ZAPAnet総合情報局 > スマブラX攻略TOP > ポケモントレーナー

ドラゴンクエスト9攻略Wikiはこちら
ドラゴンクエスト6幻の大地攻略Wikiはこちら up


ポケモントレーナー

TOP

スマブラX攻略 の ポケモントレーナー を編集するページです。

基本データ

名前ポケモントレーナー
声優半場友恵
出現条件最初から
主な出演作ポケットモンスター
キャラクター説明『ポケットモンスター』シリーズに登場している主人公だが、こちらのポケモントレーナー
『ファイアレッド・リーフグリーン』に登場している男主人公である。ポケモントレーナーと言う名前は、
一般トレーナーであるミニスカートや短パン小僧とは違い、デフォルトタイプの意味をしている。『赤・緑』に登場してから、
性別は常に男だったが、『クリスタル』以降では男女どちらかを選択する事が出来るようになった。
ポケモンを集め、ポケモンマスターを目指すために旅に出るが、その同時にポケモンを利用して世界征服や破壊を目論む
悪組織を壊滅したりした。シリーズ内では話す事は一切なく、『……………』としか答えないくらい無口である。
基本的に名前は存在しないが、プレイヤーによっては本名、好きな人物の名前、オリジナル、
或いはデフォルト名(サトシ、レッドなど)で名付けられている。

その他メディアでは、スマブラXのポケモントレーナー自身が登場している訳ではないが
ポケモントレーナーと言う形の主人公が違うデザインと設定で登場していた。
TVアニメ版ではサトシと言う名前で登場し、ピカチュウを相棒にして活躍した。ポケモンバトルの実力は豊富だが、
無鉄砲、お調子者、熱血漢、無知、その上恋愛感情など全く感じないほど鈍感と言う性格の持ち主になっている。
仲間にはカントー編からカスミとタケシ、オレンジ諸島編からケンジ、ホウエン編からハルカとマサト、シンオウ編からヒカリがいる。
漫画にも様々なポケモントレーナー達が登場した。穴久保幸作の『ポケットモンスター』ではレッドと言う名前で、本名は赤井 勇。
主人公にもかかわらずいつもピッピのギャグに被害を負われるほど哀れな役を持っている。
口調は荒いが、悪を許さないほど正義感が強い。小野としひろの『電撃!ピカチュウ』ではアニメ同様の設定で、
もちろん名前もサトシである。中村里美の『ポケットモンスター全書』では『赤・緑』当時の服装で登場し、もちろん名前もサトシ。
日下秀憲と山本サトシ(以前は真斗)の『ポケットモンスターSPECIAL』ではレッドから始め、第2章ではイエロー、
第3章ではゴールド、第4章ではルビー、第6章ではエメラルド、第7章ではお嬢様が登場した。
勿論ライバルや協力者であるグリーン、ブルー、シルバー、クリス、サファイア、ダイヤ、パールも主人公として含まれている。
あさだみほの『ポケモンゲットだぜ!』ではシュウと言う名前で、インカムでピカチュウと会話する事が出来るが、
モンスターボールを投げる時の腕は下手糞である。しかもその性格は、何となくアニメのサトシと似ていたりする。
斉藤むねおの『ゴールデン・ボーイズ』ではゴールドと言う名前で、江戸っ子のような喋り方をする設定であった。
使用ポケモンは殆ど人から貰った物ばかりだが、ウソッキーだけは自力でゲットした。仲間にはアカネやクリスがいた。
伊原しげかつの『ポケモンDP』ではハレタと言う名前で、元気100倍の野生児と言う設定であった。


