ZAPAnet総合情報局 > ZAPAブログ2.0 > 競馬 > 第58回安田記念の予想

第58回安田記念の予想

このエントリーをはてなブックマークに追加
2008年06月08日 カテゴリ:競馬
先週のダービーの予想に続き、今週も予想を。今週は第58回の安田記念。メンバーを見て驚いたのが、香港馬ブリッシュラック。まだ現役だったのかと。最初に日本で走ったのは3年前の安田記念。9歳でも元気に走れるのは、せん馬だから?船場吉兆の件もあって、今年の安田記念はせん馬が来るかもしれませんね。

と、冗談はさておき、調教を見る前の予想を。今年の香港馬も強力で、ブリッシュラックに直接対決で勝ってる馬が2頭います。アルマダとグッドババ。グッドババは去年も来ていて、安田記念は「2回目の来日馬が強い」ことを考えると、グッドババは有力候補です。そして、そのグッドババと好走を繰り返すアルマダも要注意です。人気の落ちるアルマダは、馬券的には面白そうです。

日本馬では、調子の良いスーパーホーネット、馬体回復が予想されるウオッカ、末脚が強烈なスズカフェニックス。スーパーホーネットは欠点無し。ウオッカは桜花賞、秋華賞、ジャパンカップ、ドバイ、ヴィクトリアマイルなど、最後の伸びを欠いて勝ちきれないレースを繰り返しています。今回は、スローペースにはならないと思いますがどうでしょうか。スズカフェニックスは、前哨戦で好走して本番人気になるとあまり来ないタイプの馬です。こういうタイプは、父サンデーサイレンス×母父ノーザンテーストに多く、母父フェアリーキングでも似たような傾向が出ているように思います。爆発力がないので、G1で究極の仕上げをした馬にどうしても勝てなくなってしまいがちです。歳をとってから、あまり人気が無いときに突然G1を勝ったりしますけどね。エアシェイディは、まさに父サンデーサイレンス×母父ノーザンテーストで、なかなか本命にはしにくいタイプですが、7歳になった今1発もありそうです。


さて、調教を見て。
期待の香港馬グッドババは、期待以上の出来でした。バネのある馬体で、素晴らしいの一言です。遠征の影響がどこまであるかわかりませんが、1番強そうなのはこのグッドババです。
もう1頭の香港馬アルマダは…。正直がっかりしてしまうほど、腹回りがボテッとしていました。完全に仕上がっていないようにも見えます。こういう体型なのか、それとも…。
調教の動きが絶好だったのは、エアシェイディ。直線の長い東京で、早め先頭から押し切れそうな程スタミナのあるフットワークをしています。ここはチャンスと言えるかもしれません。
スーパーホーネットは順調に仕上がり、何も問題なさそうです。
ウオッカは…。前走よりも体重が戻り、前走よりは調子が良さそうです。ダービーを勝った東京競馬場で、もう一度勝利するところを見たいのですが…。なぜジョッキーを四位騎手に戻さないのか、不思議です。ダービー馬の安田記念制覇というのも、なかなか難しいかもしれません。
スズカフェニックスもなかなかの仕上がりで、押さえておかないといけない馬の1頭です。


以上をまとめると…
◎7. グッドババ
○14. エアシェイディ
▲11. スーパーホーネット
△5. ウオッカ
△17. スズカフェニックス
×16. アルマダ

キストゥヘヴン、ハイアーゲーム、ピンクカメオ辺りも気になりましたが、ここまでです。