ZAPAnet総合情報局 > ZAPAブログ2.0 > > デカ盛りで有名な「鮨処 多喜田」に行ってきた

デカ盛りで有名な「鮨処 多喜田」に行ってきた

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年01月09日 カテゴリ:
孤独のグルメ」のテレビドラマ版が始まったことを記念して、たまにはグルメブログでも。

2012年、最初のグルメは、茨城県日立市にある「鮨処 多喜田」。「鮨処 多喜田」は、デカ盛りで有名なお店で、テレビでも放映されたことがある一部で有名なお店です。「ごはん 大盛りのほうがよかったか?」なんて絶対に思わない、「鮨処 多喜田」で初めて食べてきました。


お店に入ると、鉄火丼やとろいか丼等のメニューが。「うなぎ丼!そういうのもあるのか」と思ったり。



テーブル席に上がると、11時開店の店で11時5分には満員になっていました。何を注文しようか、どんぶりの名前を見てみると…「元祖 我が儘丼」「元祖 日立丼」など。貼られているメニュー以外に写真などは一切ないので、名前を見てもどんなどんぶりなのか全然わかりません。もっと気になったのは、どんぶりメニューがすべて1000円なのに、それでいてかっぱ巻や納豆巻も1000円。「1000円のかっぱ巻って何?本物のかっぱでも入ってるの?それともイリュージョンでも見せてくれるの?」と疑問に思ったりしながら、「元祖 我が儘丼」を注文しました。鉄火が半分、ネギトロが半分のどんぶりらしいです。日立丼は旬のお魚を使ったどんぶりだと、あまり愛想のよくなさそう女将さんが教えてくれました。



しばらく待ち、ついに我が儘丼が自分の元に!早速写真に収めようとしたら、店のご主人が出てきて「カメラはそうじゃない」とストップの声が。「えっ、写真撮るの禁止だったのか…」と思ったら…!我が儘丼は、ネギトロとマグロが半々にキレイに見えるようにこっちに向けて、それからタマゴが見えるにしないと、とネギをかき分け、写真用にセッティングしてくれました。そしてパシャリ。



「デカッ!」。マグロはみ出してるし。これで普通の並盛り。写真だとわかりづらいですが、少し大きめのどんぶりにたっぷりと、ご飯、デカネタマグロ、肉厚ネギトロが盛られています。ご主人によると、直接マグロに醤油をかけてはいけないとのこと。なぜなら醤油がこぼれるから。ワサビを小皿に取り、醤油を付けながらマグロを食べます。ネギトロの方はというと、ネギとタマゴを混ぜ、その上から直接醤油をかけて食べます。「モノを食べる時はね、誰にも邪魔されず自由で、なんというか救われてなきゃあダメなんだ、独り静かで豊かで・・・」なんて、このお店では思いません。料理を作った人のポリシーに共感して、その通り食べるのも一つのグルメだと思います。



女性用のごはん控えめの我が儘丼はこちら。「控えめ?」。控えめでも普通の店の並盛りよりも少し多いくらい。



そして我が儘丼を実食。まずはマグロから。うん、うまい。新鮮で大きくて美味しい。そしてネギトロ。ネギトロと黄身という組み合わせは初めて。「へー、こんな味なんだ」。以外と合います。ご飯は酢が効いていて、酢と黄身とネギトロのコラボレーション。ご主人によると、「これはカレーからヒントを得た」とのこと。カレーライスにタマゴを混ぜると、味がまろやかになるからそこからヒントを得て完成させたのが我が儘丼。寿司にタマゴの白身は使えないから、黄身だけを使っているのだそうです。うん、おいしい。

我が儘丼を半分くらい食べて、あることに気が付きました。「すでに腹八分目…」。並盛りなのに、ご飯のボリュームが普通のお店の大盛りと同じか多いくらい。しかも、マグロとネギトロが半々だと思っていたのに、これが違いました。マグロは見ての通りどんぶりからはみ出しているし、実はネギトロも多い。マグロの下にネギトロが隠れている部分が多くて、すごいボリューム。これで並盛りなら、大盛りはどうなっちゃうの?というと、大盛りはなんと2.5kg!2.5kgなんて冗談にしか聞こえませんが、中盛りと大盛りの写真を見せてもらって納得しました。信じられないサイズです。ネット上には、一期一食・テラめし倶楽部(バトル169・御食事処多喜田)や話題のクチコミサイト食べログの「多喜田 [食べログ]の口コミ」に載っています。

大盛りや中盛りどころか、自分には並盛りで限界。「このおしんこは正解だった」とたくあんを食べ、お茶を飲みながらホッとしてしまうくらい。どんぶりだけでなく、おしんこ、お通し、マグロのあら汁が付いているところもポイントが高いです。お腹いっぱいでしたけど。ご飯控えめでも中盛りでもお値段すべて1000円。大食いの人には本当に満足度は高いと思います(中盛り以上を残すと大変なので、大食い以外の人は絶対に注文してはいけません)。

「どこから来たの?」「神奈川です」なんてやり取りをしながら、話題の食べログやテレビ収録の裏話なんかも教えてもらったりしました。「鮨処 多喜田」では、ツーリングのお客さんがかなり多いらしいです(今の季節はそうではないらしいですが)。福島第一原発から100km程度しか離れていなくて、営業には響いているのではないかと予想します(上のサイトでは750円のメニューが、現在は1000円でした)。大変だとは思いますが、頑張ってもらいたいです。

我が儘丼をお腹いっぱい美味しく頂いて、最後はご主人のダブルピースでお別れ。


ごちそうさまでした。


追記:2013年10月14日に閉店されたとのことです。お疲れ様でした。