ZAPAnet総合情報局 > [Z]ZAPAブロ〜グ2.0 > TOPページ
去年、浜松に行く機会があったので、「浜松 観光」で検索したら、うなぎパイファクトリーの見学が人気のようでした。工場見学には興味がなかったので、他に何かないか調べたら、竜ヶ岩洞という洞くつが見つかりました。

竜ヶ岩洞公式ページをチェックしてみると…
竜ヶ岩洞

「ようこそ地底世界へ!」「神秘の地底世界を体感!」「2億5千万年前の石灰岩地帯に形成された総延長1000mを超える東海地方最大級の観光鍾乳洞です」「落差30mの地底の大滝は圧巻」などと書かれていました。

ホームページは古くさくて、なんだかうさんくささが漂いますが、洞くつ探検家とか地底世界とか2億5千万年前とか地底の大滝とか、心躍るワードが並んでいました。神奈川では聞いたこともない観光スポットだけど、「これは行くしかない!」と思って、竜ヶ岩洞まで行ってきました!栃木の巨大地下神殿みたいなところに行ってきた!以来の地底世界です。


ここが竜ヶ岩洞入口です。入場料は1000円。あまり安くはありません。年間気温は18度で、夏は涼しく、冬は暖かいそうです。
竜ヶ岩洞


案内所の周りでは、地層の勉強ができます。
竜ヶ岩洞


国家でも歌われている「さざれ石」もありました。
竜ヶ岩洞



ということで、洞くつへ!
竜ヶ岩洞
2017年01月16日 国内
EC_Technology_s1041105_01


EC Technologyさんから、ワイヤレスBluetoothスポーツイヤホンをいただきました。

箱の表側には、「Sports Headset」と書いてあるだけで、目立つところにモデル名の記載はありませんでした。EC_Technology_s1041105_01


オープン!
EC_Technology_s1041105_01


ウレタンにきっちりとイヤフォンが収まっていました。
EC_Technology_s1041105_01


内容は、ワイヤレススポーツイヤフォン本体、イヤーピース4個(他、本体に2個装着済み)、microUSB充電ケーブル、取扱説明書。説明書は日本語表記ありでした。イヤフォンの型番は、S1041105。
EC_Technology_s1041105_01
2017年01月08日 音楽
aukey ep-b26


AUKEYさんから、レビュー用に耳掛け式のBluetoothイヤフォンをいただきました。

これがパッケージ。
aukey ep-b26


もちろん技適も取得している日本対応品です。
aukey ep-b26


オープン!
aukey ep-b26


中身は、EP-B26本体、MicroUSBケーブル、説明書というシンプルな構成。
aukey ep-b26
2017年01月07日 音楽
2017年に入り、これから4K対応のデバイスはどんどん増えていくと思われます。国の目標としては、「東京オリンピックまでに8K」というものがあります。2020年までに4K・8K放送を普及させる狙いです。4K普及には現実味がありますが、8Kの普及となると再生機器も録画機器も編集機器も、まだまだ厳しそうな目標に見えます。あと3年間の努力に期待です。

さて4Kというのは、Kがキロを意味し、4Kは4000のことです。つまり、4K解像度とは、4000ピクセルを意味しています。16:9のワイド画面に当てはめた場合、横3840*縦2160ピクセル(ドット)の解像度が一般に4Kと呼ばれています。実は4000ピクセルには足りていません。これはフルハイビジョンが1920*1080ピクセルだったことから、それぞれ縦横2倍ずつの4倍の解像度を持つ3840*2160ピクセルが4K UHDTVとして採用されたためです。シネマ業界では、DCI 4Kと呼ばれる4096*2160も一般的です。こちらは、4Kにふさわしい横4000ピクセル以上の解像度があります。

