ZAPAnet総合情報局 > マザー3(MOTHER3)攻略Wiki > テキスト・7章

テキスト・本編

7章

7章-マジプシー

 まず 知っておきなさい。
 この島は 特別に
 まもられた 島なの。
 この わたしたちがいる 島は
 かぎりないパワーと ともに
 あるのよ。
 その パワーとは ドラゴン。
 この島の 地下
 闇に眠る ドラゴンのちから。
 ドラゴンは とてつもなく
 大きいの。
 ・・・この島と
 ほぼ 同じ 大きさ。
 ドラゴンが眠っている おかげで
 島は 災いから 守られている。
 でも ドラゴンのちからは
 大きすぎて 人間には
 コントロールできない。
 だから わたしたち マジプシーの
 とおい昔の 先祖が
 7本の はりを うって
 眠らせてあるのよ。
 1本のはりに
 ひとりのマジプシー。
 ずっと 長い長い時間
 はりを 守って生き続けてきたの。
 でも いつか
 ドラゴンの 眠りを
 さますものが あらわれる・・・。
 ドラゴンのちからが
 必要になる時が くると
 伝えられているのよ。
 ただ そのドラゴンのちからを
 必要とするものが
 悪い心を持っていた場合は
 ドラゴンのちからは
 すべて 悪いものに したがう。
 おそらく 邪悪な 欲望のために
 何もかもが 破壊されつくす・・・。
 そんなことさえ あり得るの。
 むろん その逆のケースが
 わたしたちの願い。
 よい心を持ったものが
 ドラゴンの はりをぬき
 そのちからを 味方につけたなら
 すべての 悪い運命の流れは
 消え去り
 あらゆる いのちが
 光りかがやくことになる。
 そう言われているのよ。
 そして
 気にしないで 聞いて・・・。
 わたしたち 7本のはりを守る
 7人のマジプシーたちは
 自分のまもるはりが ぬかれた時
 1万年の寿命を 終えて
 消えるのよ。
 ロマンチックなのよ わたしたち。

7章-オケラホール

◇レンコンのようなものが
 みちを ふさいでいる。
◆フガフガ。
◆おう びびらずに きたな。
◆ここに いるのが
 オレたちの ちょうろうだ。
◆きょうは しあいの
 ジャッジを おねがいした。
◆おまえが にげだしたり
 ひきょうな ふるまいに
 およんだときには オレだけじゃなく
 ちょうろうも だまっちゃいねえ
 ・・・そういうことだ。
◆こんかいの しあいにあたっては
 とくべつルールを さくていした。
◆10ぷんかん たって
 けっちゃくが つかなかったばあい
 さらに 5ふんかんの
 えんちょうと いたします。
◆それでも
 けっちゃくが つかないばあいには
 ちょうろうの ジャッジにゆだねます。
◆ちょうろう なにか ひとこと。
◆おまえさんたち・・・
 ほんとうに
 コイツと たたかうんだな?
◆わるいことは いわない。
◆にげるも ゆうき。
◆・・・どうしても やるというのか。
◆それなら わしは とめん。
◆オケラのつよさを おもいしったか!
◆ん?
◆まさか おまえ
 わざわざ くろうして
 ぜんめつ したんじゃねーだろうな?
◆ほんきで こい! ほんきで!
 じゅんびは いいか!
   はい   いいえ
◆じゅんびは できたか?!
   はい   いいえ
◆しのごの いうな!
◆ゴングは なった!

◆いのちしらずめ!
◆ゴングは なった!

