ZAPAnet総合情報局 > ZAPAブログ2.0 > カメラ・写真 > 【PR】タッチパネル付き!TEC.BEAN 手振れ補正搭載4Kアクションカメラ レビュー1

【PR】タッチパネル付き!TEC.BEAN 手振れ補正搭載4Kアクションカメラ レビュー1

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年04月19日 カテゴリ:カメラ・写真
TEC.BEAN 4K 手振れ補正搭載アクションカメラ


DBPOWER LEDデスクライト レビューDBPOWER 4Kアクションカメラ 620C レビューに続き、今回はTEC.BEANブランドのタッチパネル付き手振れ補正搭載4Kアクションカメラをご提供いただきました。

今までのアクションカメラとは違って、センスの良い黒い箱で届きました。全て英語かなと思ったら、日本語で書かれていました。1600万画素、4K、広角170度、Wi-Fi、30M防水が特徴のようです。TEC.BEAN 4K 手振れ補正搭載アクションカメラ


箱の裏には、技適番号が!これは、日本での販売に力が入っている証拠です。安心して、Wi-Fiでアプリ操作できます。
TEC.BEAN 4K 手振れ補正搭載アクションカメラ


オープン!
TEC.BEAN 4K 手振れ補正搭載アクションカメラ


説明書は日本語。初めてタッチパネル搭載アクションカメラに触ります。
TEC.BEAN 4K 手振れ補正搭載アクションカメラ


アタッチメントの説明。イメージセンサーは、安心のソニー製!イメージセンサーが7ソニーIMX078で、CPUがNovatek96660となります。
TEC.BEAN 4K 手振れ補正搭載アクションカメラ


箱の中は左右に分かれていました。
TEC.BEAN 4K 手振れ補正搭載アクションカメラ


防水ケースに入ったアクションカメラ本体と付属品の入った箱です。
TEC.BEAN 4K 手振れ補正搭載アクションカメラ

TEC.BEAN 4Kアクションカメラ 内容一覧

内容一覧。付属品は全て個別に包装されていました。
TEC.BEAN 4K 手振れ補正搭載アクションカメラ


袋から出すとこんな感じです。
TEC.BEAN 4K 手振れ補正搭載アクションカメラ


アタッチメントや両面テープ。
TEC.BEAN 4K 手振れ補正搭載アクションカメラ


360度回るタイプです。
TEC.BEAN 4K 手振れ補正搭載アクションカメラ


簡易ケースにバイク用マウントなど。
TEC.BEAN 4K 手振れ補正搭載アクションカメラ


バッテリーは本体と合わせて2個付きで、専用充電器も同梱!
TEC.BEAN 4K 手振れ補正搭載アクションカメラ


マイクロUSBでつなぐと、バッテリーを2個同時充電できます。マイクロUSBなので、モバイルバッテリーからも充電できます。
TEC.BEAN 4K 手振れ補正搭載アクションカメラ

TEC.BEAN 4Kアクションカメラ 本体

では、TEC.BEAN 4Kアクションカメラ本体を見ていきます。前面に「TEC.BEAN 4K」の文字。前面はカーボン調のデザインになっていてカッコイイです。
TEC.BEAN 4K 手振れ補正搭載アクションカメラ


上部に撮影ボタンとスピーカーの穴。
TEC.BEAN 4K 手振れ補正搭載アクションカメラ


右サイドにボタンはありません。
TEC.BEAN 4K 手振れ補正搭載アクションカメラ


なんと左サイドにもボタンがありません。このアクションカメラ、ボタンはたった一つだけということになります。
TEC.BEAN 4K 手振れ補正搭載アクションカメラ


カバーを外すと、マイクロUSB充電ポートとHDMI出力ポート。カバーで覆われているため、カメラ本体にも防水性があるのかもしれません。
TEC.BEAN 4K 手振れ補正搭載アクションカメラ


背面。こちらには大きな液晶パネル。今まで2インチのアクションカメラをずっとレビューしてきたので、今回の2.45インチの液晶画面はとても大きく感じます。再生ボタンやSDカードスロットもなく、デザインもスッキリしています。タッチパネル搭載アクションカメラだからこそできるデザインです。
TEC.BEAN 4K 手振れ補正搭載アクションカメラ


底部には三脚穴!これがあると、防水ハウジング等を付けなくても直接三脚にカメラをセットできるため、軽量性の面で有利になります。また、技適マークと技適番号も書かれています。
TEC.BEAN 4K 手振れ補正搭載アクションカメラ


