ZAPAnet総合情報局 > ZAPAブログ2.0 > カメラ・写真 > 【PR】EKEN H9R アクションカメラ レビュー3

【PR】EKEN H9R アクションカメラ レビュー3

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年03月23日 カテゴリ:カメラ・写真
EKEN H9R アクションカメラ


GearBest」さんに提供していただいたアクションカメラ EKEN H9R のレビュー、【PR】EKEN H9R アクションカメラ レビュー1【PR】EKEN H9R アクションカメラ レビュー2からの続きです。 今回は、いよいよ動画を撮って画質等をチェックしてみます。

EKEN H9R FHD 30FPS



まずは、今まで質の良くないアクションカメラで経験してきた「フレームレートが安定しない」「音声が最後途切れる」という問題がないかチェックしました。撮影して確認してみたところ、全く問題ありません。フレームレートは30フレーム毎秒で安定していますし、音声もしっかり記録されています。画質についても、シャープで、降っている雪もキレイに映っています。良いです。

EKEN H9R FHD 60FPS



60FPSになると画質が劣化するタイプのアクションカメラもあります。このEKEN H9Rは60FPSでも問題ないようです。ビットレートは30FPSが約14Mbps、60FPSが約22Mbpsと2倍近くなっています。画質の劣化がないので、必要に応じて1080P30FPSと1080P60FPSを切り替えられます。動きモノなら60FPS、容量を節約したいなら30FPSがいいです。

上位機種のEKEN H6sと比べると、EKEN H9Rには手振れ補正機能が付いていないため、風で煽られると映像がブレます。

EKEN H9R 4K 25FPS



EKEN H9Rは、安価ながらも4K撮影に対応しています。どれくらいキレイな映像が撮れるのかと期待したら…うーん、ぼやけています。たしかに問題なく4Kの大きさで収録はできていますが、画質はゆるく、期待したほどの映像にはなっていません。ビットレートは約60Mbpsもあり、チップセットの方の能力は問題なしのようですが、イメージセンサーの方が追いついていないようです。

EKEN H9R 2.7K 30FPS



続いて2.7K。4Kよりはモヤッと感はありませんが、映像の傾向は4Kと同じです。またビットレートは約62Mbpsと高いです。

EKEN H9R FHD 60FPS 歩きながら



EKEN H9R の FHD 60FPSで歩きながら撮ってみました。やはりEKEN H6sとは違い、手振れ補正機能ありなしの差が出てしまいます(参考→EKEN H6s EIS 4K+ FHD 30FPS 手振れ補正あり - YouTube)。そのまま手持ちではどうしてもブレます。歩きながらキレイに撮るには、補正用のジンバルなどが必要です。

EKEN H9R レビューまとめ

ということで、EKEN H9Rについてまとめておきます。さすがはEKEN製だなと感じたところは、動作の安定度、液晶のキレイさ、フルHDまでの画質の良さ、などです。安いアクションカメラは、ちゃんと映るのか心配だったりもするのですが、EKEN製は大丈夫でした。ソフトウェア周りや動画の安定度なども文句なしです。それに、背面液晶がキレイというところも手抜き感がなくて良いです。一方で、イメージセンサーの限界なのか、4Kや2.7Kはオマケ程度の画質でした。前回のレビューで動画解像度の設定において1080Pが最初で、4Kや2.7Kが下だったので薄々感じていました。やっぱりこのカメラはフルHDでこそ実力を発揮できます。フルHDまでなら、30FPSでも60FPSでも画質は良いです。手振れ補正や4Kでもキレイな映像が撮りたいというのであれば、少し価格は高くなりますが、上位機種のH6sの方が良いと思います。フルHDで十分で手振れ補正もいらない、ということであればこのEKEN H9Rはオススメできます。


GearBestOriginal EKEN H9R 4K Action Camera Ultra HD US PLUG