ZAPAnet総合情報局 > [Z]ZAPAブロ〜グ2.0 > 音楽 > 【PR】低音重視!SoundPEATS QY9 レビュー

【PR】低音重視!SoundPEATS QY9 レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年01月21日 カテゴリ:音楽
SoundPEATS QY9


SoundPeatsさんから、クーポンをいただきBluetooth イヤホン QY9を購入しました。

先月提供いただいた【PR】SoundPEATS Bluetooth イヤホン QY8 レビューに続いてのレビューになります。箱のイメージは、前回のQY8が青だったのに対し、QY9は赤です。
SoundPEATS QY9


箱を開けると、QY8と同様、サウンドピーツのロゴ入りセミハードケースが出てきました。
SoundPEATS QY9


説明書は、残念ながら今回も英語表記のみ。
SoundPEATS QY9


内容物はたっぷりで、QY9スポーツ・ブルートゥースヘッドセット本体、USB充電ケーブル、イヤーフック、イヤーピース、プラスチックのクリップ、結束用パーツ、ユーザーガイド。
SoundPEATS QY9


セミハードケースに入っているところが良いです。マイクロUSBケーブルがなぜか白色で、ここは黒色の方が統一感があって良いように感じました。
SoundPEATS QY9


イヤホン本体。やや大きめです。どちらが右でどちらが左かわかりにくいですが、ボタンのある方が右(R)になります。
SoundPEATS QY9


「スポーツ仕様 生活防水 イヤホン」と書かれているだけあって、マイクロUSB端子のところも水が染みこまないようになっています。ケーブルは、絡まりにくいフラットタイプです。
SoundPEATS QY9


ボタンは、電源をオン/オフしたり再生/一時停止するためのボタンと、音量調整用のボリューム+/-したり曲送りしたりするためのボタンの3つ。操作は覚えてしまえば簡単です。
SoundPEATS QY9


イヤーフック、イヤーピース類は豊富で、自分の耳に合わせてカスタマイズできます。
SoundPEATS QY9


イヤホン本体は16グラム。大きさの割に軽いです。ケーブルはけっこう短めです。
SoundPEATS QY9


スマホと並べたときのサイズ感はこんな感じ。音楽再生時間は、仕様によると約6時間(意外ともちます)。Bluetooth V4.1、対応プロファイルはHSP/HFP/A2DP/AVRCPに対応しています。apt-Xにも対応しています。
SoundPEATS QY9

SoundPEATS QY9を聴いてみて

SoundPEATS QY9を長押しで電源を入れ、スマホからBluetooth機器の検索。イヤホンとスマホをペアリングして準備完了。最初に聴いてみて、「お、低音に振ってあるな」と思いました。低域の厚みが豊富で、Bluetoothイヤホンにしては重低音もイイ感じに鳴っています。反面、中域はかなり控えめ。もしかして中域が引っ込んでいたら嫌だなぁと思って、イヤホンをしっかり耳にはめて長時間聴いてみたら、引っ込んでいるというほどでもなく、控えめなだけであることがわかりました。低音は他の音と分離してドンドンと鳴らすタイプなので、控えめながらも意外と聴き取りやすいボーカル音になります。

しばらく聴きこんでみて。QY9は、全体的に音が尖っていなくて、攻撃的なところもないので、低音重視ながら長い間リスニングしていてもそれほど疲れないタイプです。こもり感やノイズ感も少なく、中音域や高音域は控えめながら、音のチューニングはうまくできています。クリアなのに高音は刺さらないし、シャカシャカもしていないので高級感があります。最初はBluetoothイヤフォンで低音重視だとバランスはどうかな…と心配だったのですが、聴いているうちに好きになったイヤフォンです。価格的にはそれほど安くありませんが、低音重視で柔らかめの音が好きなら(聴いているうちに少しシャープになったように感じますが)、かなりオススメできるイヤフォンです。