簡易RSSリーダー

このエントリーをはてなブックマークに追加
2006年06月11日 カテゴリ:プログラミングTIPS
簡易RSSリーダー作りました。

RSSファイルのURLを入力すると、RSSの内容を整形して表示するとてもシンプルなWebアプリです。

簡易RSSリーダー

簡易RSSリーダーの処理について

この簡易RSSリーダーでは、PEARのXML_RSSを使って処理しています。
formからGETされたURLを$urlに格納し、以下のような処理をしています。
require_once("XML/RSS.php");

$rss =& new XML_RSS($url);

$rss->parse();

$ChannelInfo = $rss->getChannelInfo();

echo "<h2>"."<a href=\"".$ChannelInfo['link']."\">".$ChannelInfo['title']."</a></h2>";
echo "<div>".$ChannelInfo['description']."</div>";

foreach ($rss->getItems() as $item) {
echo "<h3><a href=\"".$item['link']."\">".$item['title']."</a></h3>\n";
echo "<div>".$item['description']."</div>";
}
XMLファイルを自分でparseする必要が無いので、とても簡単に処理を記述することができます。


簡易RSSリーダーの使い道について

RSSファイルのURLを指定すれば内容を表示することができますが、これ単体ではほとんど使い道がありません。
複数RSSに対応したり、登録したRSSを表示したり、AJAXに対応させたりしなければ、このままではあまり意味のないアプリです。
このアプリはあくまでも練習用ということで、今後さらに発展させていく予定です。