ZAPAnet総合情報局 > ZAPAブログ2.0 > 雑記 > パナソニックの5枚刃ラムダッシュに買い換えた。めっちゃ剃れる!

パナソニックの5枚刃ラムダッシュに買い換えた。めっちゃ剃れる!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年11月25日 カテゴリ:雑記
panasonic ラムダッシュ


ちょうど一年前に、あの髭を剃った夜。じゃなくて、一年前に「【自己責任】ラムダッシュのバッテリーを交換してみた」という記事を書きました。2008年製のNational 4枚刃 ラムダッシュ ES8258のバッテリーがへたってきたので、バッテリーを交換してみたという話です。

バッテリーを交換して、内刃と外刃も更新して、「よし、これで後2年はいけるぞ!」と思ったのですが、その期待には応えてくれませんでした。

バッテリー交換をしてしばらくすると、また徐々に剃れなくなってきて、最近では過去最低の酷い剃り味へと退化してきました。原因はというと、内蔵のリニアモーターからの振動がブレて、力が直接外へと伝わらなくなってきたことです。シェーバーの電源を入れると、ブレた音がします。リニアモーターの寿命か、あるいはリニアモーターの振動を伝える部品のどこかに摩耗が発生して、ブレるようになったのだと思われます。

あまりにも剃れないので、肌に強くシェーバーを押し当てて、振動がうまく伝わるようにして剃ってみたら、「チュリチュリ」という良く剃れる音はしました。内刃の寿命はまだ残っているのに、振動系のどこかが寿命を迎えているようでした。さてどうしようかと悩みました。

剃れない→何度も往復させる→剃れない→力を入れて剃る→深ぞりできない→またすぐ生えてくる

という嫌な悪循環に陥っていたので、思い切って買い替えることにしました。時間がかかると、肌にもダメージがあって良くないです。剃れないシェーバーはダメです。

他のメーカーのシェーバーも考えましたが、調べてみたところ、パナソニックには5枚刃のラムダッシュという、さらに上のランクのシェーバーがありました。

「4枚刃から5枚刃になったら、5/4倍良く剃れるの?4/5倍のスピードで剃り終わるの?」

という疑問がわいてきたので、試しにPanasonicの5枚刃ラムダッシュを買ってみることにしました。Panasonic ラムダッシュ メンズシェーバー 5枚刃 黒 ES-LV54-Kです。
panasonic ラムダッシュ


ちょうど、今年の新製品が出ていたみたいで、それの一つ前の型落ち版が在庫処分で売られていました。しかも、アマゾンで5枚刃だから555円オフクーポンを配っていたので、このクーポンを使って購入しました(クーポンの配布期限はもう終わっています)。

アマゾンから届いて、早速開封。中身は、シェーバー本体、ACアダプター、オイル、ブラシ、ポーチです。ACアダプターは、前回と同じかと思ったら、微妙に端子の形が違っていました。洗浄機については、前回のは洗浄機がすぐぶっ壊れて、中身の液体が漏れ出したので、今回は洗浄機なしバージョンを購入しました。
panasonic ラムダッシュ


5枚刃だけあって、さすがにヘッドのサイズが大きくなりました。
panasonic ラムダッシュ


新たに追加されていた機能、電源ロック機能。ロックできるようになったので、持ち運ぶときに勝手に電源が入ってしまう心配はなさそうです。ヘッドが大きいので、あまり持ち運びたくはありませんが。
panasonic ラムダッシュ


ここが5枚刃。ステンレス刃物鋼5枚刃です。
panasonic ラムダッシュ


でも、中身は今までと同様2枚でした。30°鋭角ナノエッジ内刃。リニアモーター駆動は、約14000ストローク/分にパワーアップしています。
panasonic ラムダッシュ


外観や持ったときの感触は、今までと変わりました。
panasonic ラムダッシュ


前回のは銀色でもう少し高級感があったのですが、今回のはプラスチック感が強く、若干安っぽくなりました。代わりに、灰色のラインなどが入っていて、滑りにくく持ちやすいデザインになっていました。
panasonic ラムダッシュ


