ZAPAnet総合情報局 > ZAPAブログ2.0 > お知らせ > F-boardはスパム攻撃を受け、配布元PHP-Jは閉鎖

F-boardはスパム攻撃を受け、配布元PHP-Jは閉鎖

このエントリーをはてなブックマークに追加
2006年05月05日 カテゴリ:お知らせ
ZAPAnet総合情報局の一コンテンツ「ZAPAnetパワプロ攻略情報」の管理人から、パワプロ総合掲示板に大量のスパムが寄せられていると聞いて、現状確認。

スパムの特徴は以下の通り。
・投稿者のHNが日本語ではない
・投稿内容が英語でどこかのサイトへのURLが書かれている
・投稿時のIPアドレスが毎回異なる
・継続的だが不規則な投稿サイクル
恐らくは、「外国の何者かがスクリプトによるスパムコメントの大量投稿をしている」という判断をしました。
この掲示板には、「F-board」というフリーのプログラムを利用しているので、まずは「F-board」を作成&配布しているサイトへ確認してみることに。

PHP-Jは閉鎖しました

はい、見事に閉鎖していました。
一週間くらい前に見たときはまだ普通に活気のあるサイトだったので、突然の閉鎖のようです。
Googleで「F-board」を利用している他のサイトを調べたところ、他のサイトも同様の被害を受けている様子でした。
当然、配布元のPHP-Jではそのことで持ちきりになっているはずが、確認時にはすでに閉鎖してしまっていたため、
・スパムに対処できないから逃げたのか、
・たまたま閉鎖した後に一斉攻撃を受けたのか、
・スパムをするために閉鎖したのか、

どうして閉鎖してしまったのか、まるでわからない状態です。

このまま被害を受けているだけでは掲示板利用者にも迷惑をかけてしまうので、「F-board」のプログラムを見直して、改造しておきました。
これで大丈夫かどうかしばらく様子を見て、ダメなようなら再度改造を施す予定です。

追記:F-boardのスパム対策のその後