ZAPAnet総合情報局 > ZAPAブログ2.0 > 雑記 > 母の日だし、シャープのサイクロン掃除機EC-AX110を買ってあげた

母の日だし、シャープのサイクロン掃除機EC-AX110を買ってあげた

このエントリーをはてなブックマークに追加
2010年05月10日 カテゴリ:雑記


今の掃除機が全然吸い込まなくなってきたから、新しい掃除機買って」と母に頼まれました。今まで使っていた紙パック式の掃除機が古くなってきて、新しい掃除機が欲しくなったようです。

母の現在の掃除機への不満点や新しい掃除機への要望点やをまとめると、このような感じでした。
不満点
・紙パックの交換がわずらわしい
・掃除機をかけてもしっかり吸い込んでくれないと、掃除する気力を無くす
・大きい掃除機は取り回しが良くない

要望
・メンテナンスが簡単なやつ
・とにかくコンパクトなのがいい
・しっかりと吸い込んでくれる掃除機
・高級なのは必要ない
・騒音への要望はなし
というわけで、母の要望を踏まえて、いろいろ掃除機の情報をあさってみました。

まず掃除機の種類を調べてみると、大雑把に
・紙パック式
・サイクロン式
・ロボット式
の3つの種類があることがわかりました。

ごちゃごちゃしている家庭に、ロボット式の「ルンバ 577」等は除外(しかも8万円近い…)。
紙パック式の「Panasonic MC-PA20W」等は一応使い勝手も知っているということで、今回はサイクロン式クリーナーを調べてみることに。

サイクロンというと、ダイソンの掃除機が有名です。
最新の「dyson DC26turbinehead complete」などは改良されているかもしれませんが、昔のダイソンは高い上にイマイチ使えないという評判を聞いたことがありました。
母も「ダイソンのような高いのはいらない!」と言っていたので、もう少し安いのを調べてみることに。

楽天でこんな掃除機がありました。

コンパクト1400Wサイクロン掃除機38,800円⇒5,900円(84%OFF)

楽天のレビュー件数はなんと1300件越え!
定価38800円の84%OFFで5900円。
しかも掃除機のカラーも選べないという怪しさ。

一体何が違うのかと思って仕様を見てみると、
・消費電力は1400Wだけど、吸引仕事率はわずか200W
・コンパクトと書いてあるのに、重さ7.5kg
これじゃうちの母の要求は満たせないので、却下。

ダイソンがダメで激安サイクロンクリーナーもダメと来れば、やっぱり次は日本製。
シャープのホームページをチェックしてみました。
気になるのは、「日本製だと何が違うのか」ということ。調べてみると、驚きの結果が。
ごみがたまっても強力パワーが持続
ごみ捨て簡単
空気までお掃除
軽々操作
省エネ

「スクリューフィンがカップの底へ集めて、ごみの舞い上がりによるフィルターへの目詰まりを抑え、強力パワーが持続」
「お掃除終了後、モーター駆動でクリーンメカが回転し、トリプルビーターがHEPAクリーンフィルターに付着した微細じんを自動でクリーニング」




「静電気除去力を持つ高濃度7000「プラズマクラスター」をダストカップ内部に放出することで、吸い込んだごみの静電気を除去し、カップへのごみの付着を抑制」
「お掃除が終わると、2枚のスクリューフィンが自動で回転。吸込んだごみをカップの底に押し固めて圧縮。面倒なごみ捨て回数を低減」




「きれいな排気にのせて空気中に浮遊するアレル物質(ダニのふんや死がい)を抑制する効果がある高濃度プラズマクラスターを室内に放出。掃除をすればするほど部屋の空気をキレイに」
「「Ag+アレルディフェンスフィルター」が排気に含まれるアレル物質やアンモニア臭も抑制。3つのフィルターの相乗効果で、 0.1μm以上の微細じんを逃がさず、きれいな排気を実現」




「高トルクモーターとヘッド両端のパワーアシストローラーが強力に前進パワーをアシスト。センターラグやホットカーペットの段差もそのまま乗り越えてぐんぐん進むので、掃除中のヘッドの持ち上げ回数が減ります。さらに従来比約25%軽量化し、取り回しもラクに」




「従来機種なら突っかかるじゅうたんのヘリなども、乗り越え自走パワーヘッドなら、そのままぐいぐい進みます。その秘密はヘッド両サイドのパワーアシストローラーです。強力な自走効果で力強く前進させます」
「床上に浮遊するハウスダストを吸い取る「ダニアウトダクト」を搭載。人や掃除機が動くことで舞い上がったホコリやダニ粉じんを吸い込み口上部両サイドのダクトから吸引」




「新設計のボディで取り回しがラクに、持ち運びも便利に」




まとめると、
・シャープ独自のサイクロンエンジン等が目詰まりを抑え、メンテナンスが楽に。
・丸型のダストカップ内でごみと空気を強力遠心分離し、使い始めの強力パワーを持続。
・プラズマクラスターにより、カップへのごみの付着を抑制
・掃除が終わると、2枚のスクリューフィンが自動で回転し、ゴミがなんと1/4に圧縮!
・ゴミ捨ては、くるりんポイで手が汚れない!ゴミが舞い上がらない!
・安物の掃除機にありがちな、吸い込んだゴミを室内にまき散らすようなことはなく、高濃度プラズマクラスターで掃除をすればするほど部屋の空気がキレイに!
・高トルクモーターとヘッド両端のパワーアシストローラーでお掃除ラクラク!
・軽量4.2kgのボディ!
・床の種類や掃除動作に合わせて吸込みパワーを3段階に自動コントロールした省エネ掃除機。
などなど、シャープ製の利点が大量にありました。

軽くてコンパクトでしっかり吸い込みメンテナンスが簡単」という、母の要望を全て満たしていました。さすがは日本製です。そもそも、日本の部屋は大きくないので、大きい掃除機は合わないんですよね。しかも歳を取ってくれば、掃除機は軽ければ軽い方が良いわけで。

ということで、「SHARP 高濃度「プラズマクラスター」技術搭載 スクリュー遠心分離サイクロンクリーナー コンパクトタイプ パワーヘッド ゴールド系 EC-AX110-N」を即注文。

「高い掃除機はいらない」という母の声は聞かず、3万円台の掃除機を母の日のプレゼントとして買ってあげました。

早速使ってみた母の感想は、
小さいのによく吸い込んで、しかも出てくる空気が臭くない。掃除機も進化してるのね〜
と言っていました。





SHARP 高濃度「プラズマクラスター」技術搭載 スクリュー遠心分離サイクロンクリーナー コンパクトタイプ パワーヘッド ゴールド系 EC-AX110-N