【PR】SoundPEATS Q34 Bluetoothイヤフォン レビューまでは、何度無線イヤフォンに切り替えて使っていても、しばらく使っているうちに結局有線イヤフォンに戻ったりしていました。無線イヤフォンから有線イヤフォンに戻ってしまう理由は、有線イヤフォンより音質が少し劣る、長時間使うとバッテリーが切れる、スマホ本体と繋がっていないのでスマホを落とす心配がある(有線の場合、ケーブルを引っ張ってスマホ落下を防いだことが何度かあります)、などでした。

しかし、SoundPEATS Q34を手に入れてからは、「有線イヤフォンより音質が少し劣る」という心配は全くなくなり、バッテリーの持ちもそれほど悪くなく、磁石でくっついてケーブルが全く絡まないので、有線イヤフォンを押しのけてお気に入りのイヤフォンとなりました。最近はスマホからイヤフォンジャックが省かれるようになってきていますし、このタイミングでお気に入りの無線イヤフォンが登場してきてくれてよかったです。


さて今回は、Dudiosさんから、レビュー用にBluetooth イヤホンを提供していただきました。こちらの無線イヤフォンの実力はどうでしょうか。

新ブランドDudios、初めてなのにいきなり「改良版」からデビューです。箱の裏には、日本語での説明もありました。
Dudios Zeus Plus Bluetooth イヤホン


オープン!
Dudios Zeus Plus Bluetooth イヤホン


中には、ケースとクイックスタートガイドが入っていました。
Dudios Zeus Plus Bluetooth イヤホン


ケースの中には、Zeus Plus Bluetooth イヤホン本体、マイクロUSBケーブル、イヤーフック、イヤーピース、バックル、クリップ、カラビナが入っていました。付属品が豊富です。
Dudios Zeus Plus Bluetooth イヤホン
2018年07月17日 音楽
三脚自撮り棒


Amazonに出店しているFanrong(ファンロン)さんから、レビュー用に三脚自撮り棒を提供していただきました。

届いて驚いたのは、「BENRO」の文字!世界的に有名なBENRO製の三脚でした。中国の製品はOEM製品が多かったりしますが、こちらは「BENRO」の名前がそのままの製品のようです。
三脚自撮り棒


箱の裏側。使い方やiOS/Androidに対応していることが書かれています。リモコンはワイヤレスのBluetooth接続です。
三脚自撮り棒


オープン!
三脚自撮り棒


説明書は日本語で書かれています。
三脚自撮り棒


三脚自撮り棒本体とスマホ用アタッチメントとアクションカメラ用アタッチメント。
三脚自撮り棒
2018年07月16日 カメラ・写真
先月紹介した【PR】Lenovo HX06 スマートウォッチ レビューに続いて、GearBestさんからGearBestで使えるスマートウォッチのクーポンコードをいただいたので紹介します。購入時に、以下のクーポンコードを入力すると、割引で購入できます。


Xiaomi AMAZFIT Sports Bluetooth Smart Watch
gearbest
Coupon code: GBCEAM1D
Price after coupon: $113.99
Coupon valid date: 7.5-7.31


Xiaomi Huami AMAZFIT Bip Lite Version Smart Watch
gearbest
Coupon code: GBCEHMQCB
Price after coupon code: $55.99
Coupon valid date: 7.5-7.12


Xiaomi Mi Band 3 Smart Bracelet
gearbest
Price after coupon code: $31.59
Coupon code: HKBAND3
Warehouse: HK


その他、スマートウォッチカテゴリーで使えるクーポンコードもいただきました。
8% off Coupon code: CA%PV704
Coupon code valid till 2018/08-31


海外製のスマートウォッチに興味がある人は、ぜひ使ってみてください。
2018年07月11日 雑記
Treatlife 自転車 スマホ ホルダー


Treatlifeさんから、レビュー用にスマホホルダーを提供していただきました。
このスマホホルダーの特徴は、コンパス、LEDライト、バックロックノブ、ユニバーサルボールロックにあるようです。
Treatlife 自転車 スマホ ホルダー


黒い箱で、上の方にGuiderと書かれていました。
Treatlife 自転車 スマホ ホルダー


パッケージの側面に、ホルダーの説明図も載っています。印刷の関係で少し見づらいです。
Treatlife 自転車 スマホ ホルダー


オープン!中身は、スマホホルダー本体、ドライバー、レンチ、ラバーでした。
Treatlife 自転車 スマホ ホルダー
2018年07月07日 iPhone・iPad・Android
Lenovo HX06


GearBestさんから、Lenovoのフィットネスバンド「Lenovo HX06 Smart Bracelet」をレビュー用にご提供いただきました。

届いたのは、「Lenovo」と書かれた黒いシックな小さな箱。レノボというとPCメーカーのイメージが強いですが、フィットネスバンド(スマートウォッチ)も作っていたんですね。しかもスマートウォッチは高そうなイメージもありますが、このLenovo HX06はめちゃくちゃ安いです!価格は、ページ下部で紹介します。
Lenovo HX06


