ZAPAnet総合情報局 > 聖剣伝説4・DS(COM)・HOM攻略Wiki > HOM/ストーリー

聖剣伝説HOMストーリー

TOP

それは遠い遠いむかし、マナの女神の生まれる、ずっと以前の話。
どことも知れぬはるかな次元にて、ひとりの大魔女が世界を闇におとしいれた。

魔女の名はアニス---。

魔女は樹の守り人によって討ち滅ぼされたが、その闇と呪いは、
あまたの次元をつらぬいて、あらゆる世界にふりそそいだという…。
そしてまた、べつの伝説は語る。
かつて世界がまだ暗黒に閉ざされていた頃、マナの女神は世界を滅びに導くという、
災厄の化身である神獣をマナの剣によって打ち倒し、これを八つの要石に封じた。
闇は去り、かくして世界の創造はなされた、と。
そののちに女神は、一本の年ふりた大樹に姿を変えた。
人知れぬはるかな聖域で、マナの樹とその剣は、いまも世界を見守り続けているという。

それから、どれだけの歳月が流れただろう。
世界は、つかの間の、のどかなまどろみに包まれていた。
今、おそるべき闇のとばりが世界に降りようとしている。

南海の小島の、古き王国ペダン…。
その冷たく鋭い魔の爪が、穏やかな世界の眠りを引き裂こうとしていた---。
聖剣伝説4・DS(COM)・HOM攻略Wiki トップページに戻る
最終更新日:2020年06月06日 (土) 18:34:37   HTML convert time:0.001 sec.
今日:3   昨日:0   累計:11298