ZAPAnet総合情報局 > ZAPAブログ2.0 >

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
2021年01月01日 お知らせ

【PR】Yhomie TWS+ ワイヤレスイヤフォン F9 レビュー




Yhomie製の完全ワイヤレスステレオ(True Wireless Stereo)イヤフォン F9 をレビュー用に提供していただきました。
Amazonから届いたパッケージはこれです。TWS+。



メーカー名や製品名はパッケージに書かれていません。



オープン!



内箱の黒い箱を開けると、黒いケースが見えてきました。



内容はこうなっていました。充電ケース、イヤホン、USB-Cケーブル、イヤーピース。



充電ケースを開けたときに驚きました。カッコイイ!と。



充電ケース内のLEDディスプレイ表示部が格好良くて驚きました。充電ケース自体のバッテリー残量の表示と左右のワイヤレスイヤフォンのバッテリー残量が表示されています。最初から充電済みなのも良いです。



スマホとペアリングした後、電気を消して撮ったときの写真はこちらです。暗闇でも表示が見えます。

2020年07月24日 音楽

ヨーグルトを自作するぞ5:R-1ドリンクタイプでヨーグルト自作!

ヨーグルトを自作するぞ1:ヨーグルトメーカーで牛乳パックから作れる!ヨーグルトを自作するぞ2:アイリスオーヤマ KYM-014 を購入ヨーグルトを自作するぞ3:初めてのヨーグルト自作!ヨーグルトを自作するぞ4:R-1を種菌にヨーグルト作り!からの続きです。美味しいマンゴーラッシーの作り方を極めた次は、ヨーグルトの自作を極めようとヨーグルトメーカーを買った話です。 さて、今回はR-1ドリンクタイプを種菌にしてヨーグルトを自作してみることにしました。
R-1ドリンクタイプ


1回目の自作ヨーグルトはマジメに混ぜなかったらダマっぽくなってしまい、2回目の自作ヨーグルトはしっかり混ぜたのにわずかながらブツブツしていました。「もしかして、ドリンクタイプのヨーグルトを種菌にすれば、混ぜるのも簡単で完全に混ざるのでは?」と思いつきました。

思いついたら、早速実験です。

今回は、1リットルの牛乳から量も測らずに適当に110mlくらい取り除き、R-1ドリンクタイプ112mlをそのまま全部投入しました。そして牛乳パックの口を閉じて、そのまま牛乳パックを振ってシャッフル!計量スプーンを一切使わないことで、熱湯消毒の手間を省きました。おかげで、余計な雑菌は混入しません。そして、購入したアイリスオーヤマ ヨーグルトメーカーIRIS OHYAMA KYM-014の本体にセットし、メニューの「プレーン」を選択し、スタート!
ヨーグルトメーカー


今までの経験上、「できあがったヨーグルトには酸味がある」という状態だったため、今回はスマホのタイマーを変えました。本体のワンタッチボタンでは9時間の発酵時間に設定されていますが、スマホのタイマーは8時間30分に設定しました。9時間経つ前にヨーグルトメーカーのスイッチを自分で切って、発酵時間を30分縮めてみようという作戦です。

そして、スタートから8時間半経ったらスマホのタイマーが鳴ったので、電源を切り冷蔵庫へ。そのまま一晩寝かせ、翌朝牛乳パックを開いて自作ヨーグルトの状態を確認してみました。開けてビックリ…

ホエイ(乳清)が出ていない!

今まで牛乳パックの上の方は水分(ホエイ)が少し出ていたのですが、今回は何もありません。トロトロの滑らかなヨーグルトができあがっていました。

そして味見。

うまい!

今まで一番酸味が少なく、滑らかでまろやかな口当たり。美味しいです。

100点満点で評価すると… 100点 です!

ヨーグルトの味が美味しいのはもちろんのこと、口当たりも滑らかで本当に最高です。うまく自作ヨーグルトを作れた要因を考えてみると…
・ドリンクタイプのヨーグルトを種菌に使ったことで、よく混ざった
・計量スプーンを一切使わなかったので、雑菌の入り込む余地がなかった
・発酵時間を30分短くしたのが良かった
・ドリンクタイプのR-1の種菌そのものが良かった
などが考えられます。ドリンクタイプのヨーグルト、実は自作ヨーグルトの種菌としても優れていることがわかりました。分量に関しても、1リットルの牛乳からピッタリ100ml抜いて、スターターのヨーグルトを100ml追加するのではなく、適当でも問題ないことがわかりました。適当に110mlくらい牛乳を抜いて、R-1ドリンクを全て投入し、シャッフルするだけで作れます。もっと簡単に言うと、「牛乳パックからあふれなければOK」です。手順が超簡単になりました。
2020年07月11日

ヨーグルトを自作するぞ4:R-1を種菌にヨーグルト作り!