箱の裏側。英語です。
Lenovo HX06


オープン!
Lenovo HX06


中は、フィットネスバンド本体、説明書でした。
Lenovo HX06
2018年06月21日 iPhone・iPad・Android


TENKERさんから、なんと4Kアクションカメラ TENKER EX7000 PRO の50%OFFクーポンをさらに追加で5枚いただきました!前回、先着5名様!TENKER 4K アクションカメラ を50%OFF!という記事を書きましたが、無事に完売ということで、さらに5枚くれました。以下が新しいクーポンです。
QA4P-4DZUAH-X87PXC
QAGQ-M5XECR-DFAEG2
QA6Y-ME97F4-VXUF54
QACA-EE33RK-85TU37
QA6R-PG54LV-9R7H37
※上記クーポンは終了しました。

さらに追加:特別クーポン!!

上のクーポンも再び終了してしまったため、新たに5枚のクーポンをいただきました。下記クーポンを入力すると、50%OFFで購入できます。先着5名様です。
QASZ-QH3NR6-A4NSG8
QAX9-C7Y92R-RKEFWN
QAZZ-HEP2M5-TCUUH5
QAMP-DQW4DU-KWF85K
QAUS-RQX4LJ-3GF7A8
強力な手振れ補正にタッチパネル付きでこの価格。マイクの性能は良くありませんが、この手振れ補正と画質で50%OFFならお買い得です。先着5名様ですので、購入予定の方は急いでください。誰かにクーポンコードを使われると、もう使えなくなります。Amazonのカートに商品を投入後、クーポンを入力し、50%OFFになっていることを確認してから最終決済してください。すべて使えなくなっていたら、もうおしまいです。

Amazonのカートに商品を投入後、上記クーポンのどれかを入力し、50%OFFになっていることを確認してから最終決済してください。すべて使えなくなっていたら、もうおしまいです。今回も先着5名様ですので、購入予定の方は急いでください。特に連絡は必要ありません。自由に使ってください。

TENKER EX7000 PRO は、以下のAmazonページから購入可能です。


TENKER EX7000 PRO、現在の販売価格は11,999円(記事執筆時)。50%OFFクーポンを使うと、約6000円で買えることになります。このブログでもレビューしてきたように、TENKER EX7000 PROは、ソニー製のイメージセンサー、強力な手振れ補正、2.45インチの大型タッチパネル、30m防水ケース、Wi-Fiアプリ対応、充電器付き、バッテリー二個付きなどの機能や装備を備えたアクションカメラです。激安ではなく、1万円を超えるやや高い部類の格安アクションカメラです。今回のクーポンを利用すると、現在6000円で買えるどのアクションカメラよりも、お得感が出てきます(元から安いアクションカメラは、タッチパネルなし、液晶の質が悪い、動画の画質が悪いなどの問題があったりします)。

TENKER EX7000 PROは、古くて感度の悪いタッチパネルではなく、普通のスマホと同じように動く感度の良いタッチパネルです。液晶も視野角が広く見やすく、コストのかかるパーツを使っています。唯一、マイクだけは構造上の問題なのか感度が悪く、音質が良くありません。音のいらない撮影など、そこをうまく割り切れれば、お買い得感はさらに高いアクションカメラです。
2018年06月10日 ゲーム全般


TENKERさんから、なんと4Kアクションカメラ TENKER EX7000 PRO の50%OFFクーポンをいただきました!

TENKER EX7000 PRO、現在の販売価格が11,999円なので、50%OFFだと約6000円で買えることになります!このブログでもレビューしてきたように、TENKER EX7000 PROは、ソニー製のイメージセンサー、強力な手振れ補正、2.45インチの大型タッチパネル、30m防水ケース、Wi-Fiアプリ対応、充電器付き、バッテリー二個付きなどの機能や装備を備えたアクションカメラです。激安ではなく、1万円を超えるやや高い部類の格安アクションカメラです。今回のクーポンを利用すると、現在6000円で買えるどのアクションカメラよりも、お得感が出てきます。

TENKER EX7000 PRO は、以下のAmazonページから購入可能です。
現在(執筆時点)の価格は11999円です。今回TENKERさんからいただいた以下の50%OFFクーポンを入力すると、半額の約6000円で購入可能です。5枚のクーポンコードをいただいたので、先着5名様まで購入できます。
QA4H-BBZY49-TBQ3WG
QAGJ-NYAX74-9MUD2T
QA85-2PAYYG-YYKMPH
QADE-JZ5YKB-6TX2MN
QAUM-6HAFAP-4WJRJG
誰かにクーポンコードを使われると、もう使えなくなります。先着5名様ですので、購入予定の方は急いでください。クーポンは、6月2日から6月9日まで利用可能です。Amazonのカートに商品を投入後、上記クーポンのどれかを入力し、50%OFFになっていることを確認してから最終決済してください。すべて使えなくなっていたら、もうおしまいです。 特に連絡は必要ありませんので、自由に使ってください。

当ブログでのTENKER EX7000 PROのレビューは以下になります。
2018年06月04日 カメラ・写真