ZAPAnet総合情報局 > ZAPAブログ2.0 > 雑記 > 松戸市と栃木県の差

松戸市と栃木県の差

このエントリーをはてなブックマークに追加
2011年06月17日 カテゴリ:雑記
松戸市では、自主防犯団体の構成員の多くが60歳、70歳代以上で高齢化が進んでいることから、とあるポスターを作りました。
このポスターは好評のようで、「犯罪ゼロを目指すつもりが、ポスターを盗まれるじゃないか?」と心配の声が上がるくらいです。「平成23年6月28日(火)19時」からは、ポスターの無料配布がありますので、興味のある人はパトロール参加の問い合わせをしてみてください。



一方、栃木県には、下水道イメージキャラクターの「水樹 礼(みずき れい)」さんがいます。


名前の由来は「水が浄化センターで綺麗になる」ことからきているそうで、年齢は「ヒ・ミ・ツ」だそうです。松戸市のキャラクターとは雰囲気が全然違いますね。栃木県下水道イメージキャラクターには他に、トイレットマンスラーグ・キャリーさんがいます。

日本の自治体には、まだまだたくさんのキャラクターがいるのですね。






関連リンク:栃木には、ピンク色ビキニの水着姿で立っている男がいる