ZAPAnet総合情報局 > ZAPAブログ2.0 > ゲーム全般 > Dead or Aliveの発売延期で147人が集団自殺

Dead or Aliveの発売延期で147人が集団自殺

このエントリーをはてなブックマークに追加
2007年02月06日 カテゴリ:ゲーム全般
YouTube - 仏ニュース「 日本の若者 147人が奇妙な 集団自殺」 と誤報という動画がありました。
リンク先を開いてみると、関連動画に「Dead or Alive」の動画が大量に並んでいたので、
自殺=Dead or Alive
なのかな、と思いましたが…


よくよく考えてみると、ゲームが発売延期されたくらいで147人も集団自殺してしまうような熱狂的なゲームは日本にありません。(日本で一番人気があり発売延期がよくあるドラクエでさえ、発売延期による集団自殺はありません。ドラクエ狩りはありましたが…)


実際にこのフランスでのニュース検証番組を見てみると…



ニュース内では、「日本の女性は、生き辛さからインターネット上で集まり結束を固めた後、共に命を投げ出すために外で待ち合わせる」と語られています。
ところがこれは、ジョークで書いた記事を本気にしてニュースで流してしまい、それを見たフランスの人たちが「日本人ならやりそうだ」と思ってしまったみたいです。
「あるある大事典2」でもあったような「セリフと字幕のすり替え」も行われていました。

デッドオアアライブのゲームの特性から、「シリコンパックを呑んで自殺した」というジョークを本気にしてしまったニュースでした。