ZAPAnet総合情報局 > [Z]ZAPAブロ〜グ2.0 > 雑記 > Amazon公式Twitterも他人のアフィIDを付けて掲載

Amazon公式Twitterも他人のアフィIDを付けて掲載

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年05月14日 カテゴリ:雑記
以前、「他人のアフィリエイトIDを載せてしまうことはありえるのか」という記事を書きました。間違って他人のアフィリエイトIDを載せてしまったことから、「ステマ乙」と言われてしまった事件の検証です。

アマゾンのアフィリエイト(アソシエイト)の場合、他人のページで紹介されているIDコード付きのリンクを介してURLをコピーすると、他人のアフィリエイトIDを含んだままになってしまいます。そのままコピペすると、他人のID付きで紹介してしまうことがあります。

現に、うちのサイトで紹介したAmazonへのリンクが他の掲示板などにコピペされて、「アフィ乙」などと言われている現場を何度か見たことがあります。

このように、アマゾンのURLをコピペする場合は、URLの内容を確認してからでないと、意図せず他人のアソシエイトID付きで掲載してしまうことがあります。


さて、今日になって、Amazon公式Twitterでも他人のIDを付けて掲載していると話題になっていました。
アマゾンツイッター

アマゾン公式ツイッターで「進撃の巨人 超硬質ブレード型カバー 調査兵団ver.」という商品の紹介がツイートされました。予約受付中の「amzn.to/RBsUWU」というURLにアクセスすると、「enumeration-22」というID付きのアマゾンページに飛ばされます。

アマゾンID

この「enumeration-22」というIDは、オレ的ゲーム速報@刃で使われているIDです。

調べて見ると、【かっけえ】『進撃の巨人 超硬質ブレード型iPhoneカバー』が本日から予約開始! 兵長ごっこが捗るぞ! : <$Blogp.pTitle ESCAPE$>のページで、進撃の巨人 超硬質ブレード型カバー 調査兵団ver.の商品が紹介されていました。

ここから推測できることは、
アマゾン公式ツイッターの中の人がオレ的ゲーム速報@刃のページを見た

オレ的ゲーム速報@刃のIDを含んだアマゾンのURLをツイート
という流れです。あるいは、オレ的ゲーム速報@刃のページを見た誰かがオレ的ゲーム速報@刃のIDを含んだアマゾンのURLをツイートし、それをアマゾン公式ツイッターの中の人がコピペしたかです。

アマゾン公式で他人のID付きツイートが投稿されたことから、一部で「ステマ乙」とまた言われているようですが、今回も単なるミスみたいなものです(そもそも、IDが含まれていようといなかろうと、購入者には関係ありません)。前回の魔法少女まどか☆マギカのときは、シャフトから「リンク先ミスは、web担当の確認ミス」というお知らせが出ました。

つまり、今回も前回も、おそらくステマではありません。他人のID付きでツイートしてしまう(されてしまう)ことはよくあることです。

Twitter / 検索 - enumeration-22」をチェックしても、昔から「enumeration-22」付きのツイートが投稿されています。コピペして他人のID付きで載せてしまうことはよくあります。


アマゾンでは、公式のタグを持っていて、
Twitter / AmazonHelp: @outel_outside 「tag=hydtw数字-22」と「tag=hydfb数字-22」のタグはAmazon公式のタグです。一般のアフィリエイトタグではありませんのでご安心ください。SK
本来は、他人のIDを削除するか専用のタグを使うべきだったのでしょうが、そのまま載せてしまったようです。


なお、アマゾンアソシエイトには、トラッキングIDという機能が備わっています。複数のIDを取得して、戦略別にIDを使い分けられる機能です。「enumeration-22」というIDが、何かのプロモーション用に使うときのIDで、それをオレ的ゲーム速報@刃とアマゾン公式が使った、と考えられなくもないです。ただ、これは考えすぎでしょう。同じIDを使い回すとすぐバレますし。よって、今回の件も、「極めて多忙ななかで差し替えを忘れたミス」程度のものだと思います。





追記:アマゾン側の人為的なミスだったとのお詫びツイートが「Twitter / AmazonHelp: @omotigome お問い合わせいただいた件、人為的なミス ...」等に投稿されました。
お問い合わせいただいた件、人為的なミスで生じ、ご迷惑をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。本件、ご指摘いただいたツイートは既に削除しております。再発防止に向けて既にプロセスの見直しを行い、改善を図っております。 RI
やはり、ただのミスだったようです。