名前ゼニガメ
声優愛河里花子
出現条件最初から
主な出演作ポケットモンスター
キャラクター説明『ポケットモンスター 』シリーズに登場するポケモンで、カントーファーストポケモンの一種。
亀をモチーフにしたポケモンで、口から水を吐いて攻撃する事が出来る。
みずタイプで、身長0.5m、体重9.0kg、分類はかめのこポケモン。
海外では『Squirtle(スクァートル)』と言う英名になっている。図鑑番号は、カントー(全国)版だとNo.007、
ジョウト版だとNo.232、ホウエン版だとNo.209である。『赤・緑』、『青』、『ファイアレッド・リーフグリーン』では
オーキド博士から貰える、みずタイプ代表のポケモンだったが、『ピカチュウ』ではクチバシティジムリーダーのマチスに勝ち、
オレンジバッジを獲得した後、婦警さん(ジュンサー)から貰えるようになっている。それまでにゼニガメは野生として登場せず、
通信交換でないと入手出来ないレアポケモンになっているが、『スタジアム2』ではジムリーダーの城でライバルを倒すと、
時々賞品として貰える事が出来る。『スナップ』ではけいこくステージのスタート地点、川の中から出現し、
飛び道具を投げ付けると陸に上がり、様々なポーズをする。『不思議のダンジョン』シリーズでは、
プレイヤーの性格に応じて主人公になったり、またはパートナーとして選ぶ事が出来る。
レベルを上げるとカメールに進化し、更に最終形態のカメックスに進化する。スマブラDXでは、ポケモン亜空間の足場として登場した。

その他メディアでは、アニメシリーズに登場した。
カントー編からではゼニガメ団と言う不良軍団のボスとして登場したが、後にサトシのポケモンになった。
ボス時代のサングラスが愛用のアクセサリー。しかしジョウト編では消防隊になった仲間達と再会し、
一時的にサトシのポケモンから脱退した。それ以降ではバトル攻略のため、サトシを応戦するために再加入する事が時たまある。
また海外の『カートゥーンネットワーク』から始め、後に『Yahoo!JAPAN』で日本語版を公開した
『ポケモン不思議のダンジョン 出動ポケモン救助隊ガンバルズ!』(海外では『Pokémon Mystery Dungeon:
Team Go-Getters Out Of The Gate!』)では、主人公として登場した。救助隊ガンバルズのリーダーで、
仲間にはヒトカゲとチコリータがいる。ちなみに当時ゼニガメの声を演じていたのは、
現在スマブラシリーズのアイスクライマーを演じている小林沙苗である。漫画版でも活躍し、様々な異なる設定で登場した。
中村里美の『ポケットモンスター全書』ではライバルであるシゲルのポケモンとして登場し、後にカメックスまで進化した。
日下秀憲と山本サトシ(以前は真斗)の『ポケットモンスターSPECIAL』では出番は少ないが、
ブルーがオーキド研究所からこっそり盗み、後に彼女のポケモンとなった。ニックネームは『カメちゃん』。
月梨野ゆみの『PiPiPi★アドベンチャー』ではレギュラーキャラになり、アーモンドに憧れる礼儀正しい少年と言う設定になっていた。
ただし、やおい属性らしい。他にもポケモンカード、モンスターコレクション、絵本などのグッズに登場した。


名前フシギソウ
声優川上とも子
出現条件最初から
主な出演作ポケットモンスター
キャラクター説明『ポケットモンスター』シリーズに登場するポケモンで、フシギダネの進化形。
背中の種が蕾に成長し、強力な草系技を使いこなせるようになった。
くさ/どくタイプで、身長1.0m、体重13.0kg、分類はたねポケモン。
海外では『Ivysaur(アイビゾア)』と言う英名になっている。図鑑番号は、カントー(全国)版だとNo.002、
ジョウト版だとNo.227、ホウエン版だとNo.204である。一般トレーナーが所持している事以外野生として登場しないため、
通信交換でないと入手出来ないレアなポケモンとして登場している。進化前はフシギダネで、フシギバナが進化形。

その他メディアでは、アニメシリーズに登場した。
最初は『フシギダネとふしぎのはなぞの』で登場し、後にカントー編最終回のポケモンリーグ戦でヒロシの対戦相手である
サユリと言うトレーナーのポケモンとして再登場した。また、「あの三匹登場!審判学校の島!」では
カメールとリザードのセットで再登場した。しかし事実上、フシギダネやフシギバナとは違って、
アニメでは出番の少ないポケモンとされている。漫画では同じく出番は少ないが、
日下秀憲と山本サトシ(以前は真斗)の『ポケットモンスターSPECIAL』ではレッドのポケモンとして登場した。
『VS.カメール』でフシギダネから進化し、『VS.伝説の鳥ポケモン』ではフシギバナに進化した。ニックネームは『フッシー』である。
他にもポケモンカードやモンスターコレクションなどのグッズに登場した。


