ZAPAnet総合情報局 > ZAPAブログ2.0 > 音楽 > 【PR】SoundPEATS Bluetooth イヤホン Q20 レビュー

【PR】SoundPEATS Bluetooth イヤホン Q20 レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年07月14日 カテゴリ:音楽
SoundPEATS Q20


SoundPEATSさんからクーポンコードをいただき、SoundPEATS Bluetooth イヤホン Q20を購入しました。

黒い箱で格好良く、箱の上には「SoundPEATS」とメーカー名が入っていました。
SoundPEATS Q20


裏側には製品名であるSoundPEATS Q20と書いてありました。
SoundPEATS Q20


オープン!
SoundPEATS Q20


中には、セミハードケースと説明書。
SoundPEATS Q20


説明書は、残念ながら英語でした。
SoundPEATS Q20


セミハードケースをオープン!中には、いろいろ入っていました。
SoundPEATS Q20


SoundPEATS Q20 Bluetooth イヤホン本体、S ,M ,L 3サイズの密閉型イヤーピース、S, M 2サイズの半密閉型イヤーピース、S ,M ,L 3サイズのイヤーフック、USB充電ケーブル、クリップ、結束用パーツが入っていました。
SoundPEATS Q20


耳に合わせて、いろいろなタイプのイヤーピースやイヤーフックを選べます。
SoundPEATS Q20


これがSoundPEATS Q20本体。
SoundPEATS Q20


イヤホン本体には、リモコンも付いています。
SoundPEATS Q20


イヤフォン本体はマグネット式。LとRがマグネットで付くようになっています。面白いのは、マグネットで合体しているときは電源OFF、外れているときは電源ONという仕組み。
SoundPEATS Q20


スマホとのサイズ感はこのような感じです。イヤホン本体は意外と小さいです。
SoundPEATS Q20


重さも、ケーブルと途中のリモコンを含めて16グラム。軽いです。
SoundPEATS Q20

SoundPEATS Q20を聴いてみて

SoundPEATS Q20を聴いてみて、まず最初に感じたのが、「低音がドシドシ来る!」ということ。低音の厚みというよりは、圧のある低音です。これが少し古い曲やしっとりした曲だとすごく合います。逆に初めから低音の強い最近の洋楽とかだと、低音が効きすぎていて、個人的には聞きづらいです。楽曲を選ぶイヤフォンだと感じます。apt-Xにも対応していて、高域もなかなか良く、音が刺さったりもしません。中域の引っ込みも感じず、曲が合えばすごく良いイヤフォンです。

装着感については、耳から外れにくくするイヤーフックは面白いのですが、充電の際に外す必要があります。最初に付いていたMサイズのイヤーフックとMサイズのイヤーピースの組み合わせは、自分には少し窮屈に感じたので、替えました。そして、いろいろ試す中で、イヤーフックがなくてもズレ落ちないことを確認できたので、イヤーフックも外しました。イヤーフックがないと、充電も楽になります。交換用パーツが多いので、いろいろ試せます。16グラムとイヤフォンが軽く、クリップと結束用パーツも付いているので、自分好みに調整しやすいです。音量については、Androidの方は問題ありませんが、iPhone5では本体と連動してしまい、最小にしても少しボリュームが大きい感じです。

ということで、SoundPEATS Q20は、曲によっては低音が強すぎることもありますが、曲が合えばなかなか良い音質のBluetoothイヤフォンでした。