ZAPAnet総合情報局 > [Z]ZAPAブロ〜グ2.0 > iPhone・iPad・Android > 「唯一変わったのは、そのすべて。」

「唯一変わったのは、そのすべて。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年09月11日 カテゴリ:iPhone・iPad・Android
いよいよ発表されたAppleの最新アイフォーン、iPhone6s。長年iPhoneユーザーだった自分も、去年Androidスマホをもらってからは、すっかりAndroidユーザーになってしまいました。

初めてAndroidスマホで迎えた夏は、熱くて熱くて、左手がヤケドしそうです。PC版で有名なCPU-ZというソフトがAndroid版にもあったので、スマホ内部の温度をチェックしてみたら、70度を超えていました。熱いわけです。動作がカクカクになるので、熱くなるとすぐわかります。
スマホの温度


新しいiPhoneが発表されたときに気になるのは、キャッチコピー。iPhoneユーザーでなくなってしまった今でも、Appleのキャッチコピーにはいつも注目しています。「どれだけ薄くなったか」「どれだけ軽くなったか」を過剰なほどにアピールしてくる姿勢が大好きです。

さて、今回のキャッチコピーは…

iPhone6s

唯一変わったのは、そのすべて。


大きく変わったのか、それとも変わっていないのか、なんだかよくわからないキャッチコピーです。

見かけ上は、旧機種iPhone6とよく似ているように見えます。


そこで、旧機種iPhone6と新機種iPhone6sのスペックを比較してみた結果…

あ…!

iPhone6s

129グラムから143グラムへと大幅に重量アップしていました。約10%も重くなっています。

「唯一変わったのは、そのすべて。」

薄く軽くなったときは過剰なほどアピールするのに、重くなったときはこっそりなんだな、さすがApple、と思ったりしました。

重くなった原因は、iPhone6が発売されたときに強度不足が叫ばれたので、それに対応した結果なのではないかと思います(追記:特に重くなったのはディスプレイだそうです)。

なお、今使っている富士通のスマホは、166グラムです。