ZAPAnet総合情報局 > ZAPAブログ2.0 > パソコン(PC) > Windows 8.1 Update をインストール!

Windows 8.1 Update をインストール!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年04月09日 カテゴリ:パソコン(PC)
本日4月9日、MicrosoftからWindows 8.1用のアップデート「Windows 8.1 Update」がリリースされました。

この「Windows 8.1 Update」をインストールすると、Windows 8.2やWindows 8.1 Service Pack1 といった名称に変化するわけではありませんが、Windows8.1のシステムに細かい変更点が多数加えられます。

元々Windows8は、タッチパネル用のモバイル向けUIと既存のデスクトップUIを融合したようなシステムになっていて、タッチパネル用に少し力を入れすぎてしまったせいか、既存のデスクトップユーザーから不満が出ていました。それを改善したのがWindows8.1で、そこからさらにデスクトップUIとタッチUIを融合させたのがWindows 8.1 Updateとなります。

以下、実際にWindows 8.1 Update をインストールしてみて、変わっていたところを列挙してみます。


・デスクトップ画面右上や右下にマウスカーソルを持って行ったときのチャームの表示が遅くなった(多分、チャームがすぐに出てきてウザいという批判があったため)。
・スタート画面に電源ボタンが付いた(多分、どうやって電源を落としたら良いかわからないという苦情があったため)。
・スタート画面で右クリックするとメニューが出るようになった(多分、デスクトップと操作感を統一するため)。
・ストアアプリの上にタイトルバーと最小化ボタン、終了ボタンが付いた(多分、デスクトップと操作感を統一するため)。
・デスクトップ画面のタスクバーにストアアプリが勝手にピン留めされた(多分、こんな機能が付いたよとユーザーに知らせるため)。
・デスクトップ画面のタスクバーにストアアプリを表示できるようになった(デスクトップアプリとストアアプリがシームレスに)。
・Windowsを動かすために必要なメモリとストレージ容量が減った(らしい)。
・SkyDriveがOneDriveに変わった(この前、名称変更されたので)。


パッと触ってみて気付いたのは以上です。主に、既存のデスクトップユーザーからのフィードバックで使いやすさを改善しつつ、新しいストアアプリも使ってもらおうという方向性の見えるアップデートでした。チャームの表示時間が変わったこと以外は、悪い影響はないと思われます。時間のあるときにでも、Windows Updateからインストールしておくと良いと思います。