ZAPAnet総合情報局 > スマブラX攻略+ファンサイトWiki > ヨッシー

ヨッシー

TOP

スマブラX攻略 の ヨッシー を編集するページです。

基本データ

名前ヨッシー
声優戸高一生(収録した彼の声を加工している。)
出現条件最初から
主な出演作ヨッシーアイランド
キャラクター説明ヨースター島に住むスーパードラゴン。『ヨッシー』と言う名前の1匹の恐竜ではなく、『ヨッシー』と言う恐竜の種がいるのである。
『スーパーマリオワールド』から初登場し、当初は乗り物キャラとして登場していた。
マリオに乗り捨てにされるなど、悲劇の的にあったりもするが、その容姿と動作からファンも多い。
マリオブラザーズピーチ姫を背中に乗せた事はあるが、『ヨッシーのロードハンティング』ではプレイヤー自身を乗せた事もある。
その人気は高くなり、やがて自分が主人公として登場するシリーズに出るようになる。
最初は『ヨッシーのたまご』、『ヨッシーのクッキー』、『ヨッシーのパネポン(海外のみ)』と言ったパズルゲームに活躍したが、
もっとアクションシリーズに活躍させるために『ヨッシーアイランド』をスタートさせた。
実はこの作品こそ幼少の頃のマリオとの出会いなのだが、現在のヨッシーとは同一人物なのか、定かではない。
緑色こそが基本的にデフォルトカラーだが、実は様々な色をしたヨッシーも生息している。
『スーパーマリオワールド』では伝説の三色ヨッシーがいて、赤は炎を吹き、青は翼を生えて空を飛び、
黄は地震を起こす能力を持っている。『ヨッシーストーリー』では滅多に登場しない新種の白と黒のヨッシーがいて、
普通のヨッシーより最強と呼ばれている。当初の鳴き声は名前と同様『ヨッシー』だったが、
ヨッシーストーリー』以降では鳴き声が可愛らしく変更。しかも初代の鳴き声の影響なためか、
2ちゃんねるやニコニコ動画などではヨッシーの事を『でっていう』と呼んでいる。ちなみに言葉も話せるらしい。
今でも続いているかどうかは不明だが、以前ヨッシーには『カメ説』が浮上されたらしい。

その他メディアでは、漫画は勿論、海外のカートゥーンにも登場した。
当時の設定は好奇心旺盛の子供っぽい性格の持ち主だったらしく、ピーチよりかなり目立っていたと言う。
月刊任天堂雑誌『Nintendo Power』に連載されていた『スーパーマリオアドベンチャー』では、
マリオルイージの冒険に行動する仲間として登場した。その言葉もどんなに翻訳しようとしても必ず『ヨッシー』であった。
実写の劇場版ではゲームとは全く違って、簡単に言えば小さなベロキラプトルの姿をしていた。

このキャラクターを使う上でのテクニック

どの技も基本的に不思議な感覚を思わせる色物性能。

飛び道具もあるが、斜め上にしか投げれないので使い辛いかも。 対空目的に使用するにしても避けられやすい。

復帰技がなく、二段ジャンプのふんばりジャンプに期待するくらい。 タマゴを投げる時に若干上昇する。

よく分からないがCPUが使うと意外と手こずる仕様。

技の威力も予想の斜め上を行くので割と強い。 しかしお世辞にも使いやすいとは言い難い、とっつきにくいキャラ。

基本能力

体格重さパワースピードジャンプ力ジャンプ回数滞空時間壁ジャンプ壁張りつき滑空しゃがみ歩き
普通重め普通普通普通2回普通不可不可不可

技の種類方向技名強さ(S〜E)備考
弱攻撃-けり→けりけり
強攻撃しっぽ
しっぽつきあげ
しっぽアタック
スマッシュ攻撃スマッシュずつき
まうえずつき
ぜんごずつき
必殺技-タマゴ産み
ごろごろタマゴ
タマゴ投げ
ヒップドロップ
ダッシュ攻撃ダッシュずつき
空中攻撃-ヨッシーキック
かいてんずつき
あばれしっぽ
かいてんしっぽ
ばたあしキック
つかみ-
攻撃つかみかみかみ
前投げまえはきだし
後投げうしろはきだし
上投げうえはきだし
下投げしたはきだし
アピールしっぽを追い回り、2回転後に『ホッ』。
1回転に踊りながら『ヨッシー』。
こっちへ振り向き、2回跳ねて『ヨッシヨッシ』。
最後の切り札スーパードラゴン

登場シーン

タマゴの中から登場。

Wiiコントローラによるキャラ選択

タマゴを産む効果音の後、『ヨッシ〜』と鳴く。

コスチューム

基本色
ヨッシー
ヨッシー
ヨッシー
ヨッシー
水色ヨッシー

勝利ポーズ

勝利BGM

ヨッシーストーリー』のメインテーマ

スマブラX攻略+ファンサイトWiki トップページに戻る
最終更新日:2020年06月06日 (土) 18:34:36   HTML convert time:0.001 sec.
今日:1   昨日:2   累計:18188