◆まいった! まいったまいった!
◆こんなに つよい オケラのせんしが
 このように かんたんに
 やっつけられてしまうとは・・・。
◆オケラぜんたいの じつりょくが
 あまりなかったと いうことかもしれん。
◆これいじょうは
 また かんがえることにする。
◆しあいは ここまでじゃ。
◆パターンてきに ここで わしらは
 なかよくなるべきだと おもう。
◆なかよくなろう。
◆なにか ようぼうは ないか?
◆じゃ きくが
 やみのドラゴンを
 ふういんしているという
 ハリのばしょを しっているか?
◆オレたちは それを さがしているんだ。
◆ああ ある。
 やみのドラゴンを
 ふういんしているという
 ハリのばしょを しっているか?
◆それを さがしているんだ。
◆・・・はい?
 やみのドラゴンを
 ふういんしているという
 ハリのばしょを さがしていらっしゃる?
◆オケラっていうのは あんまり
 いろんなことに くわしくないんだよね。
◆だけど ちょっかん だけど
 そういう なぞめいたことは
 この オケラホールを ぬけて
 やまのほうに
 てがかりが あるとおもうんだよ。
◆と ちょうろうも いいたいとおもう。
◆あやふやだけど。
◆そうじゃ わしも そうおもう。
◆やまじゃ!
◆オケラホールを ぬけて
 やまへ いけば よいのじゃ!
◆きっと そうじゃ!
◆やまか・・・。
◆ほかに あてもないことだし
 そっちに いってみることにするよ。
◆それはそうと おまえたち。
◆そのハリで ふうじられているという
 やみのドラゴンについても
 しらないのか?
◆やま・・・か。
◆じゃ そっちに
 いってみることにするよ。
◆それはそうと おまえたち。
◆そのハリで ふうじられているという
 やみのドラゴンについても
 しらないのか?
◆・・・はい?
 そのハリで ふうじられているという
 やみのドラゴンに ついて
 なにか しっていること・・・ですか?
◆しらないです。
◆ほんっとに ぼくらは オケラですから。
◆ちょうろうとはいえ
 たかが オケラですから。
◆ぜんたいに じつりょくがないので・・・
 ざんねんです。
◆せめて ぼくたちにできること・・・
 とおせんぼしてる レンコンを
 かじって どかすとか そういう
 おてつだいを させていただきます。
◆へぇ〜 ドラゴンかぁ・・・
 すごいんだろうなー。
◆すごいんじゃろうなー。
◆きょうは べんきょうになった
 いろいろと。
◆ちかにねむる やみのドラゴンのこととか
 それを ふうじている ハリのこととか
 じぶんたちが
 いがいに よわかった こととか・・・。
◆いやー ながいきは してみるもんじゃ。
◆あんたがた わしら オケラを
 いろいろと コンサルして くれんか?
   はい   いいえ
◆ありがとう。
◆なるべく めいわくは かけんから
 わしら オケラを
 おおきな そんざいに そだててくれ。
◆そうか そうじゃろうな。
◆できるかぎり めいわくは かけんように
 あんたがたから いろいろ
 まなぼうとおもうが よろしくたのむな。
◆まず てはじめに オケラなりの
 あきないを やってみたいとおもう。
◆どこかで あったらよろしくな。
◆そうだ。
◆オケラホールを ぬけるなら
 オレの あ いや ぼくの
 オトートを つれていくと いいです。
◆ちっこいですけど
 じょうぶな やつです。
◆グッズあつかいしてやって
 だいじょうぶッス。
◆オラオラ オトート!
 でてこいやぁ!!
◇オケラのオトートを もらった!
