ZAPAnet総合情報局 > ZAPAブログ2.0 > 雑記 > 【約500円】USB 簡易電圧・電流チェッカーを買ってみた

【約500円】USB 簡易電圧・電流チェッカーを買ってみた

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年07月18日 カテゴリ:雑記
モバイルバッテリーやiPhone用の充電ケーブルを手に入れていく中で、「ちゃんと電圧と電流をチェックしたいなぁ」と思うことが増えてきました。「iPad急速充電の2.1Aに対応」と書かれていても、正確な電流まではわからなかったりしましたので。

USB用の電流チェッカーはいくらくらいするのだろうとアマゾンで調べてみたら、予想以上の安さに驚きました。
電流と電圧を同時にチェックできるタイプで1,380円くらい。電流と電圧を交互にチェックできるタイプだと、なんと500円台!

「なにー、そんなに安かったのかー」ということで、即注文。メール便送料込みで、注文時524円でした。

上記商品の基本タイプは、「あわせ買い対象商品」のため、2500円以上注文したときにしか送料無料になりませんが、マーケットプレイスからの注文なら合わせ買いしなくても大丈夫です。マーケットプレイスから、メール便送料無料で送ってくれるショップで注文しました。今調べてみると、さらに安くなっていて515円で買えるみたいです。


さて、届いたUSB 簡易電圧・電流チェッカーは、「USB CURRENT & VOLTAGE METER」という商品名で、このようなパッケージになっていました。
USB 簡易電圧・電流チェッカー


裏側には、簡単な使い方と説明が載っていました。iPhoneの充電の場合は、0.90A〜1.10Aが正常で、もし0.85A未満ならケーブルか電源を疑え、と書かれています。
USB 簡易電圧・電流チェッカー


チェッカー本体を取り出してみました。CHARGER Doctorという名前のようです。
USB 簡易電圧・電流チェッカー


USBのIN/OUTに、それぞれのUSB機器をつなぎます。
USB 簡易電圧・電流チェッカー


税抜き500円以下とは思えない、まともな造りです(表面のプラスチックには、少しこすったような傷がありました)。
USB 簡易電圧・電流チェッカー


先月もらった「Lumsingの10400mAhモバイルバッテリー」につないでみました。青いスケルトンタイプの本体は、意外と格好良いです。
USB 簡易電圧・電流チェッカー


モバイルバッテリーの電源を入れ、USBケーブルに何もつながないと、流れる電流は0.00A。赤くデジタルで表示されます。
USB 簡易電圧・電流チェッカー


時間が経つと自動で表示が切り替わり、電圧は5.08V。電流と電圧の交互表示です。
USB 簡易電圧・電流チェッカー


この前買った「MicroUSB Lightning 変換アダプタ」をUSBケーブルに適当に取り付け、iPhone5につないでみました。結果は…0.70A?
USB 簡易電圧・電流チェッカー


iPhone本体の充電が99%だったため、保護回路が働いて、どうやら電流が抑えられているようでした。電流のチェックをするときは、充電するモバイル機器のバッテリー残量を減らしてからでないと、正常な値がチェックできないようです。

iPhoneのバッテリー残量を減らして、純正の充電ケーブルをつないだ場合は、1.01Aでした。変換アダプタを使った場合は0.85Aくらいで、少し出力が足りないようです。15%減くらいなら、十分充電用の変換アダプタとして使えます。このチェッカーが正常に動作していることも確認できて良かったです。仕様では、測定誤差は「電圧 +/-1%未満 、 電流 +/-2%未満」だそうです(元々ノーブランド品なので、今回届いたチェッカーが本物か偽物かはわかりませんが)。


約500円のUSB 簡易電圧・電流チェッカー、安いのになかなかの優れものでした。使い方は簡単ですし、表示も見やすいです(手前から見ると、下側のCHARGER Doctorの文字が少しだけ邪魔ですが)。便利なので、もっと早く買っておけば良かったです。今度からUSBモバイルバッテリーなどを手に入れたときは、このチェッカーでチェックしてみようと思います。

追記QC2.0対応、積算機能付きUSB簡易電圧・電流チェッカーを買った



関連リンク