ZAPAnet総合情報局 > ZAPAブログ2.0 > 読書 > 知らないおじさんから、「龍馬降臨」をもらった

知らないおじさんから、「龍馬降臨」をもらった

このエントリーをはてなブックマークに追加
2010年04月03日 カテゴリ:読書
「これ、あげますよ」
知らないおじさんから声をかけられた。

なんだろうと思って、おじさんが持っているものを見る。
「龍馬降臨」。
そう書いてある本が目に入った。



あぁ、龍馬ブームか。
ソフトバンクの孫社長も龍馬ファンを公言しているし、これが龍馬ブームのパワーか。

でもなぜ?
なぜいきなり龍馬本をくれる?

もしかしてここがさくらまつりの会場だから?
何かの景品で本が当たってしまって、でも龍馬には全然興味がないから誰かにあげようとしたとか?

本には黄色いリボン付きで丁寧にラッピングしてある。
照れくさそうに、少し笑みを浮かべながら、「龍馬降臨」を渡そうとしてくる。

「ここで受け取らないのも、それはそれで失礼かな」
そう思って、この本を手にした瞬間、「龍馬降臨」のすぐそばに名前が書いてあることに気づいた。

「大川隆法」

あっ…。
もう手に取ってしまったので、返すわけにもいかない。

続けておじさんは嬉しそうにこう言った。
他にこの本を欲しそうな人はいませんか?
いや、そんなこと言われても中身読んでもいないのに、周りに欲しい人がいるかどうかなんてわかるはずない。
というか、景品で当たったものかと思って受け取ったわけだけど、全然関係なかった。

「いや、いないです」

そう断って、おじさんから離れた。

もらってしまった。
知らないおじさんから。
「龍馬降臨」を。

どちらかというと、以前話題になった映画「仏陀再誕」のDVDでももらった方が嬉しかったような。
あれ?
去年は仏陀で、今年は龍馬?

家に持ち帰り、表紙の帯をチェックしてみた。



坂本龍馬の180分ロングインタビュー

すごい、坂本龍馬の180分ロングインタビュー(霊言)は世界初かもしれない。

ぱらぱらと中をめくってみる。
字が大きくて読みやすそう。
坂本龍馬がしゃべってる。

このページが目に付いた。



民主党による“革命”では、本質は全然変わっていない

坂本龍馬
 ああ、龍馬ブーム、そりゃ、正しいブームや。そら、起きないかん。
 龍馬ブームが起きとるっちゅうことはだなあ、やはり、維新運動を起こすつもりなんじゃ。あれをだなあ、勘違いして、民主党による“革命”をほめたたえる趣旨でやってるのもいるかもしらん。

どうやら、坂本龍馬が現代の政治について語っているようだった。
少し興味が出てきて、目次で気になった部分を取り出してみた。

・マスコミは最初から民主党政権をつくるつもりだった
・公正な報道をしないマスコミの“腐敗の構造”を暴け
・マスコミ税をかけるぐらいの迫力が必要
・今のマスコミは本当に大事な仕事をしていない
・民主党政権は田中角栄型の政治に「昔返り」をしている
・参議院のほかにも、要らないものはたくさんある
・全体主義国家の独裁者になりたい小沢一郎
・政府の代わりに宗教が政治をやってもかまわない

・日本も核兵器をつくればよい
・核兵器を持つのが嫌か、核兵器で死ぬのが嫌か

・もっと安定的に資金調達ができる方法を考えよ
・社会に貢献している企業を守り育てる気持ちを
・「正しさ」を経済的にも実現しなければならない

・小沢は“レプレタリアン”、鳩山は“グレイ”
・徳川幕府は「財政逼迫」と「黒船」で国民に見放された
・この国が良くなることのみを願っている

意外と面白そうだった。

それから、ぱらぱらめくっていてもう一カ所気になった部分。



地球防衛軍を創設し、「宇宙戦艦ヤマト」の建造にかかれ

坂本龍馬
 宇宙戦艦ヤマトを作るよ。今の海援隊は宇宙戦艦ヤマトじゃ。それは地球防衛軍じゃ。地球防衛軍をつくらないかん。
 だから、日本が軍備をしちゃいかんというんだったら、もう自衛隊なんてやめてまえ。で、「日本は、もう自衛隊なんかつくりません。日本の軍隊なんか要りません。地球防衛軍を創設いたします」と、これでいいんですよ。そいで、そんなかの旗艦を「宇宙戦艦ヤマト」と名付ければよろしい。
 今年は、龍馬ブームだし、ヤマトブームらしいじゃないですか。その意味では、日本人の大和心を取り戻すチャンスでもありますな。

黒船だ、大和心だと言われ、「官営八幡製鉄所を作ったのと同じように、日の丸クラウド“東雲”を政府が作れ」と言っていた角川の偉い人を思い出してしまった。
龍馬ブームよりもヤマトブームよりも、一番は黒船ブームかもしれない。

知らないおじさんからもらった龍馬降臨―幸福実現党・応援団長龍馬が語る「日本再生ビジョン」
これから読んでみようと思う。