ZAPAnet総合情報局 > ZAPAブログ2.0 > 雑記 > Windows 10でTwitterアプリの関連付けを解除するには?

Windows 10でTwitterアプリの関連付けを解除するには?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月30日 カテゴリ:雑記
なぜだか最近、Windows 10でTwitterのURLをクリックすると、WebブラウザではなくTwitterアプリ(Windowsストアアプリ)が立ち上がってしまうようになってしまいました。

Webブラウザ(Vivaldi)で開いてほしいのに、Twitterアプリで開かれてしまうと本当に面倒です。

Windowsの設定から、「ファイルの種類とプロトコルの関連付け」を見つけました。「URL:twitter」がTwitterアプリで開かれるように設定されていました。

ツイッターアプリ

これを「解除」あるいは「削除」すれば完了だなと思ったら、「アプリを選ぶ」しか選択肢がありません。今まで通り、Webブラウザで開いてほしいのに、選択肢がありません。

さて…

困った結果、TwitterアプリをWindowsからアンインストールするというやり方で解決させました。他に簡単な方法はなさそうです。困ったOSです。

サードパーティのアプリをインストールすると強制的にプロトコルの関連付けが書き換えられ、それを簡単には解除できないのは、OSとして完成度が低いと感じます。

「TwitterのURLをクリックするとTwitterアプリが起動してしまう」という人は、参考にしてみてください。