ZAPAnet総合情報局 > ZAPAブログ2.0 > 音楽 > 【PR】出たー!45グラムの超軽量dodocool製ミニワイヤレススピーカー!

【PR】出たー!45グラムの超軽量dodocool製ミニワイヤレススピーカー!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年09月07日 カテゴリ:音楽
dodocool ミニワイヤレススピーカー


dodocoolさんからクーポンコードをいただき、dodocool ミニワイヤレススピーカーを購入しました。

先日、【PR】驚異的な小ささ!Omaker キューブ型 Bluetoothスピーカー W4 レビューという記事を書いて、「重さ102グラムのワイヤレススピーカーなんてあるのか、軽くて小さいし音も結構いいし、そして爆音!」と驚いたばかりなのですが、今回のdodocool製ミニワイヤレススピーカーはそれよりももっともっと軽い45グラム!!
dodocool ミニワイヤレススピーカー


しかもパッケージデザインも良くて、まるでAppleのiPod nanoみたいな透明なケースに入っていました。
dodocool ミニワイヤレススピーカー


オープン!
dodocool ミニワイヤレススピーカー


中身は、ミニBluetoothワイヤレススピーカー本体、microUSBケーブル、ストラップ、説明書でした。
dodocool ミニワイヤレススピーカー


説明書は、嬉しい日本語表記。
dodocool ミニワイヤレススピーカー


さぁ、45グラムのスピーカーを見ていきましょう。
dodocool ミニワイヤレススピーカー


白い筐体の上部から音が出るデザイン。
dodocool ミニワイヤレススピーカー


底部には、丸いゴムの台座があり、中央にボタンがあります。マイクも付いています。側面にはマイクロUSB充電ポート。
dodocool ミニワイヤレススピーカー


付属のストラップを付けて重さを量ってみたところ、なんと47グラム!驚異的な小ささと軽さです。
dodocool ミニワイヤレススピーカー

dodocool製ミニワイヤレススピーカーを聴いてみて

さて、気になるのは音質です。いくら小さくても、音が悪ければ意味がありません。

ミニワイヤレススピーカー本体の電源を入れて、iPhone SEとBluetoothペアリング。そして音楽再生…!えぇっ!!
dodocool ミニワイヤレススピーカー

「ワイヤレスだから…」とか「スピーカーが小さいし…」とか、そういう心配はどこかへ飛んで行きました。音のこもりもなく、クリアで、音量も大きいです。そして、一番力が入っているのは、ボーカル音。とにかく中高域重視のスピーカーで、ボーカル音がストレートに聞こえてきます。高域も意外と伸び、曲によっては、少し耳に刺さるくらいの高域です。女性ボーカルの「声」を重視した聴き方なら、かなり良いスピーカーです。

欠点は、低音。低域の厚みというものが一切ありません。全能力をボーカル音に向けたような、そういう音作りです。音がこもっていたらボーカル音は台無しになってしまうところですが、その点はクリアなので問題ありません。

それから、スピーカーの音についてですが、当然置き方で音が変わります。台座を下にして、スピーカー面を上に向けるのが正しい置き方です。そうすると、スピーカー台の材質によって音は変わってきます。そこで、置き方を変えて、いろいろ聴き比べてみました。

まずは逆さ置き。スピーカー面を下にして音楽を再生してみました。これだとサラウンドっぽい響きになります。ただ、音が少し安っぽくなります。
dodocool ミニワイヤレススピーカー


横置き。横置きは、ストレートに耳に向けて音を流せるので、音質はクリアで良いです。ただ、スピーカーの形状の問題で、くるくる回って安定しません。
dodocool ミニワイヤレススピーカー


で、見つけ出したのが、空中再生!スピーカーが軽いので、付属のストラップをひっかければ、スピーカーを空中で固定できます。台座を下にしてスピーカー面を上にした基本の再生方法だと、少し音が攻撃的。スピーカー面を下にした再生方法だと、サラウンドっぽい音だが安っぽい。そのいいとこ取りが、この空中再生!
dodocool ミニワイヤレススピーカー


ストレートな音の強さが少し弱まり、やや広がりのある音で聴けます。低音はとても弱いのですが、この音質、けっこう好きです。オーディオ界では、「スピーカー台の材質や厚みをどうするか」という永遠のテーマがあったりします。重いスピーカーでは難しい、「空中再生」という新しい再生方法を、このワイヤレススピーカーを使うことで発見できました。360度どの方向でも音楽を聴けますし、なかなか面白い設置方法です。アウトドアで使うなら、木の枝に引っかければOKです。

音量については、この前のOmaker キューブ型 Bluetoothスピーカー W4ほど大きくはありませんが、大きめです。iPhoneの場合、サイドのボリュームキーを押して最小の1に設定してから、スライドバーで左に引っ張るともっと小さい音に設定できます(でももう少し小さくできると良かった…)。
dodocool ミニワイヤレススピーカー


「本体が小さいのは良いけど、再生時間は?」と気になったので、音楽再生時間を計ってみました。音量小さめで、途中電源を3回ほど切って、合計の再生時間を計ってみたところ、約6時間でした(最後は警告音がうるさいので、バッテリーを限界まで使い切ってはいません)。「本体が小さいので3時間くらいでバッテリーが切れたらどうしよう」と心配しましたが、6時間近くもつのでまずまずです。モバイルバッテリーを持っていれば、3時間で満充電にでき、外で使っても問題ありません。

あと、少々残念だったのは、ワイヤレススピーカーによくある、「操作音の大きさ」。このスピーカーも当然のように、操作音が大きいです。電源を入れたとき切ったときペアリングしたとき、毎回大きい音が出ます。

面白い機能としては、実はこのスピーカーには、ワイヤレスシャッター機能が付いています。スマホとペアリングした状態で、スマホのカメラアプリを起動させると、スピーカーの電源ボタンを押すことでカメラのシャッターが切れます。スピーカー兼ワイヤレスシャッター、持ち歩けばいつでもワイヤレスシャッターも使えるという面白機能付きです。

ということで、45グラムの超軽量dodocool製ミニワイヤレススピーカー(ストラップまで含めると47グラム)は、低音は弱いもののボーカル音のはっきり聞こえるクリアなスピーカーでした。あまりにも軽いので、バッグに入れっぱなしでも負担になりません。今後、活躍してくれる機会が多そうです。




お知らせ:割り引き購入用のコードをいただきました。以下のクーポンコードを、Amazonの購入画面で入力すると、割り引き購入できるそうです。2016年9月30日まで使用可能だということです(クーポンは早期に終了する可能性があります)。
3HR3GBOB