ZAPAnet総合情報局 > [Z]ZAPAブロ〜グ2.0 > プログラミングTIPS > PHP5.2.0とeAcceleratorのインストールメモ

PHP5.2.0とeAcceleratorのインストールメモ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2006年11月06日 カテゴリ:プログラミングTIPS
PHPの最新バージョンがリリースされました。
複数のバグと脆弱性を修正した「PHP 5.2.0」リリース
PHPの次期バージョン、PHP 5.2.0 リリース
PHPのバージョンアップをする時に、一緒にPHPアクセラレータもインストールしていますが、前回のインストールから何ヶ月か経っているとついつい手順を忘れてしまいます。
サーバーではPukiwiki(ポケットモンスター ダイヤモンド・パール攻略Wikiなど)やOpenPNE(ゲーマーSNS)などを動かしているので、PHPアクセラレータのインストールは必須です。
そこで、次回インストール時の手助けとなるようにLinux用のPHP5とeAcceleratorのインストールメモを残しておきます。
PHPアクセラレータで一番高速なのはどれか? - GIGAZINE
によると、最近ではPHPアクセラレータとしてXCacheがオススメらしいですが、今回は安定して使えている今までと同じeAcceleratorを使いました。
(PHP4の頃はPHPAを使っていました→PHP Accelerator インストールメモ

PHPのインストール

サーバーに管理者権限でログイン。
ソースダウンロード場所に移動。
cd /usr/local/src
続いてPHP5.2.0のダウンロード。
wget http://jp.php.net/distributions/php-5.2.0.tar.gz
ダウンロードしたファイルの解凍。
tar xzvf php-5.2.0.tar.gz
解凍ディレクトリに移動。
cd php-5.2.0
configure設定(configure設定は、phpinfo()関数を実行すると、現在の設定を確認できます)。
./configure --with-apxs2=/usr/sbin/apxs \
以下省略。(環境に合わせて)
「Thank you for using PHP.」と表示されたら、makeとmake testとinstall。
make
make test
make install
あとはphp.ini、php.confを編集して、apacheを再起動すればPHPのインストールは終了。
vi /usr/local/php5/php.ini
vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
service httpd restart


eAcceleratorのインストール

続いて、eAcceleratorのインストール。

SourceForge.net: eAcceleratorからファイルをダウンロード。
ダウンロードしたファイルを解凍して、解凍したディレクトリへ移動。

configure設定。
/usr/local/php5/bin/phpize
./configure --enable-eaccelerator=shared --with-php-config=/usr/local/php5/bin/php-config
makeとinstall。
make
make install
install後に表示されるextensionsのパスをメモ。
Installing shared extensions: /usr/local/php5/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20060613/
キャッシュコントロール用のcontrol.phpを公開ディレクトリに移動。
mv control.php /公開ディレクトリ/
ユーザー、パスワード設定(control.phpの$user、$pwを編集)。
vi /公開ディレクトリ/control.php

//以下の部分を編集
$user = "admin";
$pw = "eAccelerator";
キャッシュディレクトリを作成。
mkdir /tmp/eaccelerator
書き込み権限を設定。
chown apache:apache /tmp/eaccelerator/
php.iniを編集。
vi /usr/local/php5/php.ini
Zend Optimizerオプションより前に以下を記述
・eaccelerator.shm_sizeは、稼働後にcontrol.phpを確認しながら最適な値に変更
・zend_extensionは上でメモったextensionsのパスにeaccelerator.soを付けて設定
zend_extension = "/usr/local/php5/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20060613/eaccelerator.so"
eaccelerator.shm_size = "64"
eaccelerator.cache_dir = "/tmp/eaccelerator"
eaccelerator.enable = "1"
eaccelerator.optimizer = "1"
eaccelerator.check_mtime = "1"
eaccelerator.debug = "0"
eaccelerator.filter = ""
eaccelerator.shm_max = "0"
eaccelerator.shm_ttl = "0"
eaccelerator.shm_prune_period = "0"
eaccelerator.shm_only = "0"
eaccelerator.compress = "1"
eaccelerator.compress_level = "9"
eaccelerator.keys = "shm_and_disk"
eaccelerator.sessions = "shm_and_disk"
eaccelerator.content = "shm_and_disk"
eaccelerator.allowed_admin_path = "/公開ディレクトリ/control.php"
apacheを再起動。
service httpd restart

以上でインストールは終了。
control.phpにアクセスすると、eAcceleratorのキャッシュ状況の確認ができます。




早大で講演会をした「2ちゃんねる」管理人のひろゆきさんは、
たかだかphpのインストールに半日かかる。 : ひろゆき@オープンSNS
そうなので、こうやってメモを取っておくことで、次回のインストールの手助けになるようにメモを残しておきました。



追記:
XCacheのインストールとphp用アクセラレータ比較