ZAPAnet総合情報局 > ZAPAブログ2.0 > 音楽 > 【PR】スポーツに最適なBluetoothイヤフォン!Aukey EP-B11 レビュー

【PR】スポーツに最適なBluetoothイヤフォン!Aukey EP-B11 レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年08月18日 カテゴリ:音楽
Aukey EP-B11


Aukeyさんから、スポーツに最適なBluetoothイヤフォン「Aukey EP-B11」をいただきました。

このイヤフォンは、Bluetooth 4.1に対応している耳掛け式のイヤフォンです。パッケージは、エコなダンボールパッケージではなく、白と黒と黄色をいかした格好良いデザインでした。
Aukey EP-B11


Bluetooth4.1に対応(最長10m)していて、最長5時間の連続駆動が可能で、待ち受け時間は180時間です。「sweatproof」と書かれていて、スポーツ向きの防汗仕様となっています。
Aukey EP-B11

Aukey EP-B11開封

EP-B11の箱を開けてみました。
Aukey EP-B11


中身は、イヤフォン本体、充電用USBケーブル、イヤーピース6個(Mサイズ2個は本体に装着済み)、取扱説明書でした。
Aukey EP-B11


説明書は、日本語表記ありでした。Bluetoothは意外と操作方法がわかりづらかったりするので、日本語表記はありがたいです。
Aukey EP-B11


イヤーピースは、なんと計6個入り!各自の耳のサイズに合わせて交換できます。
Aukey EP-B11


イヤフォン本体。スポーツをしていてもずれにくいように、耳掛け式となっています。イヤフォンを差し込む部分は、グルグルと360度回るようになっています。
Aukey EP-B11


コントローラーはやや大きめで、上から、音量+/曲送り、マルチファンクションボタン、音量-/曲戻りとなっています。ボタンの部分がポコッと膨らんでいるので、手で触って3カ所の位置を確認できます。目で見なくても操作できるので、走りながらでも操作できます。
Aukey EP-B11


iPhone5と並べたときの大きさはこのような感じでした。
Aukey EP-B11


重さは、実測で約21gでした。重いとスポーツに集中できなくなってしまうので、軽ければ軽いほど良いです。
Aukey EP-B11

Aukey EP-B11 ペアリング

Aukey EP-B11のマルチファンクションボタンを長押しすると、音声と共にAukey EP-B11の電源が入ります。この状態でスマホ側からBluetoothを検索すると、「Aukey EP-B11」というデバイスが見つかります。
Aukey EP-B11


「Aukey EP-B11」を選んでペアリングすれば、準備完了です。
Aukey EP-B11


Aukey EP-B11のバッテリー残量は、iPhoneならば上部に充電容量が表示されます(Bluetoothアイコンの右側)。充電のタイミングがわかるので、iPhoneユーザーには嬉しい仕様です。イヤフォン本体の充電は、コントローラ側面の防汗カバーを外し、付属のマイクロUSBケーブルを挿して充電します。
Aukey EP-B11

Aukey EP-B11を装着してみて

Aukey EP-B11でまず試したのは、装着具合。このイヤフォンはスポーツ向けなので、何より大事なのは、「装着感」です。「動くとすぐズレる」ようなイヤフォンでは、スポーツには使えません。

最近は、カナル型の耳穴に突っ込むイヤフォンと、頭の上からかぶるヘッドフォンのみを使っていて、耳掛け式のイヤフォンを使うのは本当に久しぶりでした。Aukey EP-B11の形をみて、「どうやって耳に掛けるんだろう?」と不思議に思いながら耳に掛けてみると、耳の周りに見事にフィット。イヤーピースの部分は360度回るので、ある程度の位置合わせも可能でした。

実際にEP-B11を耳に掛けて走ってみましたが、ズレないですね。

耳の周りにしっかり掛かっているので、動いてもズレないです。イヤフォンの部分も軽いので、この辺りの造りはなかなか良いです。

ただ、コントローラの部分は、やや重く感じました。耳が引っ張られるほど重くはありませんが、もう少しだけ軽いとより良かったです。ストッパーでコードの長さを調節できるようになっているので、ブラブラしないように調節が必須です。嬉しかったのは、ケーブルを触ったときのタッチノイズがほとんどなかったこと。カナル型イヤフォンの中には、ケーブルを少し触るだけで「ボッボッ」と音がなってしまうものもあります。EP-B11は大丈夫でした。さすがはスポーツ用に作られているだけあります。マイクも付いているので、そのまま通話もできます。イヤフォンの質だけを見れば、2000円台で手に入るイヤフォンだとは思えない造りです。

Aukey EP-B11を聴いてみて

EP-B11で音楽を再生してみて、最初に感じたのは、「音が軽い!」ということでした。重低音がほとんど出ていなくて、軽く明るい音質です。中高音に特徴のあるイヤフォンです。

イヤーピースを変えれば低音も出るかとも思ったのですが、変えてもダメでした。カナル型と違って耳掛け式なので、自分の耳穴のベストポジションに持っていけないので、自由度は低いです。スポーツ用としては、ズレないことが大事なので、仕方ないかもしれません。全体的に軽い音なので、低音好きの人には合わないイヤフォンだと思います。走っても音飛びなどはなかったため、明るい音を聴きながらスポーツをしたい人に向いていると思います。

まとめ

EP-B11は、Bluetooth 4.1に対応しているズレにくい耳掛け式で、防汗仕様のスポーツ向きイヤフォンでした。耳の形に合うかは多少個人差がありそうですが、造りは良く、なかなかコスパに優れていそうなイヤフォンだと感じました。