ZAPAnet総合情報局 > ZAPAブログ2.0 > ゲーム全般 > ファイナルファンタジーXIII発売&初期レビュー

ファイナルファンタジーXIII発売&初期レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
2009年12月17日 カテゴリ:ゲーム全般
今年FF13が発売されることはないと思っていたのだけれど、本当にファイナルファンタジーXIIIが発売されました。うちにPlayStation 3 FINAL FANTASY XIII LIGHTNING EDITIONがあるので、本当に発売されたということだと思います。



スクウェア・エニックスはFFとドラクエの発売をずらして業績の波を防ぐこともできないくらい、数百人の早期退職制度などが重みになっているのかもしれません。あるいはこれ以上FF13を引っ張ってもどうしようもないと判断したか。

肝心のFF13のゲーム内容はというと、FFおなじみのバトル後ファンファーレがなくて盛り上がらなかったり、「イベント→一本道→バトル→イベント…」の繰り返しだったり、ストーリーがなんだか暗いのに登場人物が脳天気だったり、動かすキャラクターがころころ変わったり、華奢な女の子(矢口真里似)がモンスターからダメージを食らってもピンピンしてたり歩き方が変だったり、なぜか宝箱がふよふよ浮いていて30ギルくらい手に入ったり、「母は強しよ」って言われてくさなぎ思い出したり、ベヒーモス改が超弱かったり、ポーションで全員回復したり、戦闘後全回復したり、雑魚戦はボタン連打で終了してランク付けされたり、セーブする時に毎回新規作成にカーソルが合ってたり、なんかそんな感じのゲームです。

もしかしたらまだFF13は発売されていないんじゃないか、と心の中では思ったりもしているのですが、FF13の絵柄のPS3本体があるので、これは夢ではないのだと思います。

某ゲーム雑誌では4人中3人が10点満点を付けたゲームなので、ストーリーを進めるときっと超面白くなってくるのだと信じています。