ZAPAnet総合情報局 > [Z]ZAPAブロ〜グ2.0 > カメラ・写真 > ねぇ、結局デジカメって何万画素必要なの?

ねぇ、結局デジカメって何万画素必要なの?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2009年05月05日 カテゴリ:カメラ・写真
前回の「1/60秒シャッターで実質解像度は1/4以下」にだまされてはいけないは、2000万画素を越える高級デジカメでは、焦点距離に対してシャッタースピードが遅いとブレが目立ちやすいということでした。

さて、一般的な人にとって「2000万画素のデジカメ」は必要なのでしょうか?

今回は、写真を「印刷」する面から、デジカメに必要な画素数に迫ってみました。


(このアルパカの写真は、600*400ピクセルなので24万画素です)


印刷のきめ細やかさは「dpi」という単位で表します。dpiはdots per inchの略で、つまり1インチ辺りのドット数になります。普通に写真をプリントするのであれば、200dpi程度で十分きれいと言われています。商業印刷には、350dpiを要求されることが多いようです(少しくらい低い値ならほとんど問題ありませんが、明らかに小さなdpi値であると、ギザギザした画質で印刷されてしまいます)。パソコンのディスプレイの場合、Macは72dpi、Winは96dpiが一般的です。


印刷に必要な写真の画素数を求めるには、1インチ辺りのドット数と用紙サイズから求めることができます。用紙の大きさから必要な画素数を求めるには、以下の計算式を使います。
必要な画素数 =
 (用紙の縦の長さ(mm)/25.4*dpi) * (用紙の横の長さ(mm)/25.4*dpi)

用紙のサイズを与えれば、dpiごとに必要な画素数が計算できます。エクセルに値を入力して表にしてみました。

用紙 縦の長さ
(mm)
横の長さ
(mm)
200dpi印刷に
必要な画素数
300dpi印刷に
必要な画素数
350dpi印刷に
必要な画素数
名刺 55 91 31万画素 70万画素 95万画素
L版 89 127 70万画素 158万画素 215万画素
ハガキ 100 148 92万画素 206万画素 281万画素
2L版 127 178 140万画素 315万画素 429万画素
6切り 203 254 320万画素 719万画素 979万画素
A4 210 297 387万画素 870万画素 1184万画素
4切り 254 305 480万画素 1081万画素 1471万画素
A3 297 420 773万画素 1740万画素 2369万画素
A2 420 594 1547万画素 3480万画素 4737万画素
A1 594 841 3097万画素 6969万画素 9485万画素

一般的なプリントで200dpiで印刷する場合、L版サイズに必要な画素数は、70万画素です。A4印刷でも、400万画素あれば十分ということがわかります。A3印刷でも800万画素でいけます。

さて、ここで質問です。
今まで一番大きく印刷した用紙のサイズは何ですか?
よくある写真のサイズと言えば、L版サイズで、この大きさでしかプリントしたことがない人も多いのではないでしょうか。そういう人であれば、わずか70万画素のデジカメで十分ということになります。

家庭用プリンターで一般的なものは、A4サイズまでの印刷に対応しています(A3プリンターはやや高価です)。よって、最大A4サイズまで印刷する人はけっこういます。そういう人なら、400万画素のデジカメで十分ということになります。多少トリミングしたいのであれば、600万画素くらいのデジカメで撮影していると余裕があります。

A3以上のサイズで印刷する場合はもっと画素数が必要です。しかし、A3以上のサイズでガンガン印刷する人はどれくらいいるのでしょうか?お店でプリントするとA3プリント1枚で4000円くらい取られたりします(お店によって違います)。家でプリントする場合でも、A3プリンターを用意する必要があり、しかもインクをどんどん消費していきます。たくさん印刷してしまうと写真の置き場所にも困るような気がします。普通の人は、大きくてもA4までの印刷が多いのではないでしょうか。


というわけで、一般的な人にとっては、
デジカメは600万画素あれば十分
ということで良いと思います。撮影した写真を印刷しないで、ディスプレイで楽しむ人の場合でも、フルHD液晶(1920 * 1080)なら約208万画素あれば全画面表示することができます(写真の縦横の比率により、必要な画素数は増加します)。


一方で、より高画素が必要な人たちもいます。商業印刷や大きな広告に必要な写真を撮る人たちです。A4サイズまでなら350dpiでも1200万画素で十分ですが、それ以上のサイズになると、より高画素のデジカメを要求されます。そういう人たちにとっては高画素のデジカメが必要になってきます。ですが、一般の人にはあまり関係のない話ですね。

今現在売っているデジカメはほとんど1000万画素前後になってしまったため、もう画素数で選んでも意味のない時代になってしまいました。むしろ、いたずらに画素数を増やすことで画質を落としてしまっているデジカメも多く見受けられます。画素数に惑わされずに、その他のポイントでデジカメは選ぶべきです。

デジカメに1000万画素はいらない
たくき よしみつ
講談社
2008-10-17
コメント:どんなデジカメを買おうかと迷っている方は是非どうぞ
コメント:光学理論を知らない人に最適な本
コメント:デジカメの入門には良いかも。
コメント:写真を撮る楽しみが増えました
関連商品:裏技デジカメ術
関連商品:デジカメ上手になる―あなたもプロなみ! (上手になる本)
関連商品:カラー版 基本がわかる!写真がうまくなる!「デジタル一眼」上達講座
関連商品:小さな工夫でプロ級に!デジカメ撮影の知恵

by [Z]ZAPAnetサーチ2.0


関連リンク