名前リザードン
声優三木眞一郎
出現条件最初から
主な出現作ポケットモンスター
キャラクター説明『ポケットモンスター』シリーズに登場するポケモンで、ヒトカゲの最終形態。
口から灼熱の炎を吐くだけでなく、翼を広げて地上1400mの高さまで飛ぶ事が出来る。
ほのお/ひこうタイプで、身長1.7m、体重90.5kg、分類はかえんポケモン。
海外では『Charizard(チャリザード)』と言う英名になっている。図鑑番号は、カントー(全国)版だとNo.006、
ジョウト版だとNo.231、ホウエン版だとNo.208である。『赤・緑』、『青』、『ファイアレッド・リーフグリーン』では
ファーストポケモンの中でも最も人気の高いポケモンだが、野生として登場しないため、
通信交換でないと入手出来ないレアポケモンとして登場している。ヒトカゲとリザードが進化前。
『赤』と『ファイアレッド』のパッケージイラストとして登場している。『金・銀』と『クリスタル』では
チャンピオンのワタルや伝説のポケモントレーナーであるレッドのポケモンとして登場している。黒いリザードン言う色違いも存在。
『不思議のダンジョン 赤の救助隊・青の救助隊』ではゴールドランクの救助隊チームFLBの一員として登場。
その当時の仲間はフーディンとバンギラスである。『レンジャー』では物語内の重要なポケモンとして登場した。
スマブラシリーズでは元々モンスターボールの中から出現し、左右に『かえんほうしゃ』で攻撃すると言う
アシストタイプのポケモンとして登場したが、今回スマブラXでは操作キャラとして昇格した。

その他メディアでは、アニメシリーズに登場した。
カントー編ではサトシのポケモンだったが、ヒトカゲからリザードンに進化するまでは
サトシの言う事を絶対聞かない、高過ぎたプライドの持ち主になっていた。
しかしオレンジ諸島編ではサトシに看護され続けて以来心が開き、後に最強の仲間となった。
だがジョウト編では自らを強くさせるためにリザードンの谷に残され、一時的に仲間から脱退されたが、
それ以降ではバトル攻略のため、応戦するために時たま再加入する事がある。それまでにサトシに取っては
切り札のような存在になっていた。漫画にも活躍し、様々な異なる設定で登場した。
中村里美の『ポケットモンスター全書』ではサトシのポケモンとして登場したが、
寝ているサトシの髪の毛を尻尾の炎で燃やして起こそうとすると言う恐ろしい起こし方を持つ。
更にこちらの作品に登場するリザードンの角は一本になっている。日下秀憲と山本サトシ(以前は真斗)の
『ポケットモンスターSPECIAL』ではグリーンのポケモンとして登場した。
第3章ではレッドをシロガネやまで治療を行うため、
一時的にレッドの仲間に加わった事がある。(その同時にレッドのギャラドスと交換した)
小野としひろの『電撃!ピカチュウ』ではサトシのポケモンとして登場し、
カントー編ではファイヤーの炎がないと命令を聞かないと言う習性を持っていた。しかしオレンジ諸島編のオレンジリーグでは、
いつの間にか命令を聞くようになった。あさだみほの『ポケモンゲットだぜ!』では、余りで番は少ないが、
シュウのライバルであるナギのポケモンとして登場した。その他にもポケモンカード、
モンスターコレクション、絵本などに登場した。

このキャラクターを使う上でのテクニック

ポケモンは一匹ずつ使う技や重さ・スピード・パワーなどが 異なるため、それぞれのポケモンの技などをしっかり覚えることが大事。 覚えられない方はとにかく一匹で、倒されたらポケモンチェンジで 使いやすいポケモンに変えて戦うのもいい。

リザードンはパワー、重量、ダッシュ、復帰力が高いが動作は遅い、ゼニガメは身軽で動作が早い、フシギソウはすべて平均レベルだが爆発や炎に弱い。3体のポケモンをうまく使い分け、さらにはスタミナ配分まで考慮しなければならないテクニカルなキャラ。

基本的にゼニガメとリザードンを中心に使用しよう。 ゼニガメはとにかく使いやすく早い、そして割とぶつかりやすい炎に強い。 リザードンはパワータイプ、これまた強く使いやすく、炎と草に強い。 対してフシギソウは爆発物の多いこのスマブラでは紙耐久に等しく、また意外と軽い。 炎に耐性があるゼニガメより弱さが光る、さながら死亡フラグである。 それなりに高いふっ飛ばし能力が魅力のフシギソウだが。 それを踏まえるにしても使うにはあまりにもリスクが高い。 ちなみにもう一つの長所として、フシギソウには水に強い耐性がある。 さぁ厄介な水攻撃を思い出してみよう。

