FF12プレイ二時間目

このエントリーをはてなブックマークに追加
2006年03月19日 カテゴリ:ゲーム全般
FF12プレイ一時間目を終えて、最初の手応えとしてはかなりイマイチだったFF12ですが、買ってしまった以上はもう少し進めることにしました。

プレイ二時間目を終わり、初めて「モブ」というものを終えました。
馴染みのない名前で何だか良くわかりません。
今回は「ライセンス」というシステムがあって、これを手に入れないと武器防具が装備できません。魔法も使えません。とてもわかりにくいシステムです。
さらには、「ガンビット」というシステムもあって、このシステムを使いこなさないと味方キャラクターがうまく動いてくれません。

 HP<80%の味方 ケアル
 リーダの敵 たたかう

と言ったわかりにくい設定をしなければいけません。
FFは毎回毎回システムが変わるので、この辺りを覚えるのも大変です。

二時間を終えて、バトルシステムには慣れてきましたが、キャラクターには慣れません。
キャラクターデザインが自分好みではないからのか、音楽が今までとちがうせいからなのか、なんだかまだイマイチです。
そのうち慣れてくることに期待して続きをプレイしてみます。



それから、ドラクエ8攻略冒険の書のように、一時間ごとに日記を書いていくつもりはありませんので、(一部の方に)期待させてしまってすみません…。
ゆっくりプレイすると100時間近くかかるという噂もあり、書く時間だけでも相当大変です。
その上、一時間に一つの日記を書くということは、一時間のうちに毎回メインイベントがないと、書いていけません。
どこかのダンジョンに入って、途中まで進んだだけで一時間だったりすると、日記を書く内容が無くなってしまいます。
○時間目のプレイ日記

△△街を出て、××ダンジョンへ行った。
モンスターを倒しながら、途中のセーブポイントに着いたところで一時間。
レベルも上がりませんでした。

終了。
こういうRPGは意外とたくさんあります。
ドラクエがどれだけプレイ時間を考慮して作られているかがわかりますね。


FF12の面白い現象として、ドラクエ8発売時の様子と比較されたりしています。
ドラクエ8発売時の様子
DQ8発売日のビックカメラの様子123

FF12発売時の様子
FF12発売日のビックカメラの様子123
なんだか見ていて悲しくなってきます。
他にも、FF将業売!ゲーム界の神光臨うらたん/二次元探偵でもFF12発売時の様子が書かれています。

盛り上がっていないのは、自分だけではなくて、周りでも盛り上がっていないみたいです。
あとは、ゲーム内容で盛り返してもらいたいところですが、今のところは…。