ZAPAnet総合情報局 > ZAPAブログ2.0 > パソコン(PC) > Dixim Digital TV Plus が起動しなくなったときの対処

Dixim Digital TV Plus が起動しなくなったときの対処

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年04月18日 カテゴリ:パソコン(PC)
DVDレコーダーで録画したテレビ番組を、PCで見たいなぁ、なんて思うときもあったりします。地デジ化がされる前は、東芝の純正Windowsソフトでストリーミング視聴する機能が付いていたりしました。地デジ化されて著作権に厳しくなってからは、PCでストリーミング視聴することができなくなってしまいました。

「地デジ化されたせいで、録画した番組をPCでストリーミング視聴することはできない!」と諦めていましたが、去年こんな便利なソフトがあることを知りました。
DiXiM Digital TV plusは、Windows PC用のDTCP-IP対応ネットワークメディアプレイヤーアプリケーションソフトです。DTCP-IPに対応しているレコーダーならば、ネットワーク経由で録画番組をWindowsから視聴できるわけです。

自分のVARDIAもDTCP-IPに対応していたので、DiXiM Digital TV plusも正常に動きました(対応しているかどうかは、体験版が配布されているので、それでチェックするのが早いです)。DiXiM Digital TV plusの良いところは、30秒スキップや1.5倍速再生等の機能を備えていて、ウィンドウでデスクトップに表示できるところです。

このソフトがWindows7とWindows8で動作することを確認し、Windows8に製品版をインストールしていました。そして今日、久しぶりに起動してみたら…

動かない!

以前は動いていたDiXiM Digital TV plusにエラーが出て、うまく起動しなくなっていました。

エラー内容は、このようになっていました。
---------------------------
DiXiM Digital TV plus
---------------------------
指定されたサービスはインストールされたサービスとして存在しません。 (HRESULT からの例外: 0x80070424)
---------------------------
OK
---------------------------

というわけで、Windows8でDixim Digital TV Plus が起動しなくなったときの対処方法です。

Windows Vistaでは、Windows UpdateのKB2758857で問題が発生したようです。Windows 8ではというと…
DigiOn|Windows 8 ProでのDiXiM製品の動作に関する重要なお知らせ

以下のいずれかの条件でDTCP-IP対応DiXiM製品が使用できなくなることが確認されています。

Windows 8 Proの環境において、DTCP-IP対応DiXiM製品をインストールされている状態で、Windows 8 Media Center Packを追加インストールした場合
Windows 8の環境において、DTCP-IP対応DiXiM製品をインストールされている状態で、Windows 8 Media Center Packを含むWindows 8 Proに更新した場合
Windows 8の環境において、DTCP-IP対応DiXiM製品をインストールされている状態で、Windows 8 Proに更新した場合

解決方法
お使いのDTCP-IP対応DiXiM製品をいったんアンインストールしてから、再インストールを行ってください。
※この不具合が発生していない環境においては、再インストールを行う必要はありません。

あぁ、これでした。Windows 8の初期状態でDiXiM Digital TV plusをインストールして動作チェックしていましたが、その後Windows 8 Media Center Packをインストールしてからは動作チェックしていませんでした。どうやら、後からMedia Center Packをインストールすると、DiXiM Digital TV plusが起動しなくなるようです。

解決策はとても簡単で、一度DiXiM Digital TV plusをアンインストールしてから、再度インストールするだけでした。