では8Kになったら、解像度はどうなるのか。4Kの放送が3840*2160ピクセルだったため、これに合わせて8Kは7680*4320ピクセルになります。7680では、8000まで320も足りなくなります。それでも8Kと呼びます。画素数は4Kの場合、たった約800万画素程度で良かったため、iPhone5のカメラの画素数とほぼ変わりませんでした。8Kになると、今度は一気に約3300万画素も要求されます。現在使っているSONY ミラーレス一眼 α7 II というフルサイズのカメラがあるのですが、このカメラは静止画でも2400万画素しか撮れません。動画だと、フルハイビジョンまでしか撮れません。普及価格帯のフルサイズカメラでさえ、まだこの程度の画素数なのに、あと3年で8Kまで普及させるのはかなり厳しい目標じゃないかと感じています。


さて、昨日から開催されているCES 2017において、パナソニックから新しいミラーレス一眼が発表されました。欧米の映像業界から高い支持を受けているGHシリーズの最新作Panasonic GH5です。動画機能を強化したミラーレス一眼で、GHシリーズで作られたテレビ番組や映画なども多数存在します。

最新作のGH5では、4K/60pに対応し、6Kフォトという静止画を切り出せる機能も搭載しました。こちらのYouTube動画「Panasonic Lumix GH5 New Menu System (Video Walkthrough) - YouTube」にGH5のメニュー構造が映し出され、そこに驚きの表示が。
Panasonic GH5の6K解像度


6Kフォトなのに、5184*3888ピクセルしかない!
2017年01月06日 カメラ・写真
Pokémon GO Plus


もうとっくに飽きているのに、ポケモンGO Plusを買ってしまった」から1ヶ月半。Pokémon GO Plus購入当初は、「これでスマホの画面をシュッシュッしなくてもポケモンを捕獲できる!最強じゃん!」とか思ったりしたのですが、すぐに面倒になりました。

何が面倒か。実はPokémon GO Plusのボタンを押すのさえ、面倒になるんですね。画面をシュッシュッしなくても、ポケモンGOプラスのボタンを押すだけでポケモンを捕獲できるのに、それさえ面倒になります。Pokémon GO Plusは、ポケモンを見つけたりポケストップを見つけたりすると、本体が振動して知らせてくれます。いつ来るかわからない振動に合わせてボタンを押す必要があるので、Pokémon GO Plusに注意力が少し持って行かれてしまいます。歩きスマホほど危険ではありませんが、注意力が散漫になるのは良くないです。

そしてもう一つ大きな問題が。「Pokémon GO Plusは、モンスターボールしか使ってくれない!いくらスーパーボールやハイパーボールを持っていても無駄!」ということ。ボタンを押して使ってくれるのは一番性能の低いモンスターボールのみなので、ずっとPokémon GO Plusに頼っていると、モンスターボールのみが枯渇します。スーパーボールが100個あっても、ハイパーボールが100個あっても無駄です。モンスターボールのみが足りなくなります。モンスターボールが無い状態でPokémon GO Plusのボタンを押すとどうなるか、モンスターボールが足りない時用の振動がするだけで何もおきません。せっかくボタンを押したのに何も起きないとなると、どんどんボタンを押すのが嫌になります。それでも次々とポケモンは現れ、Pokémon GO Plusは振動し続けます。

これがPokémon GO Plusのボタンを押すのさえ面倒になってしまった理由です。


「ボタンを押すのが面倒なら、自動で捕獲すればいいじゃない!」ということで、Pokémon GO Plusを改造することにしました。

これが初期状態のPokémon GO Plus本体。
Pokémon GO Plus


簡単に改造するために、100円ショップへGO!
2017年01月06日 ゲーム全般
年末イヤフォンプレゼントの当選者発表!」してから、当選者全員から連絡がありました。こちらからは、すでにイヤフォンが0円で購入できるクーポンコードを送ってあります。購入完了した方の話によると、送料はかからなかったそうです。もしメールが届いていないという方がいましたら、迷惑メールのBOXを確認した後、それでも届いていなければ、再度ご連絡ください。

