ZAPAnet総合情報局 > ZAPAブログ2.0 > 国内 > 世界で最も美しい駅「金沢駅」の写真を撮ってきた2

世界で最も美しい駅「金沢駅」の写真を撮ってきた2

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年01月05日 カテゴリ:国内
世界で最も美しい駅「金沢駅」の写真を撮ってきたの続きです。今度は金沢駅正面からの写真だけではなく、その他の写真も。

まずはホテルから見る金沢駅。正面は駐車場で、その左に線路があって、その奥が金沢駅になります。



線路沿いに4分ほど歩くと、金沢駅に到着。左側がバス乗り場です。



バス乗り場の方には行かず、真っ直ぐ進むと「もてなしドーム」の下に入ります。もてなしドームは、金沢を訪れる人に差し出す雨傘をイメージしています。もちろんここでは濡れません。


上を見上げると、雪の積もったガラスの天井が見えます。



「JR金沢駅」と書かれた場所の手前側には、エスカレーターと階段があります。世界で最も美しい金沢駅の地下はどうなっているのか。地下については、また次の記事で。



後ろを振り返ると、木製の「鼓門」があります。



足下はこのようになっています。



柱の上に、緩やかな曲面を描く屋根が載っています。



鼓門の先は屋根がありません(別の日に撮った写真が混ざっていますが気にしないで下さい)。



この日は雪が降っていて寒かった日の写真です。噴水のところは、時間の経過とともに文字が変わります。



いいね金沢。



もっと遠くから金沢駅を見るとこんな感じです。もてなしドームの大きさがわかります。



金沢駅の中には、金沢百番街があって、 おみやげ館、あじわい館、ふれあい館、くつろぎ館などが揃っています。おみやげ、食事、買い物など、暖かい駅の中ですべて完結できます。観光に迷ったときは、観光案内所へ。



ここでもらえるガイドブックには、観光地の割引券が付いてあるものもあって、とりあえずもらっておくと便利です。



傘も無料で貸してくれるみたいです。



置き傘MAPなる地図も貼ってありました。



バス案内。毎日運行しているバスと土日祝のみ運行しているバスがありました。平日に金沢市内観光をしたい場合は、東口3番乗り場から「城下まち金沢周遊バス」に乗れば、兼六園、金沢城、茶屋街、武家屋敷などの観光に出かけられます。1日500円のフリー切符もあります。12分間隔で運行していて本数が多く、ぐるっと回ってまた金沢駅に戻ってくるので、迷うこともなくわかりやすいバスです。



それでは、次回は世界で最も美しい駅「金沢駅」の地下に続きます。

世界で最も美しい駅「金沢駅」の写真を撮ってきた3

関連リンク