基本能力

体格重さパワースピードジャンプ壁ジャンプ壁張りつき滑空しゃがみ歩き

技(ゼニガメ)

技の種類方向技名強さ備考
弱攻撃-びんた→うしろげり→しっぽおとし
強攻撃しっぽはたき
ジャンプずつき
あしもとスピン
スマッシュ攻撃こうらスマッシュ
みずばしら
プリンクラー
必殺技-みずでっぽう
からにこもる
たきのぼり
ポケモンチェンジフシギソウと交代
ダッシュ攻撃-ダッシュこうら
空中攻撃-みずあらい
ロケットキック
しっぽアタック
はんてんしっぽ
たつまきスピン
つかみ-手でつかむ
攻撃つかみずつき
前投げショートキック
後投げえんずいドロップ
上投げこうらうちあげ
下投げこうらプレス
アピール
最後の切り札さんみいったいハイドロポンプで攻撃

技(フシギソウ)

技の種類方向技名強さ備考
弱攻撃-ムチはたき→ムチコンボ→ムチれんだ
強攻撃ふうしゃカッター
ムチリフト
あしもとはたき
スマッシュ攻撃ムチチャージ
ばくれつフラワー
ダブルムチ
必殺技-タネマシンガン
はっぱカッター
つるのムチ
ポケモンチェンジリザードンと交代
ダッシュ攻撃-すべりこみ
空中攻撃-フシギドリル
ムチダンク
ムチホイール
ばくれつきゅうこうか
うらばくれつフラワー
つかみ-つるでつかむ
攻撃はがいじめ
前投げつるなげ
後投げつるとばし
上投げつるつきあげ
下投げつるおとし
アピール
最後の切り札さんみいったいソーラービームで攻撃

技(リザードン)

技の種類方向技名強さ備考
弱攻撃-みぎひっかき→ひだりひっかき→ウイングカッター
強攻撃ほのおのしっぽ
トライアングル
すねかじり
スマッシュ攻撃ショルダーチャージ
ウイングバッシュ
じひびき
必殺技-かえんほうしゃ
いわくだき
そらをとぶ
ポケモンチェンジゼニガメと交代
ダッシュ攻撃まえげり
空中攻撃-リザードンターン
ひのこ
ダブルヒート
へディング
メテオスタンプ
つかみ-くちでかみつく
攻撃かみちぎり
前投げかみとばし
後投げうしろかみとばし
上投げブルホーン
下投げあぶりやき
アピール
最後の切り札さんみいったいだいもんじで攻撃

登場シーン

ステージの奥にいるトレーナーが「いけ、○○!」と言いながら3匹のうち1匹をモンスターボールから繰り出す。

コスチューム

勝利ポーズ

トレーナーのポーズはほぼ一緒だが、バトル終了時に出していたポケモンによりボイスが異なる。

「よくやったな、ゼニガメ!」
「がんばったな、フシギソウ!」
「やったぞ、リザードン!」

ポケモンには個別に3パターンずつポーズがある。

  • 健闘をほめながら喉元をなでる。
    「ゼニゼニ」と言いながら照れくさそうに頭をかく(ゼニガメ)
    一度トレーナーに飛びつき、嬉しそうに「ソウソウソ〜ウ」と言う(フシギソウ)
    嬉しそうに喉元を鳴らす(リザードン)
  • 右手→左手の順に高くかかげる
    口からみずでっぽうを放った後決めポーズ(ゼニガメ)
    一回転ジャンプの後、腹ばいになりながら前後にゆれる(フシギソウ)
    威嚇のポーズをしながら軽く咆哮(リザードン)
  • モンスターボールを軽く投げ、右手でキャッチした後ボールをかかげる
    2回転した後、「ゼニガ〜」と言いながら座り込み頭をかく(ゼニガメ)
    嬉しそうな表情で「フッシー」と言う。空耳で「ウルセー」と言っているように聞こえる(フシギソウ)
    体を震わせた後、上方に向けて大きく咆哮(リザードン)

勝利BGM