ZAPAnet総合情報局 > スマブラX攻略+ファンサイトWiki > モンスターボール

モンスターボール

TOP

ポケモン一覧

一度モンスターボールからポケモンを呼び出すと、出したプレイヤー以外の相手に攻撃する。
ただし、中でも敵味方問わず攻撃するタイプもいるので要注意。
他にも出現率はかなり低いが、幻のポケモンが出現してご褒美をくれる事があるので、狙うようにモンスターボールを使用しよう。
今回は新たに『ルビー・サファイア』と『ダイヤモンド・パール』のポケモン達が登場。
通常の数は491匹以上だが、今回はその中の31匹が登場する。
しかし、DXに登場したポケモンが全員登場するのではなく、少なくても取り外されてしまうタイプもいる。

ポケモン名出展解説
アチャモルビー・サファイア・エメラルド『オーバーヒート』で周囲に円状の炎で攻撃する。
ウソハチダイアモンド・パール飛び道具として使用。
重くて高くも遠くへは飛べないが、威力は高い。
エンテイ金・銀・クリスタル『ほのおのうず』で頭上を攻撃。
カイオーガルビー・サファイア・エメラルド空中を飛び回り、『うずしお』で攻撃。
カビゴン赤・緑・青・ピカチュウ一度高く飛び上がり、巨大化して『のしかかり』で落下する。
キレイハナ金・銀・クリスタル『ねむりごな』で付近にいる者を眠らせる。
グラードンルビー・サファイア・エメラルド巨大な高熱ボディを触れると吹っ飛ばされる。
ゴクリンルビー・サファイア・エメラルド『のみこみ』で相手を食べる。
ゴンベダイヤモンド・パール特性『ものひろい』で近くにあるアイテムを食べる。
けどモンスターボールは食べない。
サーナイトルビー・サファイア・エメラルド『リフレクター』で円形のフィールドを作り、出したプレイヤー以外の相手を弾き飛ばす。
特に飛び道具系攻撃を弾き返す事も。
ジラーチルビー・サファイア・エメラルド出現率は低いが、シールを大量に落とす。
スイクン金・銀・クリスタル前回DXでは『ふぶき』だったが、今回は『れいとうビーム』で攻撃。
貫通式で一直線に撃つ他、凍結可能。
セレビィ金・銀・クリスタル出現率は低いが、フィギュアを数個落とす。
ソーナンス金・銀・クリスタル攻撃を受けると左右に振り回り、『カウンター』で敵味方問わず吹っ飛ばす。
チコリータ金・銀・クリスタル『はっぱカッター』で相手に攻撃する。
デオキシスルビー・サファイア・エメラルド上空に舞い上がり、『はかいこうせん』で真下に攻撃する。『アタックフォルム』の姿で登場。
トサキント赤・緑・青・ピカチュウ『はねる』を使う。ただそれだけ。
いわゆるスカポケモン。
トゲピー金・銀・クリスタル『ゆびをふる』でランダムに攻撃する。
効果は眠らせる、ダメージ+凍り、爆発、花を咲かせる、画面を真っ暗にさせる、ダメージ回復など。
ニャース赤・緑・青・ピカチュウ64版から復活。『ねこにこばん』で攻撃する。
ヒトデマン赤・緑・青・ピカチュウ一人の相手に狙いを定めて、『スピードスター』で連射する。
ファイヤー赤・緑・青・ピカチュウ『ゴッドバード』で触れると大ダメージ。
ホウオウ金・銀・クリスタル背景に移動し、『せいなるほのお』で攻撃。
ポッチャマダイヤモンド・パール『なみのり』で体当たりする。
前回DXのマリル同様だが、こちらは体当たり中波打ちで相手を流す。
マナフィダイアモンド・パール『ハートスワップ』で一時的に操作キャラを入れ替わる。
一定時間が経過すると戻るが、入れ替わり中ダメージは自分の体の物が引き継がれ、
相手の体でミスしても自分のミスになる。
マニューラダイアモンド・パール『つじぎり』で攻撃し、当たってしまうとふらふら状態になる。
マルマイン赤・緑・青・ピカチュウ『だいばくはつ』で敵味方問わず大ダメージに吹っ飛ばすが、不発する場合もある。
爆発寸前や不発後にはアイテム同様投げる事が出来る。
メタグロスルビー・サファイア・エメラルド『じしん』で攻撃するが、足近くにいた場合は地面に埋まってしまう。
ミュウ赤・緑・青・ピカチュウ出現率は低いが、CDを落とす。
ただし、全曲揃った場合はシールを落とす。
ラティアスルビー・サファイア・エメラルド目にも止まらない速さで左右往復で攻撃する。色は赤。
ラティオスルビー・サファイア・エメラルド目にも止まらない速さで左右往復で攻撃する。色は青。
ルギア金・銀・クリスタル背景に移動し、『エアロブラスト』で攻撃する。