ヨーグルトを自作するぞ1:ヨーグルトメーカーで牛乳パックから作れる!ヨーグルトを自作するぞ2:アイリスオーヤマ KYM-014 を購入ヨーグルトを自作するぞ3:初めてのヨーグルト自作!からの続きです。美味しいマンゴーラッシーの作り方を極めたら、ヨーグルトが足りなくなってしまったので、ヨーグルトを自作してしまおうとヨーグルトメーカーを買った話です。

明治R-1を種菌に、2回目のヨーグルト自作!

1回目のヨーグルト自作は納得のいくヨーグルト作りができなかったので、2回目のヨーグルト作りにチャレンジです!1リットルもヨーグルトを作ってしまうと、すべて食べ終わるまで次の実験に移れません。次の実験までに取りかかるまでに時間がかかります。

そしてようやく2回目のチャレンジ!

今度は、種菌に明治プロビオヨーグルトR-1を選びました!



R-1を種菌にする場合、温度は高めの方が合うという情報がありました。前回と違って、今回はワンタッチボタンの「プレーン」でうまくいくような気がしました。


ヨーグルトメーカーにはきっと個体差があるはずで、1度くらい温度が上下していてもおかしくありません。また、季節によって牛乳の成分に違いがあり、外気温の影響も受けるはずです。夏場と冬場で仕上がりが変わってくると予想されます。とりあえず、ワンタッチボタンのプレーンボタンのまま試してみました。

今回もまた、1リットルの牛乳パックから牛乳100mlを除き、代わりに明治プロビオヨーグルトR-1(ドリンクタイプではない固形の方)を100g加えて、混ぜました。今回はしっかりグルグルと混ぜました。そして9時間後…!

しっかり固まってる!チーズ臭さもない!

というのを確認して、冷蔵庫に入れました。なんだかこの「完成はしているのに、冷蔵庫に入れて冷やさないといけない時間」がもどかしいです。

そして、しっかりと冷えてから種菌R-1の自作ヨーグルトを食べてみると…

やや酸味はあるけどうまい!

というヨーグルトができあがりました!前回みたいなダマにはなっていませんし(わずかなぶつぶつはありますが)、混ぜてトロトロにしてからメープルシロップをかけると、最高に美味しいです。元のR-1よりかは酸味が出ましたが、美味しいです。

100点満点で評価すると… 90点 です!

まさかの2回目のヨーグルト作りで早くも大成功!「普段買っている牛乳1リットル、明治プロビオヨーグルトR-1、7月の気候」という条件であれば、アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカーIRIS OHYAMA KYM-014の自動メニュー「プレーン」ボタンで1発でした。簡単です。
2020年07月10日

ヨーグルトを自作するぞ3:初めてのヨーグルト自作!

ヨーグルトを自作するぞ1:ヨーグルトメーカーで牛乳パックから作れる!ヨーグルトを自作するぞ2:アイリスオーヤマ KYM-014 を購入からの続きです。今回は、いよいよ購入したヨーグルトメーカーを使ってヨーグルトを作ってみます。

ヨーグルトメーカーでのヨーグルト作りは簡単です。1リットルの牛乳を買ってきて、100ml減らして、代わりに市販のヨーグルトを100g入れて混ぜて、本体にセットしてボタンを「ピッ」と押せばおしまいです。9時間後にできあがっています(マニュアル入力で時間と温度を変更可能です)。


付属の計量スプーンがすり切り25mlなので、1リットルの牛乳パックから4杯分の牛乳(100ml)を除きます。代わりにヨーグルトを4杯分(100g)加えて、混ぜます。付属のクリップを付けて牛乳パックの上を閉じたら、ヨーグルトメーカーにセットして、電源を入れて、自動メニューの「プレーン」を押して完了。9時間待てば、勝手にヨーグルトになっています。

初めての自作ヨーグルトの出来映えは?

