ZAPAnet総合情報局 > ZAPAブログ2.0 > iPhone・iPad・Android > Taiiti 3in1 Lightning type-c microUSB 充電ケーブル レビュー

Taiiti 3in1 Lightning type-c microUSB 充電ケーブル レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年10月27日 カテゴリ:iPhone・iPad・Android



軽い!薄い!ケーブル内蔵!TSUNEO 10000mAhモバイルバッテリーに合わせて、もう一本3in1充電ケーブルが欲しいなと思いました。iPhoneを充電できるLightning、最近主流になりつつあるUSB-C、対応製品がいまだに多いマイクロUSB、これらが一本のケーブルで賄えると本当に便利です。

今までは【PR】dodocool MFi認定 3in1 変換ケーブル DA120 レビューのケーブルをずっと使っていました。


Amazonで調べたら、dodocool製の3in1ケーブルが在庫切れしていたので、他のメーカーの物を探してみました。変換のアダプタを付けるのではなく、三叉でそれぞれに分かれている面白いケーブルを見つけたので、それを注文してみました。



とても鮮やかなブルーでした。



Lightning、USB Type-C、microUSB、それぞれ独立しています。


こちらがUSBに差し込む方。



端子は3つに分かれています。



Taiitiとメーカー名が書かれています。



ケーブルは長く、1.2m。



iPhone SEとのサイズ感はこんな感じです。



重さは35グラム。3つに分かれていてケーブルも長いので、やや重いです。

充電チェック

Taiiti 3in1 Lightning type-c microUSB 充電ケーブルの出力をチェックしてみました。まずはLightningのiPhoneから。4.95V/0.95Aという問題ない出力が確認できました。



続いて、前回書いた「モバイルバッテリーから単三充電池を充電する方法」の単三充電池を充電するために、マイクロUSBでつないでチェックしてみました。最高で2.1A出るはずですが、そこまでは出ていませんでした。



続いて、マイクロUSBでタブレットに接続…。あ、電流が流れない…



モバイルバッテリーの方に問題があるのかと思って、マイクロUSBケーブルを他の物に代えてみたら、普通に充電できました。



この後、もう一度Taiitiのケーブルをつないで充電しようと試みましたが、電流は流れませんでした。

つまり、このTaiiti 3in1 Lightning type-c microUSB 充電ケーブルは、なぜか相性問題が発生して電流が流れないことがあるということです。


ということで、この3in1充電ケーブル購入は失敗に終わりました。



ライトニングケーブル 充電ケーブル 3in1 type-c 充電ケーブル USB Type C Micro USB ケーブル iPhone android type-c 同時給電可 iPhoneX 8plus 7 7 plus/6 6s plus/iPad/Macbook 多機種対応 1.2m (ブルー)