前作以前登場したポケモン一覧

Xに64版から復活、またはDXから続投されなかったポケモン達のリストです。

ポケモン名解説
イワーク64版から登場した。
上空に上がって『いわおとし』で岩を降らしていた。
サワムラー64版から登場したが、DXではハッサムに代わってしまった。
『とびげり』で攻撃した。
スターミー64版から登場したが、DX以降からヒトデマンに退化して登場。
Xに復活すると言う噂はあったが、実現しなかった。
『スピードスター』で攻撃するが、ヒトデマンとは違って動きは遅め。
スピアー64版から登場したが、DXではアンノーンに代わってしまった。
団体を呼び出し、『とっしん』で襲撃した。
ドガース64版から登場したが、DXではマタドガスに進化して登場した。
『スモッグ』で周囲にばら撒いて攻撃した。
アンノーンDXではスピアーの代理として登場した。
『めざめるちから』で21種類のアンノーン達を呼び寄せて襲撃した。
サンダーDXから登場した伝説の鳥ポケモン。
『でんきショック』で周囲にいる相手を感電させて吹っ飛ばした。
ハッサムDXではサワムラーの代理として登場した。
相手に飛び掛り、ぶつけた相手を吹っ飛ばした。
ヒノアラシDXから登場したジョウト地方の炎タイプ代表ファーストポケモン。
背中から噴き出す『かえんほうしゃ』で前方にいる相手に攻撃した。
フリーザーDXから登場した伝説の鳥ポケモン。
『こごえるかぜ』で周囲にいる相手を凍結させて吹っ飛ばした。
ポリゴン2DXから登場した。
『たいあたり』で相手に突っ込んだ。
マタドガスDXではドガースの進化形として登場。
『スモッグ』で周囲にばら撒いて攻撃した。
マリルDXから登場した。
『たいあたり』で相手を押し出すように攻撃した。
ライコウDXから登場した伝説の獣ポケモン。
『スパーク』で円形の電気フィールドを作り、周囲にいる相手を感電して攻撃した。
カメックス64版からDXまで登場した。
『ハイドロポンプ』で前方の相手に攻撃したが、逆に激流によって少しずつ下がり、最悪の場合落下した事がある。
フシギバナ64版ではヤマブキシティのギミックとして登場し、『はっぱカッター』で攻撃したが、
DXでは普通にモンスターボールの中から登場し、『じしん』で周囲を吹き飛ばした。
ピッピ64版では『ゆびをふる』でランダムにポケモンの技を繰り出したが、DXではランダムに様々な効果を繰り出した。
ラッキー64版からDXまで登場し、『タマゴうみ』でタマゴを三個も出していた。
タマゴは割るとアイテムを出したり、食べると体力を回復したり、
または『タマゴばくだん』として爆発する事もあった。
64版のヤマブキシティではギミックとして登場し、タマゴを一個だけ出した事もある。
Xに再登場すると言う噂はあったが、実現しなかった。
リザードン64版からDXまで登場したが、Xではポケモントレーナーのポケモンに変わった。
元々は左右に『かえんほうしゃ』を吹いて攻撃した。
スマブラX攻略+ファンサイトWiki トップページに戻る
最終更新日:2020年06月06日 (土) 18:34:37   HTML convert time:0.001 sec.
今日:1   昨日:2   累計:7079