ZAPAnet総合情報局 > ZAPAブログ2.0 > 音楽 > ラックスマン設計のデジタルアンプ「LXA-OT3」付きの雑誌Streoを予約した

ラックスマン設計のデジタルアンプ「LXA-OT3」付きの雑誌Streoを予約した

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年11月24日 カテゴリ:音楽
ラックスマン設計の「LXA-OT1」、「LXU-OT2」を付録として付けてきた月刊Streo。今年12月19日(木)に発売される「Stereo 2014年1月号」は、「LXA-OT1」をベースに、さらにパワーアップさせた「LXA-OT3」が付属されることに決定しました!

LXA-OT3
LXA-OT3接続例


前回購入した「LXU-OT2」のレビューは以下になります。

「LXU-OT2」は、USB接続のデジタルアンプで、PCから直接つないで音楽を楽しめるアンプでした。今もずっと使っていて、結果的に2800円という最高のコストパフォーマンスでした。USB接続でヘッドフォンをつないで再生できる「LXU-OT2」は重宝しています。

一部ではUSBのノイズが乗るとか乗らないとかという話があったみたいで、ノートPCなど再生環境とUSB環境が良くなかったりすると、あまり音が良くないという話も聞きました。

Stereo 2014年1月号」付録の「LXA-OT3」は、USB電源ではなく、付属のACアダプタから電源を取る形式になっています。きっと「LXU-OT2」よりも再生環境を選ばないのではないかと思います。RCAケーブルで接続する人にとっては、今回の「LXA-OT3」は見逃せません(「LXU-OT2」と違ってUSB接続はできませんので、ご注意ください)。

「LXA-OT3」は、以下の部分で「LXA-OT1」よりもパワーアップしています。
●出力アップ:12W + 12W(8Ω)
入力電源の電圧、電流を増強するなど電源部を強化することにより大幅な出力アップを達成  * LXA-OT1 は5W+5W

●高音質コンデンサーの採用
音質に大きく影響する電解コンデンサーをグレードアップ

●RCA 端子の金メッキ化
錆を防止するだけに留まらず、音質アップにも寄与する高級メッキ仕上げ

●ラックスマン伝統のラウンドパターン配線を採用 (基板)
緩やかなアール形状にすることにより、信号の流れをスムースにする

LXA-OT3(ステレオ1月号)予約開始! | stereo BLOG

出力が12W+12Wとハイパワーとなり、コンデンサーがグレードアップし、RCA端子が金メッキ化されました。電解コンデンサーは計15個使われています。それらがすべてグレードアップしたことにより、初期状態でもかなり高音質になっているのではないかと期待しています。オペアンプは、以前と同様差し替えが可能です。付属のACアダプターは大型化され、供給電圧は15V(1.2A)となりました。

デジタルアンプとACアダプタ付きで、「Stereo 2014年1月号」は3,700円。前評判通り音質が良ければ、今回も最高のコストパフォーマンスとなりそうです。

アマゾンで予約しようとしたら受け付けていなかったので、注文するのを忘れないように楽天で注文しておきました。
あとは12月19日の発売を待つのみです。


追記1STEREO付録のLXA-OT3が届いた
追記2LXA-OT3でiPhone音源を鳴らしてみた