◆オケラホールのなかで まよったら
 この オトートに たのめば
 いつでも ここに もどってこられます。
◆・・・そうだろうっ! オトート!
◆しっかりせえよ! オトート!
◆ただ なさけねぇことに オトートは
 おひさまの ひかりが
 なにより にがてです。
◆オケラホールの そとには
 つれだせませんから
 きを つけてください・・・。
◆そうだろうっ! オトート!
◆あっ グッズが いっぱいで
 オトートを つれていけないようですね。
◆フガフガ ムニャムニャ・・・
 すばらしい ひびじゃ!
◆ちょうろうは あんたたちに あって
 あたらしい しげきを うけたせいか
 すっかりやるきになって
 ねているぞ。
◆ちょうろうは なんでもしっている。
◆ちょうろうは せけんが ひろい。
◆オレたちは オケラ。
◆あなを ほって くらしている。
◆ひじょうに プライドが たかい。
◆オレたちは オケラさん。
◆あなを ほって くらしているが
 ひじょうに こしが ひくい。
◆オケラは なんでも しっている。
◆たいがいのことは しっている。
◆あなの ほりかたとか
 ケンカの かちかたとか。
◆レンコンのようなものは うまい。
◆あなまで うまい。
◆この オケラホールは ひろいよー。
◆オレたちと ムダばなしでも してないと
 たいくつするよー。
◆まがりかどが あったら
 いつでも まがる。
◆かならず まがる。
◆ぜったい まがる。
◆それが このオケラホールを
 ぬける コツなんだ。
◆かぎりなく せいかく だけど
 やくにたたない ちずを あげよう。
◆そう・・・ですよね。
◆セーブは カエル・・・
 それいがいは インチキ。
◆そんなふうに おもわれてるかも
 しれませんよね・・・。
◆じゃっかん ですが
 むねんです。
◆おきをつけて いってらっしゃい!
◆つぎにあう カエルさんによろしくね!
◆しんはつばーい。
◆オケラホールめいぶつ
 「せいじつダンゴ」です。
◆うれても うれなくても
 あきないの れんしゅうなので
 まいにち つくって
 ならべてるんですよー。
◆きょうも できたてでーす。
   はい   いいえ
◆わかりました べんきょうになりまーす。
◆せいじつ ですけど
 おいしくない ですからねー。
◇しんはつばい ちょうろう ごすいせん!
◇まいにち できたて つくりたて。
◇しょうじきものが つくる
 「せいじつダンゴ」
◆オケラホールを ぬけたさきに
 いきたいだって?
◆あっちのほうは なんか
 なぞめいてるよねー。
◆おれは ゆうきが ないから
 こわくていけないな。
◆かどが あったら
 いじでも まがる。
◆そうすれば いつか オケラホールの
 むこうへ たどりつける。
◆じぶんを しんじて
 まっすぐじゃなく つきすすめ!
◆いっきょく うたおう!
♪まがりくねった みちだけど〜
 おれが えらんだ みちじゃない〜
 グチを いうまい ガマンして〜
 まがりくねった みちをいく〜
 おれが えらんだ みちじゃない〜
 だれが えらんだ みちだろう〜
◆オケラいがいに あうのって
 めずらしいんだ。
◆ちょっと かじらせてくれる?
◆それが ダメなら
 ちょっと なめさせてくれる?
◆ダメ? ダメか。
◆わざわざ ここまで
 はなしかけに きてくれたのか。
◆そのせいで みちにまようかも
 しれないのに・・・。
◆なかせるなぁ。
◆まがりかどでは かならず
 まがること!
◆まがりかどでは なにがあっても
 まがること!
◆そうすれば みちに まよう
 ことはないの!

