ZAPAnet総合情報局 > ZAPAブログ2.0 > 雑記 > PDFをページ分割して、ネット予約して、コンビニでプリントしてみた

PDFをページ分割して、ネット予約して、コンビニでプリントしてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年05月02日 カテゴリ:雑記
PDFを印刷する必要性が出てきて、ひとつ困ったことがありました。

「いま、プリンターが壊れている!」

壊れているというか、インクヘッドが目詰まりしていて、かすれてしまって、うまく印刷できないんですね。目詰まり解消のためにヘッドクリーニングをしていると、そのうちインクがなくなって、まったく印刷できなくなります。

今までにも何度も経験があるのですが、ヘッドクリーニングしても目詰まりが直らなくなってしまうことがあります。

しかも、以下のような無限ループで、インク代がアホみたいにかさみます。
目詰まりしました、ヘッドクリーニングしてください

インクがなくなりました、新しいインクに交換してください

(新品インクに交換)

目詰まりしました、ヘッドクリーニングしてください

インクがなくなりました、新しいインクに交換してください

何色かあるカラーインクのうち、たった1色でもインクが空になると印刷できなくなります。最近の機種ではインク1色なくなっただけで、カラー印刷はおろか、モノクロ印刷までできなくなってしまって、非常に不愉快な思いをすることがあります。

黒のインクを1色使って、モノクロ印刷したらええやん

と思ったりするのですが、プリンターがいうことを聞いてくれません。


さて、プリンターを直す見込みが立っていないので、他にPDFを印刷する方法を考えてみることにしました。

そういえば、コンビニでPDFを印刷できたな、と。


以前とあるバンドの方から、歌詞を印刷してメンバーに配るときに、「超かんたんPDF作成!」を使っていると聞きました。「超かんたんPDF作成!」で曲のタイトルと歌詞をPDFに出力して、それをコンビニで印刷してメンバーに配っている、と。

へー、そんなハイテクな使い方があるんだーと、「超かんたんPDF作成!」作者の自分が驚いたことがありました。


ということで、今回は試しにPDFをコンビニで印刷してみることにしました。調べてみたところ、USBメモリ等にデータを入れてコンビニの端末に差し込んで印刷するタイプや、ネットでPDFを送信してコンビニで印刷するタイプがあることがわかりました。

今回は、ネットで簡単に予約ができるセブンイレブンの「ネットプリント」を使ってみることにしました。


PDFをアップロードする前に、一応印刷したいPDFのページのみに分割しておくことにしました。数ページあるPDFのうち、印刷したいページは1ページだけだったので、あとで手間にならないように1ページだけにしておけば確実だろうと思ったからです。

PDFを分割する際、無料の「Adobe Reader」にはページ分割する機能がないようだったので、フリーソフトを探してみることにしました。

探してみたところ、「SepPDF」というフリーソフトが見つかりました。ソフトを起動し、PDFをドラッグアンドドロップして、全ページ分解ボタンを押すだけでした。1ページずつすべてバラバラになるので、そこから必要な一枚を取り出して、「ネットプリント」にアップロードすることにしました。


「ネットプリント」の使い方はというと、まずは会員登録して、PDFのデータを送信します。8桁のプリント予約番号が発行されたら、それを控えて(ケータイに予約番号をメールしておくと簡単)、セブンイレブンに行きます。セブンイレブンのマルチコピー機のところでネットプリントを選択して、控えておいた8桁のプリント予約番号を入力します。最後にお金を入れて印刷ボタンを押すだけ、簡単です。無事、モノクロ印刷されたA4の紙が出てきました。

「ネットプリント」の場合、ネット環境さえあればUSBメモリなどは必要ないので、お手軽です。今回はA4サイズのモノクロプリント1枚で20円でした。


ということで、プリンターが壊れていても、PDFなら簡単に印刷できることがわかりました。