ということで、適当に1リットルの牛乳を買ってきて、西友の生乳100%ヨーグルトをスターターにして、初めてのヨーグルト作りにチャレンジしてみました。

まず、1リットルの牛乳パックから100mlを除き、900mlにします。代わりにヨーグルトを100g入れて、混ぜます。クリップで牛乳パックを閉じたら、ヨーグルトメーカーにセットして、コンセントにつなぎ、自動メニューの「プレーン」を選んでスタート!が…スタートボタンを押しても、メロディーなどが流れません。スタートとわかる操作音も鳴りません。炊飯器みたいにメロディーを流してほしかったです。

スタートボタンを押してから9時間待ったら、「ピピー」という控えめな音が鳴りました。音が控えめすぎるので、本体のタイマーに頼らず、スマホのタイマーをセットしておいた方が良いです。

さて、初めての自作ヨーグルトの出来映えは?

まずは、牛乳パックを開けて、牛乳がヨーグルトに変身しているか確認してみました。しっかり固まっていました!液体ではなく、ヨーグルトらしい固さになっていそうでした。

次に匂い。「くんくん…」。ん?ちょっとチーズっぽい匂い。これは食べてみないと評価できません。ヨーグルトメーカーで作る自家製ヨーグルトで心配していたのは、「ちゃんと固まるの?牛乳臭くないの?」という点でした。しっかり固まっていましたし、牛乳臭くありません(むしろチーズっぽい)。すぐに食べたいところでしたが、これは人肌より温かい42度くらいのホカホカのヨーグルト。この温度のヨーグルトを食べる気にはなれなかったので、冷蔵庫へ。

2時間待って冷蔵庫から取り出したら、まだ完全には冷えていなかったので、もう一度冷やしました。意外とすぐには冷えません。

そして自作ヨーグルトが冷えたのを待って、ついに実食!お味は…?

匂いを嗅ぐと少しチーズっぽい。食べると酸味がある(牛乳臭くないし、チーズっぽさもない)。かき混ぜても少しダマになっている。

という状態でした。心配していた牛乳味は消えて、酸味のあるヨーグルト味になっていました。
2020年07月08日

ヨーグルトを自作するぞ2:アイリスオーヤマ KYM-014 を購入

ヨーグルトメーカー

前記事「ヨーグルトを自作するぞ1:ヨーグルトメーカーで牛乳パックから作れる!」からの続きです。簡単にまとめると、「もっとたくさんヨーグルトを食べたい(飲みたい)!」を実現させるために、ヨーグルトメーカーを買ったという話です。

さて、楽天で注文して届いた牛乳パックで手作りヨーグルトができるアイリスオーヤマのヨーグルトメーカーKYM-014はこれです!
ヨーグルトメーカー

超地味なパッケージでした…!白くて固い箱にカラーの商品画像が印刷してあるのかと想像していましたが、地味でした。多分、コストダウンのためですね。素晴らしいです。もし保存容器が最初から2つ欲しいとか、飲むヨーグルトのワンタッチボタンが欲しいとかであれば、このKYM-014よりも、IYM-013の方がオススメです。

KYM-014の箱をオープン!「本製品で調理したものは、発酵などの具合によって、味・成分・硬さなどが、スターターとして使用した市販の商品と同じ状態にはなりません。」と、いきなり弱気なことが書かれていました。たしかに、「市販のヨーグルトと全く同じものを増産できる!」と考えている人がいそうなので、これは大事な注意書きです。市販品と全く同じものは絶対に作れません(全く同じ生乳を手に入れることも、全く同じ温度管理をすることもできません)。
ヨーグルトメーカー

付属品。ギリシャヨーグルト用水切りカップ、計量スプーン(すり切りで25ml)、牛乳パック用クリップが入っていました。
ヨーグルトメーカー
2020年07月07日

ヨーグルトを自作するぞ1:ヨーグルトメーカーで牛乳パックから作れる!

