ZAPAnet総合情報局 > ZAPAブログ2.0 > 雑記 > 中学生のリアルと大人のリアルはちょっと違う

中学生のリアルと大人のリアルはちょっと違う

このエントリーをはてなブックマークに追加
2008年01月19日 カテゴリ:雑記
ケータイ小説を読んで、
「マヂ感動した!」
「リアルで泣ける!」
と感想を言っている中学生たちに、
いい年した大人たちが、
「あんなケータイ小説のどこがリアルなんだ!」
と怒っている姿を見ては、なんて滑稽なんだろう、といつも思っています。

現実的に考えて、いい年した大人が中学生に向かって
「ケータイ小説なんてリアルじゃないんだ。もっと世の中は…」
なんて、説教している姿を想像してみると、それだけでおかしく思えてきます。


では、なぜ中学生たちは「リアル」と表現するのか。
実は、中学生と大人では「リアル」の意味するところがちょっと違うのです。


わかりやすい例が、モンスターハンターポータブル2nd(以下MHP2)のレビューコメント。例えば、このようなレビューがあります。
「モンスターの鳴き声がリアル」
MHP2は、仮想世界で飛竜などのモンスターを狩るゲームです。
中世風の世界観などが現実には存在しないほか、武器や防具も仮想で、登場する飛竜など(リオレイア、リオレウス、フルフルなど)のモンスターも全て仮想です。
現実に存在しないモンスターの鳴き声、誰も聞いたことのない鳴き声を「リアル」と表現します。

これに対して、
「こんな世界は現実には存在しない。モンスターもいない。
 鳴き声なんて作られたものだから、リアルじゃないんだ。だから…」
なんて説教するのはおかしいと思いませんか?


しかも、この「リアル」という表現は一人だけが使ったわけではありません。
・刀などを抜刀する音やキャラが歩くときの音などの効果音はとてもリアルで良い
・ヘッドホンなど使うと音がリアルに感じられる
・歩く音、武器を振るう音、モンスターの声、フィールドの環境音など効果音がかなりリアル
・グラフィックがすごく綺麗。特に自然がリアルに描かれているところがいい
・前作よりモンスターの画像が綺麗になってた。全体的にリアル
・モンスターは実にリアルだし、遠景が綺麗すぎる
・モンスターとのリアルで迫力のある戦闘
・竜やステージ。または背景までリアルです!
・モンスターもリアルに作りこまれており、フィールドグラフィックも申し分なし

モンスターハンターポータブル 2nd(モンハン2) レビュー(評価) :: PSP mk2より


ケータイ小説を読んで「リアル」と表現する中学生に対して、「リアルじゃない」と反論するのはちょっとずれているんですね。中学生にとっての「リアル」をもう少し理解してあげても良いのではないでしょうか?


そのうち、「リアルじゃない(笑)」とか言われるようになってしまいますよ。




恋空〈上〉―切ナイ恋物語
美嘉
スターツ出版
2006-10

by [Z]ZAPAnetサーチ2.0
モンスターハンターポータブル 2nd
カプコン
2007-02-22

by [Z]ZAPAnetサーチ2.0