ZAPAnet総合情報局 > [Z]ZAPAブロ〜グ2.0 > iPhone・iPad・Android > 【PR】え、牛乳瓶!?Kingda JS 10000mAh モバイルバッテリーレビュー

【PR】え、牛乳瓶!?Kingda JS 10000mAh モバイルバッテリーレビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年09月02日 カテゴリ:iPhone・iPad・Android
Kingda JS 10000mAh 牛乳瓶 モバイルバッテリー


Kingdaさんから、面白い形のモバイルバッテリーをいただきました。

オープン!
Kingda JS 10000mAh 牛乳瓶 モバイルバッテリー


え、この形は!?
Kingda JS 10000mAh 牛乳瓶 モバイルバッテリー


牛乳瓶だー!!
Kingda JS 10000mAh 牛乳瓶 モバイルバッテリー


ということで、ピンク色のかわいい牛乳瓶の形をした10000mAhのモバイルバッテリーです。
Kingda JS 10000mAh 牛乳瓶 モバイルバッテリー


白い包み紙とゴムで、牛乳瓶の上部を縛ってあるというおもてなし。小学生時代を思い出しました(中学生時代は、牛乳瓶ではなく三角錐の牛乳パックでした)。本物の牛乳瓶よりも、もっと小型で、持ち運びやすいようになっています。
Kingda JS 10000mAh 牛乳瓶 モバイルバッテリー


外してみました。ピンク色の部分は、ツルツルスベスベしていて、触って気持ちよい感触になっています。
Kingda JS 10000mAh 牛乳瓶 モバイルバッテリー


「牛乳瓶のフタが開かない!」みたいなギミックはありません。1AのUSB充電ポートと2.1AのUSB充電ポート。それから、上にモバイルバッテリー本体充電用のmicroUSBポートの構成になっています。
Kingda JS 10000mAh 牛乳瓶 モバイルバッテリー


説明書は、残念ながら英語と中国語。読まなくても大体わかりますが、どちらのポートが2.1A対応なのかはわかりにくいです。OUT1と書いてあるのが1A出力で、OUT2と書いてあるのが2.1A出力です。
Kingda JS 10000mAh 牛乳瓶 モバイルバッテリー


四角いモバイルバッテリーと比較して気を付けないといけないのは、横にするとコロコロと転がってしまうこと。縦置きにして使うのが正解です。
Kingda JS 10000mAh 牛乳瓶 モバイルバッテリー


瓶、じゃないモバイルバッテリーの裏側はこのようになっています。ボタンは一つもありません。USBポートに差し込むと、自動的に給電が始まるタイプです。始まらないタイプのスマホの場合は、シェイクすると電源が入ります。
Kingda JS 10000mAh 牛乳瓶 モバイルバッテリー


付属の巾着袋に収納することができます。
Kingda JS 10000mAh 牛乳瓶 モバイルバッテリー


袋もかわいく、ここから牛乳瓶型のモバイルバッテリーが出てきて、それでスマホの充電を始めたら、回りのみんながビックリすることでしょう。
Kingda JS 10000mAh 牛乳瓶 モバイルバッテリー


付属のマイクロUSBケーブル。
Kingda JS 10000mAh 牛乳瓶 モバイルバッテリー


モバイルバッテリー本体は、264グラム。大容量10000mAhなので、さすがに重さがあります。
Kingda JS 10000mAh 牛乳瓶 モバイルバッテリー


さて、充電性能チェック。4.92V/1.25Aが流れました。他の機器に、別のマイクロUSBケーブルでつないでみたところ、もっと多く流れました。付属のケーブルよりは、機器に合った高速充電タイプのUSBケーブルを使った方が、より速く充電できると思います。最大で5.1V/2.1Aまで流れるようです。
Kingda JS 10000mAh 牛乳瓶 モバイルバッテリー


モバイルバッテリー本体の充電。最大DC 5V/1.5Aのスピードで充電できます。10000mAhの大容量で1Aしか流れないと、満充電までかなりの時間がかかってしまいます。その1.5倍のスピードで充電できるのでまずまず速いです。
Kingda JS 10000mAh 牛乳瓶 モバイルバッテリー


ということで、大容量10000mAhで最大2.1Aと1Aの2つのUSBポートを持ち、牛乳瓶型のかわいいデザインのモバイルバッテリーでした。バッグから出して、この牛乳瓶型モバイルバッテリーで充電し始めたら、周りにウケること間違いなしです。軽量でも薄型でもありませんが、バッグの空きスペースによっては、逆にこういう形の方が入れやすい場合もあるかもしれません。残量はライトで確認でき、白は100%、白点滅が70-99%、青点滅が30-70%、赤点滅が0-30%です。牛乳瓶を振るとライトが付くので、それで確認できます。