ZAPAnet総合情報局 > ZAPAブログ2.0 > スポーツ > 【期間限定】横浜の体育館にスケートリンクが出現!

【期間限定】横浜の体育館にスケートリンクが出現!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年03月05日 カテゴリ:スポーツ
久しぶりにスケートしてみたいなと、先月ふと思いついて。久しぶりって一体どれくらいだろう。過去十年の記憶を辿ってみても、スケート場に行った記憶がない。20代になってから行った覚えはないし、となると10代のときが最後。高校生の時に行ったかなと思いだしてみても、記憶がない。

最後、どこのスケート場に行ったか。確実に思い出せるのは、横浜ドリームランドのスケート場。横浜ドリームランドは13年前に潰れているので、確実にそれよりは前。

多分、中学生の時だな…

と、なんだかわかったような気がして、年数を計算してみると、約20年前。「久しぶり」というレベルはとっくに超えていて、今でも滑れるのかどうか試してみたくなって、どこかアイススケート場に行ってみることに。

四半世紀近く前に東神奈川のスケート場に行った覚えがあるので、「横浜 スケート場」で検索してみると、出てきたページは「神奈川スケートリンク | トップページ」。
2014年10月19日JR関内に神奈川スケートリンク関内オープンしました
という謎の文字が。

「あれ、東神奈川のスケート場はどこに?」と。スケート場のあったハマボールは東日本大震災で潰れてしまったし、東神奈川のスケート場も消えてしまったのかと心配しました。

調べてみたところ、東神奈川の神奈川スケートリンクを建て直すために、一時的に関内にスケート場を作ったとのことでした。

それで、関内のスケート場はどんなものだとチェックしてみたら、なんと体育館!

旧横浜市立横浜総合高校の体育館に氷を張って、そこで滑れるという期間限定のアイススケート場!

体育館でアイススケート!これはやるしかない!ということで、約20年ぶりにスケートしに行ってきました。

JR関内駅よりも横浜市営地下鉄ブルーライン伊勢佐木長者町駅の方が近いと書いてあったので、地下鉄で。地上に出て、どっち方向に進むかわかりづらかったので、地図を確認してから行った方が良いと思います。

歩くこと数分。「神奈川スケートリンク関内」と書かれた建物が見えてきました。左の門の所に、「学校関係者以外、立ち入らないで下さい。学校長」と書いてあるところが、学校っぽくて良いです。
スケート場

中に進むと、スケートリンク入口が!関内にある学校の中にスケート場があるなんて、言われないとわかんないですよね。
スケート場

スケート場利用料金は、貸靴込みフリータイムで1,200円。子どもの頃はスケート場は高いようなイメージがあったのですが、大人になってみると安く感じます。映画見るより安いです。

貸し靴は、棚から好きなのを選ぶセルフ方式。こういうタイプだと、サイズが合わなくてもすぐに交換できるので良いです。靴を選んで、靴を履く前にスケート場の様子でも写真に撮っておくか、とスケートリンクにカメラを向けた瞬間、女性がこっちに滑ってきました。そして怒られました。許可を取ってから撮影して下さい、と。勝手に写真を撮ってはいけなかったみたいです。女性スタッフの目が光っていました。

もう一度窓口に戻り、撮影許可申請を出して、無事撮影ができるようになりました。

スケート場の中は、体育館だけあって、壁側の上にはバスケットゴール。横にはステージ。天井はいかにも体育館。体育館でアイススケート。期待通りのロケーションでスケートができました。

中学の時バスケをやっていたので、体育館全面を使ったスケート場ならそれなりに広いだろう、と思っていたのですが、滑ってみると少し狭かったです。バスケットコートを端から端まで全力疾走すると疲れるのに、スケートだとすぐ一周できてしまいます。コーンが置かれていて、中央は上手い人のジャンプやスピンのためのスペースになっていました。一般人は外側をグルグル回るだけなので、スピードを出しすぎると危ないです。約20年ぶりのスケートに慣れてきたら、リンクが狭く、混雑しているように感じてきました。

最初は滑れるのかちょっと心配でしたが、1〜2時間滑っていたらかなり感覚を思い出しました。転ぶこともなかったです。意外と滑れますね。

体育館のスケート場で撮影した写真はというと…撮影許可申請とは別に、掲載許可申請を出さなくてはいけません。一枚一枚許可をもらわないといけないので、掲載許可申請は出していません。よって、このブログには写真を載せられません。何か掲載させたくないスケート場の秘密や盗撮を恐れているのだろうかと思ったら、このご時世なので、プライバシーの問題が発生するといけないので、許可が必要だそうです。

体育館のアイススケート場の様子は、下記記事を参照してみて下さい。

ということで、期間限定、体育館で滑れるアイススケート場でした。この仮設リンクは今年10月までの予定です。興味を持った人は、この機会に行ってみてください。新しい東神奈川のスケート場は今年12月オープン予定で、60m×30mの大きな国際規格のスケート場としてリニューアルするようです。体育館で滑れるのは10月までなので、忘れないうちに行っておいた方が良いと思います。