それから、今回SoundPEATS製のイヤフォンをプレゼントしましたが、これはSoundPEATSさんの企画でもPR記事でもなんでもありません。去年一年間のお礼にと、SoundPEATSさんから無料クーポンコードをたくさんいただいたので、それを[Z]ZAPAブロ〜グ2.0読者にプレゼントしただけです。使い道は自由と言われましたが、どうせならブログ読者に還元した方が良いですからね。
2017年01月05日 お知らせ
ZAPAブロ〜グ2.0年末プレゼント!計12名様にイヤフォンをプレゼント!」へのご応募ありがとうございました。本日、抽選を行いましたので、結果を発表します!

当たるイヤフォンは、過去にブログで紹介した4種類のイヤフォンです。

と、発表前に、応募メッセージへの記載漏れが1件、応募受付の期限切れが1件ありました。それについては、ページ下部で説明します。

本当は応募者全員に第一希望をプレゼントと行きたいところでしたが、予想通りQ24への応募が殺到してしまい、こちらは抽選となってしまいました(ツンデレ抽選器!を使って、公平に抽選しました)。第二希望も聞いておいて良かったです。応募者全員第一希望とはなりませんでしたが、第二希望を含めれば無事応募者全員にプレゼントすることができました!

ということで、結果発表です!!
2017年01月02日 お知らせ
あけましておめでとうございます。
今年も[Z]ZAPAブロ〜グ2.0をよろしくお願いします。


年が明けると思い出すのが、「初夢」のこと。
初夢とは一体いつ見る夢のことなのか、毎年確認してしまいます。

9年前に「初夢って?」の記事内で書いたように、初夢は1月1日の朝起きたときに覚えていた夢ではなく、1月2日の朝起きたときに覚えていた夢であることが一般的なようです。

今年、もう一度「初夢」について調べてみたら、RICOHのおじさんうんちくにこのように書かれていました。
江戸時代の文献では、

(1)大晦日の夜から元日の朝かけて見る夢
(2)正月元日の夜に見る夢
(3)正月2日の夜に見る夢

と三説がみられる。


『初夢はいつ見るのが初夢なのか?』|RICOH Communication Club 経営に役立つ情報発信サイトより
2017年01月01日 お知らせ
SoundPEATS Bluetooth イヤホン Q25


SoundPEATSさんから依頼されて、レビュー用にSoundPEATS Bluetooth イヤホン Q25を購入しました。

パッケージ裏側の上部は、9カ国語での説明、下部は日本語での説明です。日本向けのパッケージとなっています。
SoundPEATS Bluetooth イヤホン Q25


最近のSoundPEAETS製品と同様、パッケージに技適番号を記載。
SoundPEATS Bluetooth イヤホン Q25


オープン!
SoundPEATS Bluetooth イヤホン Q25
2016年12月31日 音楽
SoundPEATS Bluetooth スピーカー P4


SoundPEATSさんから依頼されて、レビュー用にSoundPEATS Bluetooth スピーカー P4を購入しました。

SoundPEATS Pシリーズは好きで、今までにも【PR】SoundPEATS bluetooth スピーカー P1 レビュー【PR】SoundPEATS 防水Bluetoothスピーカー P2 レビュー【PR】SoundPEATS Bluetoothスピーカー P3 レビューと3製品をレビューしてきました。一番好きなのは、ウーファーが効いていて重低音が気持ち良いP1です(Bluetoothではなく、有線接続がオススメ)。今回は最新のP4のレビューです。

パッケージは日本語仕様で、技適番号も載っています。
SoundPEATS Bluetooth スピーカー P4


オープン!
SoundPEATS Bluetooth スピーカー P4


中には円筒形のスピーカーP4本体と小さな箱が入っていました。
SoundPEATS Bluetooth スピーカー P4
2016年12月30日 音楽