ドラゴンクエスト9攻略Wikiはこちら
ドラゴンクエスト6幻の大地攻略Wikiはこちら up


ロボット

TOP

スマブラX攻略 の ロボット を編集するページです。

基本データ

名前ロボット
声優
出現条件亜空の使者で仲間にする
主な出演作ファミリーコンピュータ ロボット
キャラクター説明『ファミリーコンピュータ ロボット』に登場するファミコン専用周辺機器。
1985年7月26日に発売され、単体の型番は『HVC-012』で、開発者は横井軍平。
ファミコンソフト『ブロックセット』と『ジャイロセット』の専用機器として登場し、遠隔操作をする事でブロックやコマを操る事が出来た。
海外では『Robotic Operating Buddy』、略して『R.O.B.(ロブ)』と言う英名を持ち、ボディーカラーは
ファミコンの色に合わせた白と赤とは違い、海外版ではファミコンの海外版『Nintendo Entertainment System』、
略して『NES』に合わせて灰色と黒にしている。売れた事は売れたが、事実上ハイテクな機能と遊び方が斬新にもかかわらず、
動きが緩慢で一般人には受け入れ難かったため、専用ソフトを開発し続けずに終わってしまったが、
近年では数多くの任天堂作品に顔を出すようになった。『スターフォックス64』では外観が違っても、
『HVC-09』と言う名前で登場した。『星のカービィ3』ではロボットの専用ソフトに登場するキャラのヘクター博士が登場し、
カービィロボットのパーツを回収するように依頼する。『メイド イン ワリオ』シリーズではナインボルトのプチゲームに登場し、
『F-ZERO GX』ではポートタウンのオブジェとして登場した。『ピクミン2』ではロボットのヘッドパーツやブロックがお宝として登場し、
エレクトロプランクトン』ではツリガネムシに『ジャイロセット』のBGM・効果音・合成音声を使用した。
最後に『マリオカートDS』では隠れキャラとして登場し、『テトリスDS』ではヘクター博士が登場した。
更にカプコンの『ビューティフルジョー』シリーズでは特別ゲストとして登場した。
日本国内ではロボットの特別出演に対してかなり落胆しているが、海外では非常に喜んでいるらしく、
日本より海外の方がロボットのファンが多いらしい。Mr.ゲーム&ウォッチ同様、古の時代から来た存在でもある。

このキャラクターを使う上でのテクニック

ビームと下Bから再度Bでジャイロを発射して、遠距離から牽制! 相手が近づいてきたら各種強攻撃でダメージを蓄積。

トドメは空中Nがオススメです。

基本能力

体格重さパワースピードジャンプ力ジャンプ回数滞空時間壁ジャンプ壁張りつき滑空しゃがみ歩き
普通重め普通遅め普通2回長め不可不可不可不可

技の種類方向技名強さ備考
弱攻撃-11 12
強攻撃s2
Hi2
LW2
スマッシュ攻撃s3
Hi3
LW3
必殺技-ロボビーム発射直後は使用不可。しばらく使わないでおくとスーパーロボビームになる。
発車直前に上下にスティック(十字キー)を倒すと斜め方向に発射可能
アームスピンリフレクト効果有り
ロボバーナー長時間使うと燃料切れになる
ジャイロ
ダッシュ攻撃
空中攻撃-
メテオだが非常に出が遅い
つかみ-
攻撃
前投げ
後投げ
上投げ
下投げ
アピール正面を向き、目から光線を発射。
正面を向き、頭と手を1回転。
最後の切り札-拡散ロボビーム

登場シーン

部品が少しずつ落ちてきて組み立てられる。

コスチューム

基本色
海外版(NES)カラー
イエローチームカラー
薄紫カラー
ブルーチームカラー
グリーンチームカラー

勝利ポーズ

  • 首を回して、両腕を軽くふる。
  • 身体を一回転、首を数回回しながら腕を小さく数回上下にふる。
  • 首を回して、バンザイをする。

勝利BGM

ブロック&ジャイロの曲のアレンジである