MADE IN JAPAN。おそらく、パナソニックの彦根工場で作られています。彦根の職人による、良く剃れるシェーバーです。
panasonic ラムダッシュ


FREE、LOCK、キワゾリ刃の切り替えはここになりました。密着トレースヘッドは、左右だけではなく、前後にも動くようになりました。
panasonic ラムダッシュ


キワゾリ刃。
panasonic ラムダッシュ


5枚刃だから、どれだけ重くなったのかと心配していましたが、持ってみると、軽い。古い方と持ち比べてみても、ほとんど変わらない重さ。重さを量ってみたところ、190gでした。前回のが182gだったので、わずか8gの重量増です。重すぎて困るというような負担はありません。今までとほとんど同じです。
panasonic ラムダッシュ


で、5枚刃ラムダッシュを使ってひげを剃ってみたところ、めちゃくちゃ剃れる!

いや、どうせ最初だけでしょ、とか思って、約半月使ってみましたが、間違いなく良く剃れます。中央の刃がピッタリ当たったところは、今までのラムダッシュと同じような感じです。違うのは、4枚刃から5枚刃になって、設置面積が増えていること。また、フィニッシュ刃(厚さ60μm部分で肌をガードしながら、41μmの薄刃部分でヒゲの根元からとらえる)、くせヒゲリフト刃(アゴ下の寝たヒゲをすくい上げ、根元からカットする)、肌にぴったり沿うマルチフィットアーク刃、あらゆるヒゲをとらえる密着トレースヘッドの合わせ技により、明らかに剃る時間が短縮しました。

ただ刃の枚数が増えただけだったら、たいした実感は得られなかったと思います。この5枚刃ラムダッシュは、うまく髭をとらえるための複数の技術が組み合わさっていて、結果として刃の枚数の多さが剃り時間短縮に直結する作りとなっていました。

「4枚刃から5枚刃になったら、5/4倍良く剃れるの?4/5倍のスピードで剃り終わるの?」という疑問には、答えが出ました。

「4枚刃から5枚刃になったら、5/4倍以上良く剃れるし、4/5倍以下のスピードで剃り終わる」と。

今まで全然剃れなくなっていたシェーバーで剃っていたのがバカみたいに、良く剃れます。速いし、全然力がいりません。軽く当てただけで良く剃れます。深ぞりもできるようになって、かなり良いです(肌への負担の感じとかは、今までのラムダッシュと同じような感じです。ラムダッシュが嫌いな人には勧められません)。アゴの下の部分とか、剃り残しやすいところは、相変わらずそり残しやすいのですが(そり残しというか、深く剃れなくてボツボツしてしまう現象。個人差あり)、他のシェーバーだともっと剃りにくいですし、現時点では最高の電気シェーバーです。今まで使ってきた中で、最高のシェーバーだと断言できます。

良く剃れる→剃る時間が短い→深ぞりできる→なかなか生えてこない→バッテリーも長持ち

という好循環に生まれ変わりました。剃る時間が短縮されたので、バッテリーの持ちも良くなりました。耐久性(刃とバッテリーとモーター周り)の面でも、使用時間は短ければ短いほど良いと思います。

あとは、ヒゲセンサーなる「ヒゲの濃いところはパワーアップし、ヒゲの薄いところはパワーセーブするので、肌に余分な負担をかけずに剃れる」機能が付いています。これは、試しに使ってみてすぐにやめました。センサーが働いてパワーがアップダウンすると、それに応じて、振動音が変わります。これがけっこう不快です。普段からうまく剃れるところなのにパワーアップしたり、満足いく深ぞりができなくて何度も往復させているのにパワーダウンしたり、何となく自分の使い方と合わないので、ヒゲセンサーは使わずパワー一定のノーマルモードで使っています。ノーマルモードの方で問題なく使えています。それと、ヘッドが大きくなっても、鼻の下が剃りにくくなるようなことはありませんでした。PHILIPSのセンソタッチ3Dだと、鼻の下を剃るにはコツが必要でしたが、ラムダッシュは普段通りで問題ありませんでした。


ということで、パナソニックの5枚刃ラムダッシュに買い換えたわけですが、めちゃくちゃ良く剃れて、満足しています。