ZAPAnet総合情報局 > ZAPAブログ2.0 > ゲーム全般 > ゲームは1日1時間の裏側

ゲームは1日1時間の裏側

このエントリーをはてなブックマークに追加
2009年03月15日 カテゴリ:ゲーム全般
高橋名人が「ゲームは1日1時間」の裏側を語ったことで話題になっています。


(写真は、2008年の東京ゲームショウ時のもの)

実は、このブログでも、約4年前に同じことを聞いてみたことがあります。
あの時は、
TVゲームも遊びの文化のひとつにはなったけれど、でもそのひとつだけを遊んでいるのはやっぱりダメで、いろんな遊びをするから、いろいろと成長するんです。

大人になってから高橋名人に聞いてみた-「ゲームは一日一時間」の真相
と言っていました。今回は「ハドソンの事情」も含めて語られたみたいです。

当時どれだけすごかったかは、この動画を見ればわかります。

テレビを意識して解説しながら、ずっと連射を続けています。

スターソルジャーは、何年か前にPSP版スターソルジャーをプレイしましたが、やっぱり連射はオートにしないときつかったです。

これだけのゲームテクニックを持っているからこそ、高橋“名人”という存在でいられたのではないでしょうか。

あれから20年以上が経過して、ゲームは子供のものという認識から、老若男女誰でも楽しめるものに変化したのは、高橋名人のおかげかもしれませんね。

関連リンク

スターソルジャー
ハドソン
2005-07-21

by [Z]ZAPAnetサーチ2.0