前記事の「【永久保存版】牛乳苦手な人が美味しいマンゴーラッシーを作るコツ」にも書いたように、自作ラッシーを飲み始めてからヨーグルトの消費量が激しく、「もっとたくさんヨーグルトを食べたい(飲みたい)!」と思うようになりました。

元々、酸味がなく薄味でクセのない西友の「みなさまのお墨付き 生きて腸まで届く乳酸菌Bb12菌 生乳100%ヨーグルト プロバイオティクス」をトロトロに混ぜてからメープルシロップをかけるとすごく美味しくて、大量にヨーグルトを食べたいと常々思っていました。ヨーグルトが美味しいのかカナダ産メープルシロップがおいしいのかは難しいところですが、牛乳が苦手な自分にとって、ヨーグルトは貴重な乳成分です。
ヨーグルトメーカー

牛乳パックから直接作れるヨーグルトメーカーの存在を知る!

ラッシーを作り始めてから、本格的にヨーグルトの量が足りなくなってきたので、「うーん、何か良い方法はないかな」と思っていたところ、牛乳パックをそのまま使ってヨーグルトを作れるヨーグルトメーカーの存在を知りました。アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーです!(他にも作っているメーカーはいろいろあります→ヨーグルトメーカー


正直、調理家電にはかなりネガティブなイメージがありました。
一般的な調理家電のイメージ

・洗うのがとにかく面倒
・分解、組み立てが面倒
・乾かすときに場所を取る
・使っていないときも場所を取る
調理家電に対する個人的なイメージは上記の通りです。洗うのが面倒になって使う機会が減り、保管場所でスペースだけをずっと取り続けてる存在、それが調理家電に対するイメージでした。放置された調理家電を見ると、買ったことを後悔します。

一方で、このアイリスオーヤマのヨーグルトメーカーは、「市販の牛乳パックをそのまま本体に突っ込めるので、洗浄の必要なし!」という奇跡的な使いやすさを備えていました。1リットルの牛乳を買ってきて、100ml減らして、代わりに市販のヨーグルトを100g入れて混ぜて、本体にセットしてボタンを「ピッ」と押せばおしまいです。洗浄も分解も何もいりません。
2020年07月06日

【永久保存版】牛乳苦手な人が美味しいマンゴーラッシーを作るコツ

みなさん、ラッシーは好きですか?

私はインドカレーが大好きなので、インドカレー屋さんに入ったときは必ずマンゴーラッシーを注文します。マンゴーラッシー、美味しいですよね。牛乳は子どものころから苦手なのですが、マンゴーラッシーは美味しくいただけます。

以前、日本のインドカレー屋さんのネパール人と話をしていたとき、「スパイスはインドから輸入している。スパイスの種類は30種類以上。ヨーグルトは自分たちで作った方が美味しいので、自分たちで作っている」と教えてくれました。スパイスは日本で自作できませんが、ヨーグルトは自作できるみたいです。

ある日、受付のネパール人が女性に変わったとき、同じ店のマンゴーラッシーを注文したら味が変わりました。甘くなくなりました。甘くなくなったねと言ってみたところ、「え?そう?私、飲んだことないからわからない」と言われました。その女性は今、自分の横の方でマンゴーラッシーを調合していたように見えたのですが、味見もしたことがないまま適当に調合していたようです。

さて、調合次第で味が変わってしまう奥の深そうなマンゴーラッシー。このマンゴーラッシーをまさか自分で作れるとは思っていませんでした。実は、マンゴーラッシーは自分で作れるんです!

きっかけは、全農広報部のツイート。


え、ラッシーって自分で作れるの?!

と驚きました。ラッシーは、インドあるいはネパール秘伝のドリンクかと思っていました。新型コロナウイルスの影響により牛乳が余っているという話は聞いていたので、「協力したいな…」とは思っていたものの、牛乳が苦手なのであまり協力できずにいました(コーヒーに多めに牛乳を入れるようにはしていました)。

全農広報部のラッシーのレシピを見てすぐ思いました。ラッシーにマンゴージュースを混ぜて、マンゴーラッシーにしたら絶対うまいじゃん!と。
はい、完全にマンゴーラッシーのことをなめてました。美味しいマンゴーラッシー作りは全然簡単じゃなかったです。

以下、美味しいマンゴーラッシーを作れるようになるまでの記録です。

まずはシンプルなラッシー作り

マンゴーラッシーを作る前に、まずはシンプルなラッシーを作ることにしました。ここで失敗していたら、美味しいマンゴーラッシーは作れないはずです。全農広報部のラッシーのレシピは、ヨーグルト:牛乳が1:1の割合です。超わかりやすいレシピです。それに砂糖大さじ2杯をプラス。レシピを瞬時に覚えられるシンプルさです。「こんなにラッシーって簡単なの?」と心配になるほどシンプルでした。

