山頂の町

TOP

おばば「ここは宿屋じゃ
めし付きで500ギタンじゃが
とまるのかの?
→とまる
おばば「旅立ちなさるか。
道中 気をつけてのう
→やめとく
おばば「やすみたくなったら
いつでもおいで。

町のおじいさん「このネブリ山も
昔は鉱山として さかえてたんじゃよ。
町のおじいさん「わしも 若いころは
つるはしを持って よく掘ったもんじゃ。
町のおじいさん「今じゃ このとおり
カサハリして くらしておるがのう。

二番弟子「ここは いだいな とうげい家
ガイバラ先生の やしきだ。

三番弟子「この世に出回っている壷の
ほとんどが 先生の作品だ。

四番弟子「先生の代表作は
『底ぬけの壷』だ
この壷で先生は 人間国宝になられた。

五番弟子「今 先生は新しい壷の創作に
とりかかっている。
しかし なかなかうまくいかないようだ。

とまり客のカズラ「おれは
山霊の洞窟から先に行けないんだ。
とまり客のカズラ「炎につつまれた怪物が
やっかいでよぉ。
とまり客のカズラ「あいつには 矢とか草とかを
投げても全部 もやされちまう。
とまり客のカズラ「それに 火炎を あびると
レベルが上がり・・・・・・ 爆発をあびると
分裂しちまうんだ。
とまり客lのカズラ「あんたも
気をつけた方がいいぜ。

トシオ「この店とも もうお別れです・・・・・・。

番人「ここは あずかり場です。
番人「あずかり場に 道具を 置いておけば
決して なくなったりしないので
大切な物は ぜひ保管してください。

飛脚のトビ「よう 大将!
ここ おれン家なんだ ガハハハ。
飛脚のトビ「ところで これは聞いた話なんだが・・・
飛脚のトビ「ネブリ山の廃坑(はいこう)や
洞窟には 盗賊が残したまいぞう金の
ウワサがあるんだ。
飛脚のトビ「なかなか 見つからないようだがな。

風来人「こっからテーブルマウンテンが
一望できるんだ。
風来人「このあいだは 学者が
太陽の大地までの キョリを
はかっていたなあ。
風来人「渓谷の宿場から
だいたい30地形ぐらい はなれて
いるんじゃないかって 言ってたぜ。

五番弟子「ここは 先生が作られた
壷の展示場(てんじじょう)です。
五番弟子「もちろん 買うこともできますが
今は先生の創作が はかどらず
売り物がありません。

※ガイバライベント5後
五番弟子「先生の創作も はかどってきたので
もうすぐ展示場「てんじじょう)に 壷が
ならぶようになるとおもいます。

※ガイバライベント6後
五番弟子「先生の創作も 一段落したので
やっと展示場(てんじじょう)に 壷が
ならぶようになりました。

※ガイバライベント6後
サルヤマ「先生も 合成の壷の完成で
さすがに ほっとしているようです。