ZAPAnet総合情報局 > ZAPAブログ2.0 > スポーツ > 【PR】ROSWHEEL スマホ対応自転車用トップチューブバッグレビュー

【PR】ROSWHEEL スマホ対応自転車用トップチューブバッグレビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年09月17日 カテゴリ:スポーツ
ROSWHEEL 自転車用フロントトップチューブバッグ


Amazonに出店しているGeDigitech-JPさんからクーポンコードをいただき、ROSWHEEL製の自転車用トップチューブバッグを購入しました。
透明な袋を開けると、トップチューブバッグが出てきました。
ROSWHEEL 自転車用フロントトップチューブバッグ


読めない漢字が多く、外国人が見て「漢字カッコイイ」と感じる気持ちがわかったような気がしました。
ROSWHEEL 自転車用フロントトップチューブバッグ


これがトップチューブバッグ全体像です。
ROSWHEEL 自転車用フロントトップチューブバッグ


裏側。
ROSWHEEL 自転車用フロントトップチューブバッグ


ベルクロ付きのベルト。予想していたよりも細いです。
ROSWHEEL 自転車用フロントトップチューブバッグ


ここにベルトを通して、自転車のトップチューブに固定します。
ROSWHEEL 自転車用フロントトップチューブバッグ


重さは183グラム。大きさの割には軽いです。
ROSWHEEL 自転車用フロントトップチューブバッグ


自転車に取り付けるときは、こういう形になります。スマホ対応です。スマホを取り付けて、タッチパネル操作できます。これは4.7インチ用です。5.5インチ用も販売されています。
ROSWHEEL 自転車用フロントトップチューブバッグ


バッグはサイドに2つあります。
ROSWHEEL 自転車用フロントトップチューブバッグ


中央のベルクロを外すと、スマホを装着できるようになります。
ROSWHEEL 自転車用フロントトップチューブバッグ


このように入れると…
ROSWHEEL 自転車用フロントトップチューブバッグ


上にスマホが来ます。iPhone7対応の4.7インチ用ですが、4インチのiPhone SEでも問題ありません。
ROSWHEEL 自転車用フロントトップチューブバッグ


上にスマホが来るので、ナビを表示させっぱなしで自転車に乗ることができます。ポケモンGOも表示させられますが、危ないので運転中は操作しないでください。
ROSWHEEL 自転車用フロントトップチューブバッグ


イヤホンやモバイルバッテリーのコードを通す穴も空いています。
ROSWHEEL 自転車用フロントトップチューブバッグ


前面と下部の2カ所で支えるようになっています。
ROSWHEEL 自転車用フロントトップチューブバッグ

実際に取り付けてみて

ROSWHEEL 自転車用フロントトップチューブバッグ

前面のベルトは、ヘッドチューブに回すことで固定できました。ややベルトは長くて、少し余っています。下部のベルトは、トップチューブではベルトが長すぎて固定できませんでした。ダウンチューブまで伸ばすことでピッタリでした。2カ所で支えているので、ズレることもなく安定しています。また、右と左に均等にバッグが出ているので、より安定性が高まっています。

バッグの厚みも絶妙で、厚すぎると膝が当たってしまいます。これくらいならギリギリ大丈夫です(足の長さやサドル位置、乗り方によっては邪魔かもしれません)。ダンシングしてペダルを漕ぐときに、膝がこの位置に来る人はやめておくか、シッティング限定にした方が良いと思います。

替えチューブを左右に1本ずつ、携帯用アーレンキーセット、パンク修理キット、ライト、補給食、モバイルバッテリー、手袋、財布などすべて入ります。入れすぎると当然重くなりますが、ロングライドではなく、短めの距離なら手軽でちょうど良い感じです。

スマホを上にセットできるので、地図を見たりメールを見たりWebを見たり時計を見たり、すぐに操作できるのが優れています。自転車に乗っているとスマホが邪魔に感じますし、ここに置いておけるのは便利です。

ということで、ROSWHEEL スマホ対応自転車用トップチューブバッグでした。