バッテリーカバーは安価な外れてしまうタイプではなく、高価なつながっているタイプです。マイクロSDカードは、バッテリーの横に入れるところがあります。
TEC.BEAN 4K 手振れ補正搭載アクションカメラ


バッテリーは予備が一つ付属しているため、計二個。カメラ本体での充電も、バッテリー充電器での充電もできます。
TEC.BEAN 4K 手振れ補正搭載アクションカメラ


サイズ感は、iPhone SEと並べてみるとこんな感じです。レンズのみ飛び出しているわけでなく、レンズの周りまで四角く大きめに飛び出しています。
TEC.BEAN 4K 手振れ補正搭載アクションカメラ


重さはバッテリーを入れた状態で84グラム。軽量なアクションカメラと比べると数値上は少し重いです。とは言え、100グラムに満たないカメラなので、この程度で重いと感じることはありません。
TEC.BEAN 4K 手振れ補正搭載アクションカメラ

TEC.BEAN 4Kアクションカメラ アタッチメント

次にアタッチメントを見ていきます。TEC.BEAN 4Kアクションカメラには、本体に三脚穴が付いているため、三脚を付けるためのケースを装着する必要はありません。その代わりに、各種アタッチメントを取り付けるための半透明ケースが付属しています。
TEC.BEAN 4K 手振れ補正搭載アクションカメラ


カメラにはめて、付属のハンドルバー用アタッチメントに取り付けてみました。問題なく使えます。カメラ本体はやや変わったデザインですが、アタッチメントはGoProなど他のアクションカメラと共通です。
TEC.BEAN 4K 手振れ補正搭載アクションカメラ


続いて防水ハウジング。
TEC.BEAN 4K 手振れ補正搭載アクションカメラ


開けて…
TEC.BEAN 4K 手振れ補正搭載アクションカメラ


カメラ本体を入れて…
TEC.BEAN 4K 手振れ補正搭載アクションカメラ


閉めれば、30mの防水に早変わりです。ケースのサイズもピッタリです。
TEC.BEAN 4K 手振れ補正搭載アクションカメラ


前面の四角い黒枠にオリジナリティを感じます。
TEC.BEAN 4K 手振れ補正搭載アクションカメラ


こうやって見ると、レンズを囲うカバーのサイズに苦労があった跡が見えます。無駄に横幅を大きくせず、ギリギリまで軽量化されています。
TEC.BEAN 4K 手振れ補正搭載アクションカメラ


背面はこのスッキリ具合。画面が大きくて美しいです。
TEC.BEAN 4K 手振れ補正搭載アクションカメラ


そして、サイドに…ボタンがありません!タッチパネルでの操作がメインのカメラなので、防水ケースに入れてしまうと、撮影ON/OFF以外のボタン操作ができなくなります。もし水中で細かいセッティング調整をしたいと考えているなら、ボタン付きのカメラの方が良さそうです。一度セッティングを決めれば、そんなに頻繁に設定は変えないと思いますけどね。
TEC.BEAN 4K 手振れ補正搭載アクションカメラ


iPhone SEとのサイズ比較。
TEC.BEAN 4K 手振れ補正搭載アクションカメラ


重さは防水ケースと下部のアタッチメントまで含めて約155グラム。
TEC.BEAN 4K 手振れ補正搭載アクションカメラ



ということで、TEC.BEAN 4Kアクションカメラの外観をチェックしてみました。2.45インチの大型液晶に、ボタンが一つしか無いスッキリとしたデザイン、専用の防水ケースと、美しいデザインが光るアクションカメラです。「ボタンがないことで操作性はどうなの?」と思うかもしれませんが、これがビックリ…!想像以上の操作性でした!それはまた次回レビューします。


次の記事【PR】タッチパネルすごい!TEC.BEAN 4Kアクションカメラ レビュー2






ブログ読者のために、アマゾンで使えるクーポンコードを提供していただきました。このレビューを書く前は、このカメラの価格は19,999円でした。さすがに少し高いなと感じていたのですが、今ではセール価格で大幅に割引されています。下記クーポンを使うと、そこからさらに20%OFFで購入できるそうなので、ぜひご利用ください。使い方は、アマゾンで商品をカートに投入後、最終画面で下記クーポンコードを入力すればOKです。もし割引表示されなければ何かが間違っていますので、20%OFFされているかどうかを確認してから最終決済してください。
クーポンコード:I9H6HI3G
割引額:20%off
使用期限:2018/7/31まで有効
アマゾンの販売ページTEC.BEAN 4K アクションカメラ