ZAPAnet総合情報局 > ZAPAブログ2.0 > スポーツ > 日本ハムが44年ぶり日本一に

日本ハムが44年ぶり日本一に

このエントリーをはてなブックマークに追加
2006年10月26日 カテゴリ:スポーツ
日本ハムが44年ぶり日本一になりました。おめでとうございます。

今年6月に横浜開港祭でラスト新庄を見に行きましたが、その時は「日本ハムが日本一」になるなんて夢にも思っていませんでした。
見に行く前は、小笠原とセギノールは文句なしでも、正直他の選手はどうなんだろう?と思っていました。

スタジアムのレフト側スタンドに座って見ていると、すぐ目の前にいるレフトの選手が気になりました。
レフトの選手の立ち姿を後ろから見て、「色が白くて、髪の毛が無くて、長身でバネのある動き」の選手がとても気になっていました。
森本のことをあまりよく知らなかったので、試合前練習時には白人の外国人選手かと思ってしまいました。
初回先頭打者ホームランを打って日本人だと気付きましたけど。

↑森本稀哲(モリモトヒチョリ)がホームインした瞬間 ↑

「日本ハムには、こんな良い選手がいるんだ」とは思ったものの、ピッチャー陣やその他野手を見ても優勝争いは遠いと思っていたのですが…

先発ダルビッシュ、八木の若手ピッチャーの頑張りと、中継ぎ岡島・武田、抑えMICHEALの投手陣の活躍でいつの間にか日本一まで上り詰めてしまいました。
ピッチャーが頑張れたのも、外野の稲葉・新庄・森本のラインが安定していたおかげだと思います。

この横浜VS日本ハムを観戦したとき、横浜には、多村、村田、吉村、内川、古木らホームランを打てるバッターがたくさんいて、金城、石井琢朗、鈴木尚典ら打率の良いバッターもいて、打撃面だけを見れば横浜もかなり良いチームのように感じていました。

終わってみれば、
日本ハムはパ・リーグ1位&日本一、
横浜はセ・リーグ最下位でしたけど…。


あの時の試合では、新庄のポール直撃ホームランや、まだ有名になる前の森本を見ることができて、ラッキーだと思いました。
日本ハムが北海道に移ってしまって、神奈川で日本ハム戦を見るのはなかなか大変ですからね。
うちの母親が毎日のように「新庄見たい!新庄、体がボロボロになりながら頑張ってるんだよ!えらいね〜!」と叫んでいたので、新庄ファンにとっても日本ハムの優勝は嬉しかっただろうと思います。

優勝おめでとうございました。


関連:横浜開港祭でラスト新庄を見に