ZAPAnet総合情報局 > ZAPAブログ2.0 > 国内 > 【安い】一泊1400円で朝食付きの大阪の宿に泊まってみた

【安い】一泊1400円で朝食付きの大阪の宿に泊まってみた

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月02日 カテゴリ:国内
ロシアのカレー王子絶賛のカレーを食べに行くために、神奈川から大阪まで1500円の夜行バスに乗ってみたわけですが、せっかく大阪に行くなら、日帰りではなく一泊しようと考えました。行きも夜行バスで帰りも夜行バスでは、体力的にもキツいと思いましたので。一泊して休めば、行きも帰りも夜行バスでいいかなと。

さて、宿泊先は…平日ということもあり、ビジネスホテルの予約も4000円台からありました。でも、今回はもっと安いところを探してみることにしました。一度そういうところに泊まってみたかったんです。ネットで探してみると、大阪には安い宿がたくさん出てきます。一泊1000円台から選び放題です。まさかこの価格で朝食付きはないだろうなと探してみると、ありました!

「大阪の安い宿…まさかドヤ街か…?」と場所を確認してみると、道頓堀でした。写真も綺麗そうだったので、この宿を予約。

場所は本当に繁華街で、この有名なグリコの場所から歩いて5分のところでした。
大阪 ホテル


法善寺横丁を抜けてすぐのところにありました。
大阪 ホテル


ロアホステル道頓堀。普段は一泊2800円からのようです。ネットから申し込んだら、この日は1400円でした。楽天トラベルからも予約できたので、貯まっていた楽天ポイントを全額使ったら、支払いは0円でした。
大阪 ホテル


さて、お部屋は…?

ベッドルーム

2段ベッドでした!
大阪 ホテル


申し込みページには、「ドミトリールーム(58人部屋) 男女共用 二段ベッド1名分」と書かれていたので、広い部屋に2段ベッドが大量に置いてあるのかとも思いましたが、スペースは区切られていました。廊下から横に入っていく感じです。
大阪 ホテル


中はこのような感じ。色合いがシックで落ち着いていて、なかなか良かったです。カーテンの上半分が透け透けなので、「個室じゃないと嫌!」という人にはまず耐えられません。音も全て筒抜けです。
大阪 ホテル


今回泊まったのは、二段ベッドの上。はしごを使わないと上に行けません。お年寄りには厳しいです。中は暗く、ライトが2つあります。コンセントもあるので、スマホやモバイルバッテリー等の充電もできます。ドミトリールームということで、客室内はうるさいことを予想していたのですが、予想外に静かでした。暗くて静かすぎるので、ビニールの擦れた音でさえ響いてしまうので、逆に気を使います。うるさいかと思っていたのに、静かすぎて困るくらいでした。消灯前は、音楽でも流しておいてほしかったです。
大阪 ホテル

共用ルーム

共用ルーム。ジュースやコーヒーも売られていて、テレビもあります。日本語も外国語も聞こえてくるスペースです。
大阪 ホテル


なんと、紅茶は無料!嬉しいサービスです。
大阪 ホテル


なぜか私物スペースが。ここに住んでいる人も結構いるのでしょうか…?そういえば、受付で「一泊だけ?」と何度か聞かれました。長期滞在する人が多いのでしょうか。
大阪 ホテル


階段はけっこう急でした。
大阪 ホテル


洗濯機。やや生活感があります。
大阪 ホテル

シャワールーム

シャワールーム。色合いも好みで、まだ新しい感じで良かったです。
大阪 ホテル


シャンプーやボディーソープも使い放題。ハンドタオルは、受付時に1つ無料で貸してくれました。ウェルカムドリンクのミネラルウォーターも1本くれました。サービスが行き届いています。一泊1400円なのに。
大阪 ホテル


正直、宿なんて綺麗なところで寝られて、シャワーさえ付いていれば良いとさえ思っている自分なので、これで十分な感じがしました。

寝心地は?

今まで泊まった中で最悪だった宿は、富士山です。富士山は下の写真の狭いスペースに6人が寝袋に入って並んで寝るしかありませんでした。それに比べれば、今回の宿は快適としか言いようがないです。富士山は標高が高いから寒いかと思ったら、人が密集しすぎていて熱気ムンムンで暑すぎて、汗だくになって目が覚めました。寝具のせいなのかホコリのせいなのか、鼻炎アレルギーで鼻水は止まらないし最悪でした。今回の宿は、空調も効いていて涼しいくらいで、不快さはありませんでした。
富士山の宿


気になるところは「音」くらいなので、耳栓は持参していきました。受付で耳栓が30円という良心価格で販売されていたので、耳栓を忘れても安心です。耳栓をして寝るのには少し慣れが必要なので、事前に耳栓を付けたまま寝る練習をしておくと良いです。
大阪 ホテル


夜行バスでの移動で、しかも早朝に大阪に着いてから20km近く歩き回っていたので、この日はもう疲れていました。行く前は、「道頓堀に宿を取ったし、夜は食い倒れるぞ!」とか考えていたのですが、17時過ぎにさっさと宿にチェックインして、シャワーを浴びました。シャワーを浴びたら、外に食べに行こうかなと思っていたのに、疲れて眠くて20時過ぎにはもう就寝しました。途中、ベッドがガタッと揺れたような気がして目を覚ましたら、まだ深夜2時頃でした。眠れなかったらどうしようと一瞬思いましたが、また朝まで爆睡でした。前日の夜行バスに比べたら、足を伸ばして寝られるのは天国ですね。

シャワー浴びて寝るだけなら、この施設で十分です。今どき、スマホ一台あれば、いくらでも時間は潰せますし。

朝食

朝起きたら、同じ部屋に、外国人の女性がいました。男女共用のドミトリールームだけあって、女性もいました。「安全性はどうなの?」と心配になる人はいると思いますが、「さぁ?」としか言えません。一応、貴重品を入れるロッカーの鍵は貸してくれるので、貴重品は盗まれません。

そして、朝食。パン2枚とジャムとマーガリンとコーヒーが無料でした。一泊1400円なのにすごい。
大阪 ホテル

もし、卵やサラダなどが欲しいと思ったら、近所のコンビニにでも行って買ってくれば良いと思います。冷蔵庫も無料で使えるので、名前を書いて入れておけば、前日に買って入れておいて朝食べることも可能です。


ということで、初めて泊まった一泊1400円の宿でした。特に嫌な思いをすることもなく、期待通りのコスパでした。共用部屋なので、周りのうるささに関しては運不運はあるかと思いますが、耳栓を活用すれば乗りきれるんじゃないかと思います(この日はうるさくなかったのでわかりません。あ、スマホの着信音がピロピロ鳴ってる人はいましたが)。チェックアウトも簡単で、ロッカーの鍵を渡しただけで終わりました。

もっと日本全国に、こういう綺麗で安いドミトリールームタイプの宿が増えるといいなぁと思いました。