7章-ブレイクタイム

 生まれたときから
 つよい人なんて いない。
 人は じぶんのちからでは
 どうしようもない場面に 出会い
 おびえたり ふるえたりしながらも
 逃げないことを おぼえ
 すこしずつ
 つよくなっていくものなのだ。
 [リュカ]も
 そうして つよくなってきた。
 じぶんのために
 つよくなったのではなかった。
 つよくならないと
 困っているだれかを 助けるための
 ちからになれないから・・・
 だから つよくなってきたのだね。
 [リュカ]
 いまでも ときどき見せる
 君の えがおの中には
 甘えん坊で 泣き虫だった
 幼いころの 君が見える。
 よく ここまで きたね。
 まだまだ
 何が起こるかわからないけれど
 君を 信じている人たちが
 こんどは きっと
 君のちからになってくれる。
 君が みんなを信じればいい。
 目の前に見える
 小さくても 光っている
 何かのほうに向かい
 進んで行くがいい。
 闇ではなく
 光のほうに 顔を向けて行け。
 [リュカ]
 そして なかまたち。
 君たちが 追いつめているんだ。
 敵は 追いつめられている。
 恐れることは なにもない。
 だれもが 君たちを
 信じて 見守っている。
 みんなが こころのなかで
 君たちに
「ありがとう」と言っているのが
 聞こえるかい?