一部で、「少しだけ塩を加えると美味しい」という隠し味情報を仕入れたので、ヨーグルト:牛乳を1:1で、塩少々、砂糖大さじ2杯よりは少なめで作ってみました。結果…

ヨーグルトと牛乳の割合が1:1だと、牛乳味が強く出てしまってダメでした(きちんと分量を量っていなかったので、牛乳が少し多かったかもしれません)。牛乳が苦手なので、牛乳味が全面に出てしまうとダメなんです。そもそも牛乳が飲めるなら、「牛乳飲めばいいじゃん」で終わってしまう話なんです。牛乳が苦手でも、ラッシーなら美味しく飲めるからラッシーは優れているんです。

日本の牛乳が苦手な人でもラッシーなら飲めるからラッシーは最高なのに、日本の牛乳とヨーグルトを1対1で混ぜたら、牛乳味は消せません。なにか良い方法はないかなと思って調べてみたら、カレー屋のインド人の秘伝ラッシーレシピが見つかりました!

カレー屋のインド人の秘伝ラッシーレシピは、なんと「ブルガリア飲むヨーグルト+隠し味のカルピス」だったという衝撃の事実。

ラッシーは、インドあるいはネパール秘伝のドリンクではありませんでした!!

衝撃でした。インドカレー屋さんの美味しいラッシーが明治ブルガリア飲むヨーグルトとカルピスでできていたなんて。もちろんインドカレー屋さんによってラッシーのレシピは絶対違うはずで、隠し味や調合の割合は店によってかなり変わりそうです。
2020年07月03日

「ステルス将棋 棋譜再生」を作りました!

ぜんぶ真っ黒!「ステルス」な将棋駒に騒然「頭がこんがらがる」難度という記事を今日読みました。記事を読み、ステルス将棋は目隠し将棋に似ているなと感じました。そこで…

将棋の駒を全て真っ黒にして棋譜を再生できるようにすれば、将棋の勉強が捗るのでは?

と考えました。

ということで、早速作りました。ステルス将棋 棋譜再生
棋譜
将棋の駒が全て真っ黒で表示されます。全ての駒の位置を頭にたたき込んでおかないと、途中から訳がわからなくなります。
2020年07月01日 お知らせ

Cloud9とGitHubを連携させる

前回の「CentOS 8 に Amazon AWS Cloud9 をインストール」からの続きです。

Amazon AWS以外のサーバーにインストールするタイプのCloud9を利用する場合、ある機能が使えません。ファイルの変更履歴です。Cloud9により、どのマシンからでも同一の開発環境は得られますが、「ファイルを間違って消しちゃった!」、「ソースコードいじってたらおかしくなっちゃった!元に戻したい!」などの事態が起きた場合に、クラウドにしかファイルがないと困ります。クラウド環境で開発していると、ローカルにファイルを置かないため、クラウドで編集をミスってしまうと、その時点でファイルが消えてしまいます。

ということでファイルの変更履歴については、GitHubと連携して、GitHubに丸投げしてしまうのが簡単です。GitHubと連携すれば、自サーバーとGitHubの2箇所にソースコードが残るため、単純なバックアップツールとしても利用できます。

まずはGitHubにログインし、新規リポジトリを「非公開(Private)で作成します。自分専用リポジトリの作成です。非公開なので、誰にも見られることはありません。自分だけのGitHubリポジトリです。


そして、Cloud9のコンソールから以下のコマンドを打ち込んで、GitHubの初期設定を行います。
echo "# リポジトリ名" >> README.md
git init
git add README.md
git commit -m "first commit"
git remote add origin https://github.com/ユーザー名/リポジトリ名.git
git push -u origin master

コマンドを打ち込んだ後、GitHubのページ「https://github.com/ユーザー名/リポジトリ名」にアクセスして、きちんと反映されているかを確認します。また、GitHubにログインしていない状態で同アドレスにアクセスして、非公開になっていることを確認しておきます。これでGitHubとCloud9の連携は完了です。Cloud9上からGitHubへの変更履歴のLogも見られます。
2020年06月30日 プログラミングTIPS