7章-幻覚

◇ポストの ふたが
 あいている・・・。
◇なかを のぞいてみますか?
   はい   いいえ
◇なかには はがきが
 たくさんはいっている。
◇よんでみますか?
   はい   いいえ
◆[リュカ]という しょうねんが
 おはかで ないています。
◆[リュカ]という しょうねんが
 イヌと もりを うろついています。
◆[リュカ]という しょうねんが
 やまおくで わるさを しています。
◆[リュカ]という しょうねんが
 うちのにわの ナッツを
 ぬすんでいました。
◆[リュカ]という しょうねんが
 いきものを いじめていました。
◆[リュカ]という しょうねんが
 わるい まほうを おぼえていました。
◆[リュカ]という しょうねんが
 ・・・・・・
◆[リュカ]という しょうねんが
 ・・・・・・
◆[リュカ]という しょうねんが
 ・・・・・・
◆[リュカ]という しょうねんが
 ・・・・・・・・・
◇ポストは ものすごい
 ひめいを あげた。
◇ポストの なかから
 だれかが のぞいていた!
 ・・・ように みえたが
 きのせいだった。
◇ポストには むすうの
 さけびごえが はいっていた。
◇ポストには どこまでも つづく
 くらやみが つまっていた。
◇ポストには じぶんの なきごえが
 はいっていた。
◇ポストのなかは
 まったくの からっぽ だった。
◇いくつも いくつもの からっぽが
 わきあがっていた。
◇ポストのなかには
 きれいな ちょうちょが
 たくさん はいっていた。
◇ポストのなかから だれかが
 のぞいていた!
 ・・・ように みえたが
 むこうからも のぞいていた。
◇!
◇なにも はいっていなかった。
◇ポストには くさりきった
 [すきなたべもの]が はいっていた。
◆[ダスター]よ・・・。
◆おまえの ひだりあしが
 ふじゆうに なってしまったのは
 わしのせいじゃ。
◆わるかったのう・・・。
◆もう どこへもいくな。
◆わしと いっしょにかえろう。
   はい   いいえ
→はい
◆そうか そうか・・・。
◆それなら いっしょに
 つれていって やろうかのう。
◆とおくて くらいところへ!
◆そうか そうか・・・。
◆そうじゃ!
◆[クマトラ]ヒメも いっしょに
 つれていって やろうかのう。
◆とおくて くらいところへ!
→いいえ
◆おやふこうものが。
 だれもかれもが なくぞ。
◆[リュカ]。
◆[ヒナワ]は どこじゃったかのう。
◆[ヒナワ]を みかけんかったか?
   はい   はい
◆そうか それなら
 いますぐ つれてこい。
◆おまえは しってるんじゃろう!
◆ねえ [リュカ]。
 なにやってるの?
◆たのしそうだね!
 ぼくも まぜてよ!
   はい   いいえ
→はい
◆やった!
◆じゃ ぼくは いちばんうしろ!
◆よろしくね!
◆[リュカ]。
 [リュカ]。
◆ぼくは
 [クラウス]。
 [クラウス]。
◆[リュカ]の めには みえない
 [クラウス]。
→いいえ
◆まぜてくれないの?
 どうして? どうして?
◆どうして まぜてくれないの?
◆ねむりなさい。
 まっくらな なかで。
 なーんにも しないで。
 だれとも あわずに。
 ただ ねむってなさい。
◆たーのしいわよー。
 ほほほほほ。
◆なぐってやる。
 おまえを なぐってやる。
◆おとうさんが
 おまえを なぐってやる。
◆そろそろ ばんめしの じかんだな。
◆[ヒナワ]も
 そろそろ かえってくるだろう。
◆なに? かえってこない?
 おまえが なにかしたのか?
◆え おれが したのか?
 [ヒナワ]が かえってこない?
◆おまえは だれだ?
 おまえが したのか?
◆ばんめしの じかんだ。
 ばんめしの じかんだ。
◆めしを くってないのか?
◆めしを くってないのか?
◆めしを くってないのか?
◆めしを くってないのか?
◆めしを くってないのか?
◆めしを くってないのか?
◆わしわしわしの かおかおかおかおに
 なになになにか ついついついて
 おるおるおるおるおるのかのかのか??
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆おまえが こわいぞ。
 ここわわくくてて たたままららんん。
◆かあさんが まっているよ。
◆[すきなたべもの]が できたって
 まっているよ。
 まっているよ。
◆まっているんだよ!
◆わたしを みなかった?
 どこいったのかしら?
◆あなた
 かくしたでしょ?
◆やった!
◆ひさ しぶ りに ご  はんに
 あ りつ けるぞ!
◆みんなが おまえを まっているんだ。
◆おまえに いしを ぶつけて
 つばを かけて
 ひどいめに あわせてやろうと
 まっているんだよ。
◆みんなって・・・?
 おまえの すきなひと ばかりだよ。
◆ぼくと とりかえっこ しようよ。
◆ぼくと とりかえっこ しようよ。
◆[リュカ] [リュカ]
 ぼくと とりかえっこ しようよ。
◆きみのほうが・・・
 きみのほうが・・・。
◆なに? ハリをぬく?
 そんなものが どこにあるんだ。
◆そんなものは ない。
 はやく かえろう。
◆ハリ ハリだって?!
 おまえが ハリか?
◆ばかなことを いってるんじゃない!
 おまえを ぬいてやる。
◆[リュカ]!
 やっと あえたね。
◆ぼくだよ [クラウス]だよ。
◆ぼくの しんぞうを さわってくれ。
 どきどき うごいているだろう。
◆[リュカ]!
 もうなにも しんぱいは いらない。
◆[クラウス]だよ ぼくだよ。
◇とびらは かたくとざされている。
◆ゴングは なった!
◆おまえは よわい!
 おまえは よわい!
◆レンコーン!
◆チミたち チミたち
 ハリが? ハリが?
 ハリが ささったのか!
◆あずかるぞ!
 ハリを あずかるぞ!
◆ぼんよよよん。
 ごようですね?
   はい   いいえ
◆こんにちは アイスクリーム。
 わたしに まるごと なめさせて。
◆もちろん しゃべれますよ。
◆[リュカ]のせいで
 ひどいめに あったってこと
 いくらでも しゃべれますよ。
 [リュカ]が。
 [リュカ]が。
 [リュカ]が。
 [リュカ]が。
◆おまえさん だれじゃったかのう。
◆おまおまおまえさんさんだれだれだれだれ
 じゃっっっったかのう。
◆ひゃはははははははは!!
◆[クマトラ]ヒメは
 ヒメなんかじゃない。
 [クマトラ]ヒメは
 ヒメなんかじゃない。
◆だれにも あいされない
 ぼうっきれのような おんなのこ。
◆ウソばっかり
 ウソばっかりじゃ。
◆おまえのほうが ウソばっかりじゃ。
◆ほんとが ウソで
 ウソが ほんとじゃ。
◆おまえは おまえは みんな ウソじゃ。
マザー3(MOTHER3)攻略Wiki トップページに戻る
最終更新日:2020年06月06日 (土) 18:34:36   HTML convert time:0.001 sec.
今日:3   昨日:4   累計:15045